アナスタシヤ・クリモヴァ

コンテンツ作成に
参加しました。

世界各地におけるウクライナの団結の現象

戦争

世界各地におけるウクライナの団結の現象

ロシアによるウクライナへの全面的な侵略は、ウクライナ国内だけでなく、ポーランド、チェコ共和国やブルガリアからアメリカ、メキシコやベトナムまで、全世界のさまざまな地域でウクライナ人を団結させました。何千人もの人々がウクライナを支援しています。最前線のため車や救急車を購入したり、ウクライナ難民に住む場所を提供したり、ウクライナの人たちを支援するデモなどをしたりしています。今回は、ウクライナを支援するために団結したさまざまな国からのボランティアに関連したイニシアチブの数々を集めてみました。このリストはすべてを網羅しているわけではありませんが、団結したウクライナ人を打ち負かすことはできないことを明確に示しています。

マリウポリの声 カーチャ

マリウポリの声

マリウポリの声 カーチャ

マリウポリの声とは、包囲されたマリウポリから避難することができた人たちのストーリーを聞くシリーズです。今回は、アゾフスタリ製鉄所の地下で2人の息子と数か月過ごしたアゾフ連隊の兵士の妻であるカーチャのストーリーです。

ドニプロ ジャズとウクライナ軍の支援

戦争

ドニプロ ジャズとウクライナ軍の支援

全面的な戦争のため、文化的イニシアチブは、主に軍と民間人を助けるためにその活動を変えました。しかし、もともとの使命は変わらず、創造し続けることです。 このようにアートは、困難な時代に人々の精神を支え、勝利を近づける特別な武器となります。 ドニプロ市にあるアートハウス「モドゥリ」は、アーティストたちが一度に複数の分野で支援を行っている鮮やかな例の1つです。

戦争中に障害を持つ人々がどのように支援を受けているか

戦争

戦争中に障害を持つ人々がどのように支援を受けているか

本格的な戦争は、障害を持つ人々にとって日常生活をさらに困難なものとしたため、課題となっています。住居や移動の面で特別な条件が必要なので、避難するのは簡単ではありません。本格的な戦争中はもちろん、障害を持つ人たちにとって包括的ではない空間での快適さを確保するために、彼らは支援を必要としています。ヴァレンティーナ・ドブリディーナは、長年にわたって障害を持つ人々を支援してきた活動家です。20年前、彼女はブコヴィナ地方で障害者のケアをする公的組織を設立しました。

避難民を牧場で受け入れる

コミュニティ

避難民を牧場で受け入れる

ロシアによる全面侵略が始まった最初の日から、ウクライナ中部と東部の多くの住民は敵の砲撃から逃れるために西部地域へ避難しました。2月24日まで、ハリチナ地方の「スカルボーヴァ・ホラ牧場(Скарбова гора:トレジャーマウンテン牧場)」はグリーンツーリズムの中心地でした。しかし、ロシアの侵略が始まると、この場所は、マリウポリ、オフティルカ、ハルキウ、ブチャ、ボロジャンカなどから家を離れることを余儀なくされた避難民たちの避難所になりました。

「ズフラヤ」がどのように戦争中に機能しているか

戦争

「ズフラヤ」がどのように戦争中に機能しているか

全面戦争の影響を受けた地域は、現在、食糧が不足しており、基本的なサービスもままならない状態です。女性のボランティアたちは、食料、水、薬などの必需品にアクセスできるように、コミュニティへの支援を迅速に組織しました。「ズフラヤ(群れ)」は、エウヘニア・タリノウシカが率いるそのようなボランティア組織の1つです。

Ukraїnerをフォローする