クセニア・チクノバ

コンテンツ作成に
参加しました。

「モトヘルプ」がどのように戦時下で活動しているか

戦争

「モトヘルプ」がどのように戦時下で活動しているか

「モトヘルプ(Мотохелп)」は2008年に結成されたキーウのレスキュー隊で、自転車・バイクの事故時の応急処置や法的解決支援を行っています。2014年にロシアとの戦争が始まると軍の支援にも乗り出しました。さらにその後の2022年に大規模な侵略に発展すると、支援業務も拡大しました。軍の支援や輸血用の血液を輸送している様子についてや運営資金の募集に関してはWebサイトをご覧ください。

ウクライナ東部の強い女性たち

戦争

ウクライナ東部の強い女性たち

現在、多くの女性がウクライナを防衛しています。前線を守っている女性もいます。侵略が始まって以来、約6,000人の女性が軍に入り、7 月の時点でその人数は38,000人を超えています。他の女性たちは後方支援を強力なものとし、戦場にいる兵士のサポートを行っています。迷彩ネットを織り、避難民のための避難所を設置したり、温かい昼食を作ったり、支援物資の配達したり、海外から救急車の車両を運んできたり、軍のための資金を集めたり、子供たちの世話をしたりしています。一人一人は敵との戦いに尽力して、自分にできることをしています。

戦争中に障害を持つ人々がどのように支援を受けているか

戦争

戦争中に障害を持つ人々がどのように支援を受けているか

本格的な戦争は、障害を持つ人々にとって日常生活をさらに困難なものとしたため、課題となっています。住居や移動の面で特別な条件が必要なので、避難するのは簡単ではありません。本格的な戦争中はもちろん、障害を持つ人たちにとって包括的ではない空間での快適さを確保するために、彼らは支援を必要としています。ヴァレンティーナ・ドブリディーナは、長年にわたって障害を持つ人々を支援してきた活動家です。20年前、彼女はブコヴィナ地方で障害者のケアをする公的組織を設立しました。

マリウポリの声 マリーヤ

マリウポリの声

マリウポリの声 マリーヤ

マリウポリの声とは、包囲されたマリウポリから避難することができた人たちのストーリーを聞くシリーズです。今回は、3月16日のドラマ劇場の爆撃を目撃したマリーヤのインタビューです。爆撃後、マリーヤは何としてでもマリウポリを脱出し、家族を守ろうと固く決心したのでした。

マリウポリの声 ユーリャ

マリウポリの声

マリウポリの声 ユーリャ

マリウポリの声とは、包囲されたマリウポリから避難することができた人たちのストーリーを聞くシリーズです。今回は、包囲されたマリウポリで戦争日記を書いたウクライナ語話者のユーリャ・コステンコのストーリーをお伝えします。

避難民を牧場で受け入れる

コミュニティ

避難民を牧場で受け入れる

ロシアによる全面侵略が始まった最初の日から、ウクライナ中部と東部の多くの住民は敵の砲撃から逃れるために西部地域へ避難しました。2月24日まで、ハリチナ地方の「スカルボーヴァ・ホラ牧場(Скарбова гора:トレジャーマウンテン牧場)」はグリーンツーリズムの中心地でした。しかし、ロシアの侵略が始まると、この場所は、マリウポリ、オフティルカ、ハルキウ、ブチャ、ボロジャンカなどから家を離れることを余儀なくされた避難民たちの避難所になりました。

Ukraїnerをフォローする