ジアーナ・ホールバニ

トランスクライバー, ムービーカメラマン, 企画, 編集

Facebookページ

コンテンツ作成に
参加しました。

ロシアの帝国病

戦争

ロシアの帝国病

ロシアは300年以上、帝国国家として存在してきました。ピョートル大帝の時代に帝国として形成され、1917年までその状態を維持した後、新帝国であるソヴィエト連邦に再編成されました。1990年代初頭におけるソ連崩壊後、ロシアは自らを再定義し、近代的なヨーロッパ的な連邦となるチャンスを得ましたが、その代わりに強い権威主義的支配と帝国へのノスタルジアという道を選択したのでした。その結果、コーカサス・シリア・ジョージアそして今回のロシアによるウクライナへの戦争と続きました。

占領の手段としての子供たちに対するロシア化

ロシアの犯罪

占領の手段としての子供たちに対するロシア化

子供の誘拐はロシアによる犯罪であり、ウクライナの都市への毎日の砲撃の陰で気づかれないことが多いものです。テロ国家は、どんな手段を使ってでもウクライナ人を国家として破壊することをためらわず、若者たちをその国民になるように調教しています。こうして、ウクライナの子どもたちは帝国の人質となるだけでなく、犠牲者にもなってしまっているのです。ロシア化の方法は多様で、教育・文化・宗教で「再教育」させるものです。

ウクライナ東部の強い女性たち

戦争

ウクライナ東部の強い女性たち

現在、多くの女性がウクライナを防衛しています。前線を守っている女性もいます。侵略が始まって以来、約6,000人の女性が軍に入り、7 月の時点でその人数は38,000人を超えています。他の女性たちは後方支援を強力なものとし、戦場にいる兵士のサポートを行っています。迷彩ネットを織り、避難民のための避難所を設置したり、温かい昼食を作ったり、支援物資の配達したり、海外から救急車の車両を運んできたり、軍のための資金を集めたり、子供たちの世話をしたりしています。一人一人は敵との戦いに尽力して、自分にできることをしています。

ロシアが引き起こした世界の危機

ロシアの犯罪

ロシアが引き起こした世界の危機

第二次世界大戦後最大の欧州危機と国際安全保障体制の揺らぎは、ロシアがウクライナに本格的な侵略をかけた結果です。侵略国のテロ行為は、戦場での民間人の死亡、民間インフラの破壊、人災につながっています。この結果は、ウクライナだけでなく、ウクライナが各々のレベルの関係を築いている他の国も感じています。

バリアフリーの良さ:戦時中に障害を持つ人たちがどのように支援しているか

戦争

バリアフリーの良さ:戦時中に障害を持つ人たちがどのように支援しているか

本格的な戦争の最中でも、障害があるからといってボランティアに参加することは妨げになりません。このことは、非常に困難な状況にもかかわらず、人助けに全力を尽くす私たちのヒーローたちが証明しています。平時には、障害者の権利を擁護し、バリアフリーを求めて積極的に闘っていました。本格的な侵略が始まった頃からすでに、彼らの活動はボランティア運動へと発展していきました。避難や人道支援をする人もいれば、募金をする人もいます。

日常を再認識する:イホール・チェカチコウによる写真プロジェクト

戦争

日常を再認識する:イホール・チェカチコウによる写真プロジェクト

この大きな戦争は、すべてのウクライナ人の生活を変えました。今も爆発の止まない都市や村に住んでいる人もいれば、敵の砲撃で家から逃げ出さざるを得なかった人もいます。帰るべき場所がある人と、残念ながらもう家がない人がいます。しかし、彼らは皆、生活への意欲を失わず、新しい環境に適応するためだけでなく、毎日の中に美しさを見出すためにあらゆる手段を試みているのです。ハルキウの写真家イホール・チェカチコウは、そういった物語を一連の写真にして伝えています。

Ukraїnerをフォローする