ヴィタリー・フニビー

コンテンツ作成に
参加しました。

ロシア文化が拒否されるべき理由

戦争

ロシア文化が拒否されるべき理由

敵の戦車が進入する前に、侵略国は文化を「押し付けて」います。自国の文化を押し付け、この領土で優勢なものを弾圧しようとしています。望ましい物語を文化的な場にくさびで打ち込むことによって、ハイブリッド戦争に有利な条件を作り出しています。これは侵略者が期待していることです。自分たちの文化に忠実であるために、他国の領土で完全に思いのままにできると考えているのです。ロシアは長年このシナリオの下で活動してきました。ウクライナの文化人を追放し、指導者の記念モニュメントを建て、あらゆる方法で低品質のコンテンツを情報空間に押し出しています。このような状況下で「文化は時代遅れだ」「プーシキンと何の関係があるのか」といったフレーズは、ウクライナの国家安全保障を脅かす有害なナラティブとなっています。

Ukraїnerをフォローする