ユリアーナ・ロマニウ

翻訳, 翻訳

コンテンツ作成に
参加しました。

6月12日〜6月17日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.19

フォトダイジェスト

6月12日〜6月17日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.19

2014年6月13日に、ウクライナ軍はロシア軍および新ロシア派からマリウポリを開放しました。2014年6月13日、ウクライナ軍はマリウポリをロシアおよび親ロシアの過激派から解放しました。 今年、この記念すべき日は、今や破壊された都市がロシアの支配下にあることを痛烈に想起させています。占領から解放された土地の住民たちは、破壊された家の残骸を整理しています。戦闘地帯からそう遠くないところでは、ウクライナの軍人のカップルの結婚式が行われています。

5月25日〜5月30日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.16

フォトダイジェスト

5月25日〜5月30日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.16

キーウで、イジュム方面の戦いで死亡した第93機械化旅団の偵察隊員のエドゥアード・トレピルチェンコの葬儀が行われました。フィンランド首相のサンナ・マリンは、ウクライナへの訪問中にイルピンとブチャを訪問しました。占領地では地雷除去が続いています。

5月19日〜5月24日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.15

フォトダイジェスト

5月19日〜5月24日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.15

ウクライナ軍は、同国の東部と南部でロシア占領軍と戦い続けています。米国はウクライナ軍に軍事支援を行っています。ハルキウ州の解放された地域では、ウクライナの工兵による地雷除去やウクライナ兵によるパトロールが行われています。前線の病院では、医師や看護師が負傷した市民や軍人の命を絶え間なく救っています。

過去に既に存在したロシアのくだらないシンボル

戦争

過去に既に存在したロシアのくだらないシンボル

20世紀の2度にわたる戦争の後、世界は「もう二度と」を約束しました。世界各国がこれを支持している一方で、ロシアはそれとは対照的な「必要とあらば行う」というスローガンでそれを打ち消し、ウクライナと全面戦争を開始しました。その「勝利フィーバー」で有名になった侵略国のロシアは、今でも第二次世界大戦のナラティブを利用しています。過去と現在のポスターのアイデアとその形式さえ、ほとんど同じです。

2022年ユーロビジョンでのウクライナの勝利が重要である5つの理由

戦争

2022年ユーロビジョンでのウクライナの勝利が重要である5つの理由

5月14日、トリノで開催されたユーロビジョン・ソング・コンテストで、カルシュ・オーケストラ(Kalush Orchestra)は音楽コンテスト史上最多の一般投票数を獲得し、見事優勝を果たしました。戦前のコンテストに選ばれた、バンドメンバーのうちの一人の母親に捧げたフォーク・ラップ「ステファニヤ」は、ロシアの侵略が始まってから、ウクライナ人にとって新たな意味を持つようになりました。多くの人にとって、この歌に登場する母親は、ウクライナ、その女性の強さ、そして故郷に帰りたいという切なる願いを象徴しているのです。この記事では、ウクライナのユーロビジョンでの勝利が、なぜウクライナとヨーロッパ全体にとって大きな出来事だったのかについて説明します。

5月13日〜5月18日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.14

フォトダイジェスト

5月13日〜5月18日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.14

ウクライナ軍はハルキウ地域を解放し、徐々に西側兵器について体得しています。占領中、ウクライナ人はフェンスに「人々はここに住んでいる」と書き、ロシア人は「ロシアに栄光を」と書きました。首都と周辺の町は元の生活に戻りつつありますが、破壊された家や車は戦争を忘れさせません。

Ukraїnerをフォローする