アンナ・ヤブルチナ

編集

Facebookページ

コンテンツ作成に
参加しました。

「もう二度と」と「必要とあらば行う」

戦争

「もう二度と」と「必要とあらば行う」

5月8〜9日、西側諸国は第二次世界大戦の残虐行為を振り返ります。5年間の激しい戦闘で、2,000万人以上の兵士と、約3,000万人の民間人が死亡し、そしてさらに多くの人たちが負傷しました。個人的および集団的なトラウマの長期的な克服、ならびにこれらの悲劇的な出来事の記憶は、多くの国々が紛争の解決手段としての戦争を放棄することを促しました。しかし、2022年、ロシアはついに世界的な約束事である「もう二度と」を破り、第二次世界大戦のシナリオを繰り返しています。そして、出来事の展開、目標、および方法における類似性には目を見張るものがあります。

戦争中オデーサの文化を守る

博物館

戦争中オデーサの文化を守る

オデーサの人たちは、ロシアとの全面戦争の最初の日から彼らの街を強化してきました。ロシア軍は何でも行う準備ができていることに気づき、文化遺産を保護し始めた人もいれば、武装した人もいました。そして、美術館が一時的に機能を停止しコレクションを退避させたときには、「オデーサの千の扉(Тисяча дверей Одеси)」などの積極的なプロジェクトがさらに開始されました。

ロシアのプロパガンダがメディアでどう機能しているか

戦争

ロシアのプロパガンダがメディアでどう機能しているか

メディアでのプロパガンダにより、ロシアはすでに世界中で「有名」になっています。メディア労働者の巨大な部隊は、何十年もの間、外国と彼ら自身の「家族」の2つの面において機能してきました。メディアを通じて、ロシアは国内の情報空間を完全に管理するだけでなく、自国の物語を扇動し、事実を操作し、海外の重要な出来事や犯罪から注意をそらそうと努力しています。

どのようにウクライナ語は変化し、そして世界を変化させているのか

戦争

どのようにウクライナ語は変化し、そして世界を変化させているのか

ウクライナ語は武器となり、それにより自国を防衛しており、そして不屈の象徴となりつつあります。ロシアとの全面戦争の間に、私たちの言語は変化し、そして世界を変化させています。今では誰もがウクライナの銃兵隊の歌や「ウクライナに栄光あれ!英雄たちに栄光あれ!」のようなスローガンを耳にしています。ヨーロッパの都市の広場では、人々はウクライナ語で書かれたポスターを持って集会に行き、多くの外国人ボランティアや政治家がウクライナ人を支援するための言葉をウクライナ語で話そうと努めています。

マリア・プリマチェンコの絵画を救う

博物館

マリア・プリマチェンコの絵画を救う

ロシアとの全面戦争の4日目に、ロシアの占領者が世界的に有名な素朴派の芸術家であるマリア・プリマチェンコの絵画が保存されているイヴァンキウの郷土史博物館を破壊した、という悲惨なニュースが報じられました。しかし、突然にもそのストーリーにはうれしい続きがありました。地元の人々は自らの命を危険にさらしながらも、作品の一部を救いました。

化学兵器 ––– 救命の手引き

戦争

化学兵器 ––– 救命の手引き

ロシアは、軍事力によって占領できないウクライナの都市に対する化学兵器の使用について公言しました。このような発生可能なシナリオの前触れは、すでに3月末の時点で起きています。有識者の情報によると、ロシア軍は化学兵器による中毒の解毒剤を入手したのです。化学兵器の使用は戦争犯罪であり、ロシアも署名している化学兵器禁止条約への違反となります。

Ukraїnerをフォローする