全ての地域

戦争中にハルキウのギムナジウムに住むということ

ハルキウは、全面戦争が始まって以来、ロシア軍による砲撃に日々苦しんでいます。避難した人もいますが、それでも街を離れられない人もいます。ロシアの攻撃の影響を最も受けている北東部のサルティウカに住む何人かの住民は、現在、地元のギムナジウムの地下に住んでいます。リヴィウの写真家であるヤーナ・シダッシュは、このような人々の生活がどのように変化したかを捉えました。

ウクライナは「ロシアの平和」から復興している

戦争は、触れるもの全てを破壊します。ロシアが始めたウクライナに対する全面戦争から復興するには、長い時間が必要です。一方で、時を待たずして、インフラを整備しながらウクライナはロシアが街や村に残した残骸を撤去し始めています。

どのように世界がウクライナを過小評価していたのか

ウクライナの独立後、長い間、ウクライナはロシアの勢力圏の国として国際舞台で定義されていました。国内および国際的なパートナーの両面においてこのステレオタイプを打破するために、ウクライナは2004年と2013-14年の革命を経験し、2014年のクリミアの一時的な併合とドネツク州とルハンシク州の一部の占領から実際に始まったロシアとの戦争を経験しています。

子供たちは慈善プロジェクトを組織して参加している

全面戦争の中、ウクライナの子供たちは、一方では特別な関心と支援を必要とし、他方では彼ら自身が慈善活動に参加しています。海外の子供たちやティーンエイジャーたちもウクライナ人に共感し、クリエイティブに資金を調達しているほか、ウクライナの仲間を助けるための他の方法を探しています。

どのように子供たちがウクライナを防衛している人たちのために資金を集めいているか

戦争中、子供たちは特に脆弱です。ロシア連邦による全面侵略は、すべてのウクライナの子供たちに影響を及ぼしました。しかし、彼らの多くは勝利を信じるだけでなく、彼らの行動によって勝利へのアプローチに参加しています。子供や10代の若者は、ウクライナでさまざまなものや食べ物を販売し、自分たちの才能を発揮してウクライナを防衛している人たちのニーズに応えるための資金を調達しています。

5月19日〜5月24日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.15

ウクライナ軍は、同国の東部と南部でロシア占領軍と戦い続けています。米国はウクライナ軍に軍事支援を行っています。ハルキウ州の解放された地域では、ウクライナの工兵による地雷除去やウクライナ兵によるパトロールが行われています。前線の病院では、医師や看護師が負傷した市民や軍人の命を絶え間なく救っています。

避難民を牧場で受け入れる

ロシアによる全面侵略が始まった最初の日から、ウクライナ中部と東部の多くの住民は敵の砲撃から逃れるために西部地域へ避難しました。2月24日まで、ハリチナ地方の「スカルボーヴァ・ホラ牧場(Скарбова гора:トレジャーマウンテン牧場)」はグリーンツーリズムの中心地でした。しかし、ロシアの侵略が始まると、この場所は、マリウポリ、オフティルカ、ハルキウ、ブチャ、ボロジャンカなどから家を離れることを余儀なくされた避難民たちの避難所になりました。

過去に既に存在したロシアのくだらないシンボル

20世紀の2度にわたる戦争の後、世界は「もう二度と」を約束しました。世界各国がこれを支持している一方で、ロシアはそれとは対照的な「必要とあらば行う」というスローガンでそれを打ち消し、ウクライナと全面戦争を開始しました。その「勝利フィーバー」で有名になった侵略国のロシアは、今でも第二次世界大戦のナラティブを利用しています。過去と現在のポスターのアイデアとその形式さえ、ほとんど同じです。

次の投稿を表示する

Ukraїnerをフォローする