ユーリー・ステファニャク

フォトグラファー

Facebookページ

コンテンツ作成に
参加しました。

「もう二度と」と「必要とあらば行う」

戦争

「もう二度と」と「必要とあらば行う」

5月8〜9日、西側諸国は第二次世界大戦の残虐行為を振り返ります。5年間の激しい戦闘で、2,000万人以上の兵士と、約3,000万人の民間人が死亡し、そしてさらに多くの人たちが負傷しました。個人的および集団的なトラウマの長期的な克服、ならびにこれらの悲劇的な出来事の記憶は、多くの国々が紛争の解決手段としての戦争を放棄することを促しました。しかし、2022年、ロシアはついに世界的な約束事である「もう二度と」を破り、第二次世界大戦のシナリオを繰り返しています。そして、出来事の展開、目標、および方法における類似性には目を見張るものがあります。

ジャーナリストに対する戦争中におけるロシアの犯罪

戦争

ジャーナリストに対する戦争中におけるロシアの犯罪

2月24日、ロシア連邦はウクライナへ全面侵略を開始しました。侵略の前でさえ、ロシア当局は自国の言論の自由を抑圧していましたが、戦争が始まると状況は悪化しました。外国の情報源は国家レベルでブロックされ、ロシアメディアはプロパガンダに従事しており、一方で独立したジャーナリズムは彼らにとって不都合であり危険なものとされています。情報分野で勝利することの重要性を認識しているロシア人は、真実を隠したり歪めたりすることからジャーナリストを物理的に破壊することまで、最も汚い方法を使って目標を達成することを躊躇いません。

「Come Back Alive」がロシアの崩壊をどのように加速させているか

戦争

「Come Back Alive」がロシアの崩壊をどのように加速させているか

2014年にウクライナに対するロシアの侵略が始まって以来、Come Back Alive基金はウクライナ軍を支援してきました。 2022年2月にロシアがウクライナに全面侵略を開始した最初の日から、Come Back Aliveのチームは軍事装備を購入し、キーウからの民間人の避難を支援し、空中偵察装備で軍隊を支援し、戦争における情報分野を強化してきました。

戦争が始まってから最初の42日間を写真家の日記とともに振り返る

フォトストーリー

戦争が始まってから最初の42日間を写真家の日記とともに振り返る

「その日、私は一つのことに気づきました。空気が変わったこと、そして2022年2月24日午前5時以降のすべての場面が特殊で、他のそれと異なって、違う物語で満たされていったということです」 全面戦争の最初の週の間、ハルキウの写真家ペトロ・チェカリはハルキウで家族と一緒に過ごし、彼の家族の生活と感情的な状態を記録しました。自由広場の砲撃の翌日であった3月初旬、ペトロの家族は街を去り、そして現在はリヴィウにいます。この戦争の出来事に関する彼の記録として、この写真日記を紹介します。

戦争中に医師がどのように命を救っているか

戦争

戦争中に医師がどのように命を救っているか

ロシアのプロパガンダの冷笑的な声明にもかかわらず、ロシア軍は体系的にウクライナの病院を砲撃しています。全面戦争が始まってからの2か月で、300を超える医療施設が被害を受けました。しかし、そのような困難な状況下でも、病院は運営を続けており、医師は文字通り病院に住んでいることがあります。医療従事者はシェルターを設置し、人々の健康をサポートし、オンライン相談を実施しています。そして、彼らはウクライナの勝利後の計画について幼い患者と一緒に夢を見る機会を探しています。

戦争中オデーサの文化を守る

博物館

戦争中オデーサの文化を守る

オデーサの人たちは、ロシアとの全面戦争の最初の日から彼らの街を強化してきました。ロシア軍は何でも行う準備ができていることに気づき、文化遺産を保護し始めた人もいれば、武装した人もいました。そして、美術館が一時的に機能を停止しコレクションを退避させたときには、「オデーサの千の扉(Тисяча дверей Одеси)」などの積極的なプロジェクトがさらに開始されました。

Ukraїnerをフォローする