ヴラディスラヴァ・クリチカ

コンテンツ作成に
参加しました。

ジャーナリストに対する戦争中におけるロシアの犯罪

戦争

ジャーナリストに対する戦争中におけるロシアの犯罪

2月24日、ロシア連邦はウクライナへ全面侵略を開始しました。侵略の前でさえ、ロシア当局は自国の言論の自由を抑圧していましたが、戦争が始まると状況は悪化しました。外国の情報源は国家レベルでブロックされ、ロシアメディアはプロパガンダに従事しており、一方で独立したジャーナリズムは彼らにとって不都合であり危険なものとされています。情報分野で勝利することの重要性を認識しているロシア人は、真実を隠したり歪めたりすることからジャーナリストを物理的に破壊することまで、最も汚い方法を使って目標を達成することを躊躇いません。

海外の大学はウクライナの学生を支援している

戦争

海外の大学はウクライナの学生を支援している

ロシアによるウクライナとの全面戦争が始まり、多くのウクライナの学生たちは勉強する機会を失いました。検事総局によると、4月18日現在、1,018の教育機関がロシア軍による爆撃と砲撃により被害を受け、そのうち95が完全に破壊されています。ガジェットの損失、インターネットと電気の欠如、他の都市への避難、絶え間ない砲撃または居住地の一時的な占領など、これらおよび他の理由により、学生たちは勉強を続けることができていません。

Ukraїnerをフォローする