ユーリー・ステファニャク

フォトグラファー

Facebookページ

コンテンツ作成に
参加しました。

ロシア人がまだ飛行機で行ける国は?

戦争

ロシア人がまだ飛行機で行ける国は?

2022年2月24日以降、ウクライナの領空は封鎖されていますが、それは多くの場合、ウクライナ人が飛行機でどこかに行こうとする際に自分たちの命を守るためです。ウクライナ人が生か死かの問題に悩まされている一方、侵略国ロシアの住民は、経済的圧力と旅行の不便さに不平を言っています。

4月1日〜4月6日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.7

フォトダイジェスト

4月1日〜4月6日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.7

イルピン、ブチャ、ホストメリとキーウ州全域がロシア軍から解放されました。キーウ州解放の嬉しいニュースとともに、地域住民に対する暴力の規模に関する恐ろしいニュースも飛び込んできました。 敵が残したのは破壊された都市、多くの死者、人道に対する罪の痕跡です。

3月26日〜3月31日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.6

フォトダイジェスト

3月26日〜3月31日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.6

この週末で6発のミサイルがロシア軍によりリヴィウに発射されました。ワルシャワでは数千人もの人々が演劇劇場近くの広場へ横になり、ロシアによるウクライナへの侵攻により亡くなった人たちを追悼しました。子供たちは自分のペットを救い、避難のための電車に一緒に乗っています。ザポリッジャには、戦闘地域から逃げてきた車が来ていますが、それは銃撃により傷だらけとなっています。

ロシア軍は何を爆撃しているのか?

戦争

ロシア軍は何を爆撃しているのか?

ロシアによるウクライナへの全面侵略が始まって以来、侵略国の国防省は民間インフラの破壊を繰り返し否定してきました。ロシアは、ウクライナの軍事目標のみ攻撃し、都市や村に空爆や砲撃を行っていないと述べています。しかし、戦争初日からこれは事実ではないことは明白です。ロシア軍は、住宅街、学校、病院、産科病院、幼稚園、文化施設などを砲撃しています。そして、このような砲撃は単独のケースではなく体系的なものです。

あとどのくらいロシア正教会はウクライナに残ることができるのか?

戦争

あとどのくらいロシア正教会はウクライナに残ることができるのか?

ロシアはプロパガンダの強力なツールとして宗教を使用しています。ロシア正教会は侵略国の完全な保護下にあります。それは愛国心を持った民間人と軍隊の教育のための機関になりました。このように、ロシア連邦は「偉大な国」と「聖なる戦い」の考えをロシア人の心にさらに深く植え付けています。

資金はスクラップに費やされる なぜロシア人は1億6400万人分の年金を捨てたのか

戦争

資金はスクラップに費やされる なぜロシア人は1億6400万人分の年金を捨てたのか

ウクライナ軍参謀本部によると、戦争開始以来、3月30日の時点でロシアは4,417ユニットの様々な兵器と、17,000人以上の兵士を失いました。さらに、2022年3月29日時点のアメリカ国防総省のデータによると、ウクライナでは1,370発以上のミサイルが発射されました。そして、この数は絶えず増加しています。

Ukraїnerをフォローする