カテリーナ・レフカ

校正, 編集

Facebookページ

コンテンツ作成に
参加しました。

過去に既に存在したロシアのくだらないシンボル

戦争

過去に既に存在したロシアのくだらないシンボル

20世紀の2度にわたる戦争の後、世界は「もう二度と」を約束しました。世界各国がこれを支持している一方で、ロシアはそれとは対照的な「必要とあらば行う」というスローガンでそれを打ち消し、ウクライナと全面戦争を開始しました。その「勝利フィーバー」で有名になった侵略国のロシアは、今でも第二次世界大戦のナラティブを利用しています。過去と現在のポスターのアイデアとその形式さえ、ほとんど同じです。

教育における「ロシアの平和 / 世界」 ウクライナの抵抗

戦争

教育における「ロシアの平和 / 世界」 ウクライナの抵抗

教育は常に、ロシアとウクライナとのハイブリッド戦争における重要な足がかりの1つでした。全面侵略のずっと前に、ロシアは教育を通じて、同時にロシア人に帝国主義の感情を植え付け、ウクライナでウクライナのものを追い出すためのあらゆる手段と方法を使用しました。

「もう二度と」と「必要とあらば行う」

戦争

「もう二度と」と「必要とあらば行う」

5月8〜9日、西側諸国は第二次世界大戦の残虐行為を振り返ります。5年間の激しい戦闘で、2,000万人以上の兵士と、約3,000万人の民間人が死亡し、そしてさらに多くの人たちが負傷しました。個人的および集団的なトラウマの長期的な克服、ならびにこれらの悲劇的な出来事の記憶は、多くの国々が紛争の解決手段としての戦争を放棄することを促しました。しかし、2022年、ロシアはついに世界的な約束事である「もう二度と」を破り、第二次世界大戦のシナリオを繰り返しています。そして、出来事の展開、目標、および方法における類似性には目を見張るものがあります。

ジャーナリストに対する戦争中におけるロシアの犯罪

戦争

ジャーナリストに対する戦争中におけるロシアの犯罪

2月24日、ロシア連邦はウクライナへ全面侵略を開始しました。侵略の前でさえ、ロシア当局は自国の言論の自由を抑圧していましたが、戦争が始まると状況は悪化しました。外国の情報源は国家レベルでブロックされ、ロシアメディアはプロパガンダに従事しており、一方で独立したジャーナリズムは彼らにとって不都合であり危険なものとされています。情報分野で勝利することの重要性を認識しているロシア人は、真実を隠したり歪めたりすることからジャーナリストを物理的に破壊することまで、最も汚い方法を使って目標を達成することを躊躇いません。

一時避難民のための建設プロジェクト

戦争

一時避難民のための建設プロジェクト

ウクライナでの全面戦争中に、何千もの家屋が破壊され被害を受けました。ロシアの占領者はすでに多くのウクライナ人の不動産を破壊しています。さらに、何百万人もの人々が最前線から国内のより安全な居住地に避難することを余儀なくされています。これらすべての人々はどこかに住む必要があります。ウクライナ政府はすでにこれらの問題に対処するためのメカニズムを考案しており、ウクライナのさまざまな都市の建築会社は、一時避難民が定住したり、仮設住宅に避難したりするのに役立つソリューションを考案しています。

Ukraїnerをフォローする