フリスティナ・クラコウシカ

フォトグラファー, ムービーカメラマン

Facebookページ

コンテンツ作成に
参加しました。

4月25日〜4月30日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.11

フォトダイジェスト

4月25日〜4月30日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.11

ロシアによるウクライナ侵略の3ヶ月目が始まりました。ジャーナリストはすでに退避していることから、民間人によって時々撮影された破壊されたマリウポリの写真は真実の情報に関する数少ない情報源の1つです。占領者は、ハルキウの住宅地、特に深刻な被害を受けたサルティウカを砲撃し続けています。キーウでは、人々の友情のアーチの下にあるソヴィエト時代のモニュメントが解体されました。

4月19日〜4月24日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.10

フォトダイジェスト

4月19日〜4月24日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.10

リスボンでは、マリウポリを支援するために約300人が団結して集まりました。ロシア軍は、人々が絶えず亡くなっているハルキウの中心部と住宅地を砲撃し続けています。オーストラリア、米国、ドイツからの国際救助隊がウクライナに到着し、キーウ州の消防隊が瓦礫を解体して遺体を回収するのを支援しています。

4月19日から20日までのウクライナの写真

#SaveMariupol運動

戦争

#SaveMariupol運動

2022年3月22日から世界中の多くの劇場の広場で、ロシア軍が包囲し順々と破壊し続けているウクライナのマリウポリ市に対する「#SaveMariupol」という応援運動が行われています。その運動はプラハで始まりました。参加者はウクライナの国旗とロウソクを持ってきて、チェコ国立劇場の近くで「子供」という単語を表しました。過去1か月間、トビリシ、キシナウ、ウィーン、ブリュッセル、リマソール、ラルナカ、ダニーデン、ブラチスラヴァ、チューリッヒ、コシツェなどの都市で同様の運動が開催されました。

マリウポリの声 キリロ

マリウポリの声

マリウポリの声 キリロ

マリウポリの声とは、包囲されたマリウポリから避難することができた人たちのストーリーを聞くシリーズです。今回は、公共団体 で働き、占領都市でのHIV感染患者に対する抗ウイルス療法の提供を支援した手伝ったキリロの物語です。

4月13日〜4月18日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.9

フォトダイジェスト

4月13日〜4月18日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.9

ヨーロッパ各国の大統領が次々とキーウを訪問し、ウクライナへの支援を表明しています。タリンでは、黒のビニール袋と赤の塗料を用いて、ウクライナの女性に対する暴力反対のデモが行われました。一方で、ロシアによる占領の被害を受けたウクライナの各地域には、日増しに人道支援物資が届けられています。

4月7日〜4月12日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.8

フォトダイジェスト

4月7日〜4月12日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.8

ロシアは、ドネツィク州とルハンシク州からの避難民にとっての使用な交通ハブであるクラマトルシク駅を攻撃し、戦争犯罪を犯し続け、ウクライナの民間人を殺害し続けています。ロシア軍による戦争犯罪の証拠は、すでに解放されたキーウ州にて引き続き記録されています。同時に、混沌と危険の中、産科病院や全国の病院の地下室では子供たちが生まれています。

Ukraїnerをフォローする