イェウヘーニヤ・サポジニコヴァ

編集

Facebookページ

コンテンツ作成に
参加しました。

どのように世界がウクライナを過小評価していたのか

戦争

どのように世界がウクライナを過小評価していたのか

ウクライナの独立後、長い間、ウクライナはロシアの勢力圏の国として国際舞台で定義されていました。国内および国際的なパートナーの両面においてこのステレオタイプを打破するために、ウクライナは2004年と2013-14年の革命を経験し、2014年のクリミアの一時的な併合とドネツク州とルハンシク州の一部の占領から実際に始まったロシアとの戦争を経験しています。

避難民を牧場で受け入れる

コミュニティ

避難民を牧場で受け入れる

ロシアによる全面侵略が始まった最初の日から、ウクライナ中部と東部の多くの住民は敵の砲撃から逃れるために西部地域へ避難しました。2月24日まで、ハリチナ地方の「スカルボーヴァ・ホラ牧場(Скарбова гора:トレジャーマウンテン牧場)」はグリーンツーリズムの中心地でした。しかし、ロシアの侵略が始まると、この場所は、マリウポリ、オフティルカ、ハルキウ、ブチャ、ボロジャンカなどから家を離れることを余儀なくされた避難民たちの避難所になりました。

過去に既に存在したロシアのくだらないシンボル

戦争

過去に既に存在したロシアのくだらないシンボル

20世紀の2度にわたる戦争の後、世界は「もう二度と」を約束しました。世界各国がこれを支持している一方で、ロシアはそれとは対照的な「必要とあらば行う」というスローガンでそれを打ち消し、ウクライナと全面戦争を開始しました。その「勝利フィーバー」で有名になった侵略国のロシアは、今でも第二次世界大戦のナラティブを利用しています。過去と現在のポスターのアイデアとその形式さえ、ほとんど同じです。

人々 子供たち  占領された村の柵に書かれていること

フォトストーリー

人々 子供たち  占領された村の柵に書かれていること

キーウ、チェルニーヒウ、スーミ近くの多くの村や町は、全面侵略が行われた最初の日からロシアの占領下にありました。3月下旬、ウクライナを防衛している人たちがロシアの占領軍を北部地域から追い出しました。ポリッシャ地方、シヴェリヤ地方、北スロビダ地方の解放された地域は、人道援助を受け、徐々に元の生活に戻りつつあります。それらの地域がロシアによる占領をどのように生き延びたのかを記録する独立ジャーナリストやドキュメンタル作家も地域にアクセスできるようになりました。

マリウポリの声 ハリーナ

コミュニティ

マリウポリの声 ハリーナ

マリウポリの声とは、包囲されたマリウポリから避難することができた人たちのストーリーを聞くシリーズです。今回は、包囲された都市にいる間、教育ハブ「ハラブダ」から結成された大きなボランティア本部をチームと調整したハリーナの物語です。2016年以来、「ハラブダ」は自由スペースとしても知られており、軍や避難民への支援の中心地としても知られています。戦闘行為の激化とロシア軍による絶え間ない砲撃により、ハラブダの人たち(ハラブディウツィ)は再びボランティアとなりました。3週間足らずで、ハリーナのチームは約25,000人のマリウポリの住民を支援しました。

「Come Back Alive」がロシアの崩壊をどのように加速させているか

戦争

「Come Back Alive」がロシアの崩壊をどのように加速させているか

2014年にウクライナに対するロシアの侵略が始まって以来、Come Back Alive基金はウクライナ軍を支援してきました。 2022年2月にロシアがウクライナに全面侵略を開始した最初の日から、Come Back Aliveのチームは軍事装備を購入し、キーウからの民間人の避難を支援し、空中偵察装備で軍隊を支援し、戦争における情報分野を強化してきました。

Ukraїnerをフォローする