ジアーナ・ホールバニ

トランスクライバー, ムービーカメラマン, 企画, 編集

Facebookページ

コンテンツ作成に
参加しました。

イルピン川がキーウの防衛にどのように役立ったか

戦争

イルピン川がキーウの防衛にどのように役立ったか

武器、軍事装備、弾薬が時間の経過とともに改善されていても、地形の特徴は、数千年前と同じように戦闘において重要な役割を果たしています。河川はまず第一に防御に役立ちます。イルピン川はロシア軍がキーウに近づくのを防ぎ、ドニプロ川はミコライウへの攻撃を阻止し、ロシア軍は東部でドネツ川を支配しようとして大きな損失を被っています。

ウクライナがズミイニー島に戻ることが重要な理由

戦争

ウクライナがズミイニー島に戻ることが重要な理由

黒海のズミイニー島は、ロシアによるウクライナへの本格的な侵略が始まった最初の場所の1つでした。それを防衛した13人のウクライナの国境警備隊のおかげで、島は占領者に対する勇気ある抵抗の歴史に入りました。現在、ロシア軍は軍事基地を配備し、ズミイニー島に地上防空体制を確立しようとしています。このように、彼らは砲撃の脅威をもたらすだけでなく、ウクライナの港を封鎖し海上貿易を凍結しています。

戦争中にハルキウのギムナジウムに住むということ

戦争

戦争中にハルキウのギムナジウムに住むということ

ハルキウは、全面戦争が始まって以来、ロシア軍による砲撃に日々苦しんでいます。避難した人もいますが、それでも街を離れられない人もいます。ロシアの攻撃の影響を最も受けている北東部のサルティウカに住む何人かの住民は、現在、地元のギムナジウムの地下に住んでいます。リヴィウの写真家であるヤーナ・シダッシュは、このような人々の生活がどのように変化したかを捉えました。

6月12日〜6月17日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.19

フォトダイジェスト

6月12日〜6月17日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.19

2014年6月13日に、ウクライナ軍はロシア軍および新ロシア派からマリウポリを開放しました。2014年6月13日、ウクライナ軍はマリウポリをロシアおよび親ロシアの過激派から解放しました。 今年、この記念すべき日は、今や破壊された都市がロシアの支配下にあることを痛烈に想起させています。占領から解放された土地の住民たちは、破壊された家の残骸を整理しています。戦闘地帯からそう遠くないところでは、ウクライナの軍人のカップルの結婚式が行われています。

ウクライナは「ロシアの平和」から復興している

戦争

ウクライナは「ロシアの平和」から復興している

戦争は、触れるもの全てを破壊します。ロシアが始めたウクライナに対する全面戦争から復興するには、長い時間が必要です。一方で、時を待たずして、インフラを整備しながらウクライナはロシアが街や村に残した残骸を撤去し始めています。

Ukraїnerをフォローする