アナスタシヤ・フリコ

編集

Facebookページ

コンテンツ作成に
参加しました。

マリウポリの声 ハリーナ

コミュニティ

マリウポリの声 ハリーナ

マリウポリの声とは、包囲されたマリウポリから避難することができた人たちのストーリーを聞くシリーズです。今回は、包囲された都市にいる間、教育ハブ「ハラブダ」から結成された大きなボランティア本部をチームと調整したハリーナの物語です。2016年以来、「ハラブダ」は自由スペースとしても知られており、軍や避難民への支援の中心地としても知られています。戦闘行為の激化とロシア軍による絶え間ない砲撃により、ハラブダの人たち(ハラブディウツィ)は再びボランティアとなりました。3週間足らずで、ハリーナのチームは約25,000人のマリウポリの住民を支援しました。

世界はどのような行動でウクライナを支援しているのか?

戦争

世界はどのような行動でウクライナを支援しているのか?

ウクライナは、全面戦争において、他国の政府や個々の政治家から多大な支援を受けています。この問題における世界の団結は前例のないものです。このような関心は、特にウクライナに注目しているヨーロッパや他の地域の市民の活動によるものです。その結果、これらの国々の指導者たちは、ウクライナに軍事的、財政的、人道的支援を提供し、ロシアへの圧力を強めることによって世論に対応することを余儀なくされています。

どのような行動で世界がロシアの犯罪を非難しているのか

戦争

どのような行動で世界がロシアの犯罪を非難しているのか

全面戦争が始まってから数ヶ月の間に、ロシア軍はウクライナで多くの戦争犯罪を犯しました。侵略者の軍の行動は、それが従来の戦争を行うのではなく、国全体を破壊しようとしていることを示しています。これらの犯罪が公にされて、その犯人は発見され罰せられるために、これらの犯罪について世界中で大声で発信される必要があります。

「Come Back Alive」がロシアの崩壊をどのように加速させているか

戦争

「Come Back Alive」がロシアの崩壊をどのように加速させているか

2014年にウクライナに対するロシアの侵略が始まって以来、Come Back Alive基金はウクライナ軍を支援してきました。 2022年2月にロシアがウクライナに全面侵略を開始した最初の日から、Come Back Aliveのチームは軍事装備を購入し、キーウからの民間人の避難を支援し、空中偵察装備で軍隊を支援し、戦争における情報分野を強化してきました。

戦争が始まってから最初の42日間を写真家の日記とともに振り返る

フォトストーリー

戦争が始まってから最初の42日間を写真家の日記とともに振り返る

「その日、私は一つのことに気づきました。空気が変わったこと、そして2022年2月24日午前5時以降のすべての場面が特殊で、他のそれと異なって、違う物語で満たされていったということです」 全面戦争の最初の週の間、ハルキウの写真家ペトロ・チェカリはハルキウで家族と一緒に過ごし、彼の家族の生活と感情的な状態を記録しました。自由広場の砲撃の翌日であった3月初旬、ペトロの家族は街を去り、そして現在はリヴィウにいます。この戦争の出来事に関する彼の記録として、この写真日記を紹介します。

ロシアのプロパガンダがメディアでどう機能しているか

戦争

ロシアのプロパガンダがメディアでどう機能しているか

メディアでのプロパガンダにより、ロシアはすでに世界中で「有名」になっています。メディア労働者の巨大な部隊は、何十年もの間、外国と彼ら自身の「家族」の2つの面において機能してきました。メディアを通じて、ロシアは国内の情報空間を完全に管理するだけでなく、自国の物語を扇動し、事実を操作し、海外の重要な出来事や犯罪から注意をそらそうと努力しています。

Ukraїnerをフォローする