マリーナ・クリニチ

コンテンツ作成に
参加しました。

戦争中に障害を持つ人々がどのように支援を受けているか

戦争

戦争中に障害を持つ人々がどのように支援を受けているか

本格的な戦争は、障害を持つ人々にとって日常生活をさらに困難なものとしたため、課題となっています。住居や移動の面で特別な条件が必要なので、避難するのは簡単ではありません。本格的な戦争中はもちろん、障害を持つ人たちにとって包括的ではない空間での快適さを確保するために、彼らは支援を必要としています。ヴァレンティーナ・ドブリディーナは、長年にわたって障害を持つ人々を支援してきた活動家です。20年前、彼女はブコヴィナ地方で障害者のケアをする公的組織を設立しました。

Ukraїnerをフォローする