アゾフ連隊のメンバーはネオナチではない

Share this...
Facebook
Twitter

プーチンはウクライナ侵略を宣言したとき、「特別軍事作戦」の最終目標の一つとして「デナズ化」を宣言した。世界中の多くの人にとって、これはウクライナの現実とは無縁の、プーチンの病的な想像力のみに基づく主張であり、全くナンセンスに聞こえたことだろう。しかし、ロシアのウクライナ侵略計画が何年も前から準備されていたように、ロシア国民や世界中の人々の目に戦争の正当な根拠を築くための努力も行われていたのである。その努力の大きな部分を占めたのが、ウクライナのネオナチに関する説得力のあるストーリーを作ることだった(極右政党が選挙で3%以下の得票率にとどまり、政治力を持たない国について作り出すのは困難なことである。)

ウクライナにナチスがいるというロシアの話は、ウクライナ国家親衛隊のアゾフ連隊につながる一本の糸で結ばれている。この話は非常に説得力があり、ロシアによるウクライナへの本格的な侵略が始まって100日たっても「アゾフ連隊の隊員は本当にネオナチなのか」という疑問を持つ人がいるほどだ。この疑問に答え、なぜこの軍隊のイメージがいまだにメディアや西側諸国の人々の間で流布しているのかを理解するためには、アゾフ連隊の歴史と、本格的な戦争の前と後のメディアでどのように描かれてきたかを調べてみる必要がある。

アゾフ連隊の歴史

2014年のクリミア不法占拠後、ロシアはドネツクとルハンシクの分離主義者の蜂起を画策し、結果、ウクライナ東部に侵略してきた。親ロシア派のヤヌコヴィッチ大統領(当時)の下で資金不足に陥り、構造的に腐敗していたウクライナ軍は、侵略に適切に対応することができなかった。そこで、ユーロ・マイダン革命で親露派政権に立ち向かった市民有志が動員され、ウクライナの防衛力のギャップを埋めることになった。ロシアの侵略に対抗して、アゾフ連隊(ウクライナ南部のドネツク、ザポリッジャ、ヘルソンの3地方に接するアゾフ海にちなんで名付けられた)をはじめ、多くの義勇軍大隊が創設された。部隊の中心は、ハルキウを拠点とするサッカークラブ「メタリスト」のファン、「オートマイダン」(マイダン革命時の車を使った抗議運動)の活動家、「ウクライナの愛国者」などのハルキウに拠点を置くいくつかの極右グループのメンバー、社会民族会議(SNA)のメンバーで構成されていた。「ウクライナの愛国者」もSNAもアンドリー・ビレツキーが率いていた(彼については後述する。)

2014年5月から6月にかけてマリウポリで分離主義者とロシア軍からの解放に参加した後、アゾフ連隊はウクライナ国民の間で高い評価を確立し、より多くの志願者を集めるようになった。この部隊に関する一般的な神話の1つは、民兵集団(一時的に活動する軍隊で、そのメンバーは常備軍の兵士ではないと定義されている)であるということだ。しかし、これは誤りである。2014年秋、アゾフはウクライナ内務省指揮下の国家親衛隊に統合され、マリウポリに永続的に駐留することになった。

Share this...
Facebook
Twitter
Share this...
Facebook
Twitter

2022年にロシアの本格的な侵略が始まると、アゾフ連隊はウクライナ南部でロシア軍を撃退する大きな役割を果たした。86日間、ミコライウの第36独立海軍歩兵旅団の分隊メンバーとともに、占領軍に抵抗したのだ。先月には、ウクライナの戦闘員がアゾフスタリという巨大な製鉄所の領域内に押し込まれた。絶え間ない砲撃、砲弾、優位な攻撃態勢にもかかわらず、ロシア軍は工場を完全に占拠することができなかった。食料、水、重要な医薬品が不足していたため、アゾフ連隊の兵士と海軍歩兵隊員は5月19日、ウクライナ政府から降伏を命じられた。6月29日、43人のアゾフ隊員が捕虜交換でウクライナに戻ったが、2022年7月現在、マリウポリでは2,500人以上のウクライナの防衛者がロシアに捕虜として拘束されている状態である。

ネオナチの物語の起源

ウクライナでは、2014年のマリウポリ防衛や2022年の本格的な侵略の際に活躍したことが、アゾフ連隊の意義に直結している。特に2022年以前の軍務は別として、アゾフ連隊のメンバーが公の場で語られることはほとんどない。2014年にウクライナで起きた親欧州・民主化運動に不満だったロシアは、ウクライナの正当な政府が「ファシスト」あるいは「ネオナチ軍団」によって転覆されたと主張しはじめた。国際メディアはすぐにこの話を取り上げ、クレムリンにそのような発言の根拠があるかどうかを論じ、それを利用した。極右過激派を研究しているウクライナ自由人権センターの専門家会議メンバーで、少数民族権利監視グループの代表であるヴャチェスラウ・リハチェウは、アゾフ連隊の大規模な報道を悪循環と表現している。『マスコミがアゾフのことを書くのは、マスコミがアゾフのことを書くからで、それは単なる強迫観念であり、対応する価値はない』と、リハチェウはアゾフ連隊に関する論説の中で書いている。しかし、アゾフ連隊のメンバーがネオナチであると非難する根拠はあるのだろうか?

まず、ネオナチズムとは何を意味し、より広範な極右政治運動とどのように異なるのかを定義することが重要である。両者は、保守的な価値観、ある人種・民族の他者に対する優位性、法と秩序など、共通の思想を持つが、ネオナチは、特にヒトラーの人種・社会に関する思想にならって、ナチスの思想を復活させようとする点で異なる。つまり、ネオナチはすべて極右の個人であるが、極右の個人がすべてネオナチというわけではない。しかし、この2つの定義の境界線はメディアによってかなり曖昧にされ、どちらかが便利なナラティブの道具として使われることがある。

秘密のバイオラボや隠された核兵器についての無意味な主張、戦争犯罪の否定を見れば、ロシアのテレビ司会者や政治家、政府高官の言うことは何も真実として受け止められるべきではないことは明らかであろう。アゾフ連隊の場合、ロシアのメディアはアゾフ連隊の創設者の経歴と極右運動への参加に固執し、連隊全体が今日ネオナチで構成されていると主張するストーリーを作り上げたが、これは単なる虚偽である。創設メンバーの一人であるアンドリー・ビレツキーは確かに物議を醸した経歴を持っているが、このことは現在のアゾフ連隊のメンバーや、彼らの政治的見解やイデオロギーを定義するものではない。アゾフ連隊の結成に尽力し、創設者とされる右派政党「国民軍団」議長のアンドリー・ビレツキーは、2014年に数カ月間だけ連隊の指揮を執ったに過ぎない。ビレツキーはその後、政治活動に復帰したが、一部の海外メディアは、「国民軍団」を創設したのはビレツキーではなく、アゾフ連隊であるという誤った情報をいまだに流し続けている。ここで重要なのは、ビレツキーがウクライナ議会の議員だったのは2014年から2019年までで、再び再選されることはなかったということだ。現在、彼の政党は国内では政治的な力を持たない。しばらく前にアゾフ連隊を去ったにもかかわらず、ビレツキーはいまだにアゾフ連隊を「自分の発案」だと考えており、リハチェウによれば、自分の政治的キャリアを進めるためにアゾフ連隊の「商標」を積極的に利用しているという。ビレツキーは国会議員時代に「アゾフ市民運動」を創設したが、ビレツキーとその支持者が創設したこれらの政党や運動は、ウクライナ国家親衛隊の一部門であるアゾフとは全く別のものであることに留意することが重要である。また、ウクライナでは軍人と法執行官が政党を設立したり、そのメンバーになったりすることは禁じられていることも忘れてはならない。

アゾフのメンバーはネオナチなのだろうか?

間違いなく違う。初期の極右創設者たちは2014年末までに連隊を去ったが、ロシアのプロパガンダマシンと一部の西側メディアは、いまだに彼らを使ってアゾフの評判を落としているのである。長年にわたって進化し、変化してきた部隊全体について、創設者のプロフィールだけに基づいてそのような一般化した主張をすることは、間違っているだけでなく、ウクライナにとっても有害である。国際舞台でウクライナの信用を落とすことこそ、ロシアのメディアの目標なのだ。

しかも、ウクライナ軍は、特定のイデオロギーを理由に編成することはできない。国家親衛隊のイデオロギーとして考えられるのは、懲戒規程(ちなみにこの規程には、「人権、名誉、尊厳を尊重する」「人権を侵害したり、人間の名誉や尊厳を傷つけるような発言や行動を慎む」義務が明記されている)だけである。よく「白人至上主義者ばかり」と言われる連隊は、実は多くの人が思っている以上に多様性に富んでいる。本格的な戦争の前も今も、ユダヤ人、クリミア・タタール人、モルドヴァ人、ジョージア人など、多くの少数民族や国家の代表がアゾフ連隊に所属している。リハチェウによると、公然と過激な意見を述べる者は全員、2017年にアゾフ連隊の新司令部によって排除されたという。さらに、アゾフ連隊は最近の声明で「ナチズムとスターリン主義を軽蔑する」ことを強調した。

リハチェウは次のように説明している:

「ロシアのプロパガンダは、ウクライナに存在するとされる犯罪的なネオナチ『民族主義大隊』の印象を育んできた。プロパガンダ担当者は客観的な事実(大隊創設者の政治的過去など)を使って、印象的なイメージを作り上げている。このイメージは偽物だが、ロシアのプロパガンダは過小評価されるべきではない。

それは体系的で、専門的で、説得力のあるナラティブである。特に、このようなあからさまな嘘に慣れていない西側社会では、そうである。西側社会は通常、世界について白黒のビジョンを拒否し、より複雑なモデルを検討する。典型的な例では、両極端の間にある中間のどこかに真実を見出そうとする。しかし、ポーランドの歴史家アダム・ミチニクが言ったように『真実は真ん中にあるのではなく、どこにでもある』のだ。

プロパガンダは、それを信じようとするときにのみ機能する。もし内面的にプロパガンダに同意していれば、説得するのは簡単だ。西側諸国は、すべてが複雑で曖昧であるという作り話で自分たちを騙すのに都合がいいのだ。この場合、介入する必要も罪悪感を抱く必要もなく、良心は澄み切っている。

ウクライナのナチズムに関する神話がまだ存続している理由の一つは、それがロシアだけでなく利益をもたらすからである。これは、何もせず、ウクライナが敵と孤独に戦うのを見守り、不平等な戦いでマリウポルを全力で守り、その多くが殺され、ロシアの捕虜になった人たちもいるアゾフの戦士たちにあまり同情を覚えないための大義名分である。」

コンテンツ作成スタッフ

プロジェクト企画:

ボフダン・ロフヴィネンコ

企画:

ユリヤ・ティモシェンコ

編集:

Claire Little

写真編集:

ユーリー・ステファニャク

コンテンツマネージャー:

カテリーナ・ユゼフィク

翻訳:

藤田 勝利