ナタリヤ・ポネディロク

企画, 編集, 編集

コンテンツ作成に
参加しました。

6月12日〜6月17日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.19

フォトダイジェスト

6月12日〜6月17日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.19

2014年6月13日に、ウクライナ軍はロシア軍および新ロシア派からマリウポリを開放しました。2014年6月13日、ウクライナ軍はマリウポリをロシアおよび親ロシアの過激派から解放しました。 今年、この記念すべき日は、今や破壊された都市がロシアの支配下にあることを痛烈に想起させています。占領から解放された土地の住民たちは、破壊された家の残骸を整理しています。戦闘地帯からそう遠くないところでは、ウクライナの軍人のカップルの結婚式が行われています。

ウクライナは「ロシアの平和」から復興している

戦争

ウクライナは「ロシアの平和」から復興している

戦争は、触れるもの全てを破壊します。ロシアが始めたウクライナに対する全面戦争から復興するには、長い時間が必要です。一方で、時を待たずして、インフラを整備しながらウクライナはロシアが街や村に残した残骸を撤去し始めています。

どのように世界がウクライナを過小評価していたのか

戦争

どのように世界がウクライナを過小評価していたのか

ウクライナの独立後、長い間、ウクライナはロシアの勢力圏の国として国際舞台で定義されていました。国内および国際的なパートナーの両面においてこのステレオタイプを打破するために、ウクライナは2004年と2013-14年の革命を経験し、2014年のクリミアの一時的な併合とドネツク州とルハンシク州の一部の占領から実際に始まったロシアとの戦争を経験しています。

子供たちは慈善プロジェクトを組織して参加している

戦争

子供たちは慈善プロジェクトを組織して参加している

全面戦争の中、ウクライナの子供たちは、一方では特別な関心と支援を必要とし、他方では彼ら自身が慈善活動に参加しています。海外の子供たちやティーンエイジャーたちもウクライナ人に共感し、クリエイティブに資金を調達しているほか、ウクライナの仲間を助けるための他の方法を探しています。

どのように子供たちがウクライナを防衛している人たちのために資金を集めいているか

戦争

どのように子供たちがウクライナを防衛している人たちのために資金を集めいているか

戦争中、子供たちは特に脆弱です。ロシア連邦による全面侵略は、すべてのウクライナの子供たちに影響を及ぼしました。しかし、彼らの多くは勝利を信じるだけでなく、彼らの行動によって勝利へのアプローチに参加しています。子供や10代の若者は、ウクライナでさまざまなものや食べ物を販売し、自分たちの才能を発揮してウクライナを防衛している人たちのニーズに応えるための資金を調達しています。

Ukraїnerをフォローする