マクシム・シトニコウ

インタビュアー, 翻訳

Facebookページ

コンテンツ作成に
参加しました。

ロシアはウクライナでどのような法律や戦争慣習に違反しているのか?

戦争

ロシアはウクライナでどのような法律や戦争慣習に違反しているのか?

2014年以来、ウクライナ当局は、ロシアがクリミア、ドネツク、ルハンシク地域における占領地でさまざまな国際協定に違反していると繰り返し述べています。ロシア軍によるウクライナへの全面侵略の後、そのような声明は増加しました。ウクライナの人権団体は、戦争中にロシアの占領者が犯した国際犯罪を監視および文書化しており、ウクライナ政府は、他の多くの国とともに、ロシアとその指導者を国際法廷に訴えています。

どのようにロシアの「ソフトパワー」が殺すのか?

戦争

どのようにロシアの「ソフトパワー」が殺すのか?

ロシアは何年にもわたって「ソフトパワー」の道具を洗練させてきました。ウクライナだけでなく、様々な国で効果的にその道具を使いました。ロシアは、自身のショーヴィニズム的で帝国的なナラティブを推し進めるためにどんな手段でも使う国です。そしてロシアの文化的拡大は、領土、軍隊、テロの拡大の前提条件であったのです。

クリャチキウカのコブザール・フェスティバル

音楽

クリャチキウカのコブザール・フェスティバル

ユルコ・フェディンスキーの構想によれば、本当のフェスティバルは「ビジネス目的ではなく、共に自由に創造し、学ぶことが出来る場所」でなければならないという。何年も前にユルコは楽器の作り方を学ぶためにアメリカを離れ家族のルーツがあるウクライナに戻り、今では家族と一緒にポルタヴァ地方にあるクリャチキウカに暮らしている。ユルコの家の庭では、ウクライナの伝統音楽の研究者と歌手が集い、ウクライナのコブザール文化について理解を深める場として「コブザール家の木」というフェスティバルが開催されており、2020年7月末にはその第6回目が行われた。

カルパチアのトロッコ列車 (山の中のトロッコ列車)

伝統

カルパチアのトロッコ列車 (山の中のトロッコ列車)

カルパチア地方に位置するヴィホダ村では、3,500人が住んでおり、またその村にはとある面白いトロッコ列車が、100年以上に渡って今も保存されている。木材輸送のために作られたそのトロッコ列車は、二度の世界大戦を生き延び、その所有者を変えて伝えられてきた。現在では、工業用だけではなく、観光用にも使われ、路線の周りではインフラ開発が活発的に行われている。

Ukraїnerをフォローする