トーニャ・アンドリチューク

企画

Facebookページ

コンテンツ作成に
参加しました。

化学兵器 ––– 救命の手引き

戦争

化学兵器 ––– 救命の手引き

ロシアは、軍事力によって占領できないウクライナの都市に対する化学兵器の使用について公言しました。このような発生可能なシナリオの前触れは、すでに3月末の時点で起きています。有識者の情報によると、ロシア軍は化学兵器による中毒の解毒剤を入手したのです。化学兵器の使用は戦争犯罪であり、ロシアも署名している化学兵器禁止条約への違反となります。

EU諸国は武器禁輸措置が課されてから何年もの間ロシアに武器を供給してきた

戦争

EU諸国は武器禁輸措置が課されてから何年もの間ロシアに武器を供給してきた

世界は、全面侵略が始まったときだけ、ロシア・ウクライナ戦争について大きく声をあげました。しかし、この戦争は、ロシアがクリミアを占領し、ウクライナ東部で戦闘行為を開始した2014年に始まっており、8年間続いています。西側の弱い反応と厳しい制裁による先延ばしは、ロシアを野放しにしました。2022年3月17日に公開されたInvestigate Europeの調査によると、EU諸国は2014年の武器禁輸導入後、少なくとも2020年まで武器をロシアに輸出していました。

ウクライナのデザイナーは勝利に貢献している

戦争

ウクライナのデザイナーは勝利に貢献している

ウクライナのファッションブランドやデザイナーは、勝利をもたらすために貢献しています。彼らは専用のコレクションを作り、その収益を慈善事業に寄付し、軍隊に資金を提供し、有益な情報をサービス利用者と共有しています。彼らの多くは製造工程を調整し、ウクライナ軍のために軍服の縫製、軍用ブーツやプレートキャリアの製造、迷彩ネットの織布を行っています。

世界のファッション業界はどのように戦争に対し反応しているのか

戦争

世界のファッション業界はどのように戦争に対し反応しているのか

今日、ウクライナを支援しないことは流行しなくなってきています。Chanel, Balenciaga, Gucciやその他の世界のファッション界の巨人がウクライナへのサポートを公に表明しています。それらの多くは、ウクライナ人を支援する慈善団体への寄付を行っています。メイ・マスクはウクライナのデザイナーがデザインしたドレスを着用し、ロシアによるウクライナ侵攻に関する最初のコレクションはすでに世界のファッションショーに登場しています。

Ukraїnerをフォローする