ユーリー・ステファニャク

フォトグラファー

Facebookページ

コンテンツ作成に
参加しました。

4月13日〜4月18日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.9

フォトダイジェスト

4月13日〜4月18日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.9

ヨーロッパ各国の大統領が次々とキーウを訪問し、ウクライナへの支援を表明しています。タリンでは、黒のビニール袋と赤の塗料を用いて、ウクライナの女性に対する暴力反対のデモが行われました。一方で、ロシアによる占領の被害を受けたウクライナの各地域には、日増しに人道支援物資が届けられています。

4月7日〜4月12日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.8

フォトダイジェスト

4月7日〜4月12日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.8

ロシアは、ドネツィク州とルハンシク州からの避難民にとっての使用な交通ハブであるクラマトルシク駅を攻撃し、戦争犯罪を犯し続け、ウクライナの民間人を殺害し続けています。ロシア軍による戦争犯罪の証拠は、すでに解放されたキーウ州にて引き続き記録されています。同時に、混沌と危険の中、産科病院や全国の病院の地下室では子供たちが生まれています。

EU諸国は武器禁輸措置が課されてから何年もの間ロシアに武器を供給してきた

戦争

EU諸国は武器禁輸措置が課されてから何年もの間ロシアに武器を供給してきた

世界は、全面侵略が始まったときだけ、ロシア・ウクライナ戦争について大きく声をあげました。しかし、この戦争は、ロシアがクリミアを占領し、ウクライナ東部で戦闘行為を開始した2014年に始まっており、8年間続いています。西側の弱い反応と厳しい制裁による先延ばしは、ロシアを野放しにしました。2022年3月17日に公開されたInvestigate Europeの調査によると、EU諸国は2014年の武器禁輸導入後、少なくとも2020年まで武器をロシアに輸出していました。

ウクライナにおける戦争が引き起こしうる世界的食糧危機

戦争

ウクライナにおける戦争が引き起こしうる世界的食糧危機

ウクライナに対するロシアの侵略は、世界的な食糧危機を引き起こす可能性があります。ウクライナの農作物生産用地の多くおよび主要な港湾の多くが、ロシア軍の砲撃を受け続けています。国連事務総長は、ウクライナ産の食糧の不足によって、世界が人道的大災害の危機に瀕する可能性があると述べました。

Ukraїnerをフォローする