ペトロ・チェカリ

フォトグラファー

コンテンツ作成に
参加しました。

戦争が始まってから最初の42日間を写真家の日記とともに振り返る

フォトストーリー

戦争が始まってから最初の42日間を写真家の日記とともに振り返る

「その日、私は一つのことに気づきました。空気が変わったこと、そして2022年2月24日午前5時以降のすべての場面が特殊で、他のそれと異なって、違う物語で満たされていったということです」 全面戦争の最初の週の間、ハルキウの写真家ペトロ・チェカリはハルキウで家族と一緒に過ごし、彼の家族の生活と感情的な状態を記録しました。自由広場の砲撃の翌日であった3月初旬、ペトロの家族は街を去り、そして現在はリヴィウにいます。この戦争の出来事に関する彼の記録として、この写真日記を紹介します。

Ukraїnerをフォローする