4月19日〜4月24日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.10

Share this...
Facebook
Twitter

リスボンでは、マリウポリを支援するために約300人が団結して集まりました。ロシア軍は、人々が絶えず亡くなっているハルキウの中心部と住宅地を砲撃し続けています。オーストラリア、米国、ドイツからの国際救助隊がウクライナに到着し、キーウ州の消防隊が瓦礫を解体して遺体を回収するのを支援しています。

4月19日から20日までのウクライナの写真

4月20日
ポルトガル リスボン

写真:Ksenia Zaiets

4月19日
シヴェリヤ地方 チェルニーヒウ
兵士たちはチェルニーヒウの平和通りを歩き、軍歌を歌っています。

写真:Oleksandr Khomenko

4月19日
ポリッシャ地方 ホストメル
アメリカ人、ドイツ人、オーストラリア人を含む国際救助隊の特別部隊は、ウクライナの消防隊が破壊された家の瓦礫から遺体を回収するのを支援しています。

写真:Lynsey Addario、NY Times

4月20日 
スロビダ地方 ハルキウ
サルティウカ住宅街へのロシア軍による砲撃により破壊された家を背にしている女性

写真:Felipe Dana

4月20日
スロビダ地方 クラマトルシク
医療チームがウクライナの兵士の命を救っている間、犬は病院の手術室の前で待っています。

写真:Marko Djurica

スロビダ地方 ハルキウ
ロシアの占領者によって絶えず砲撃されているハルキウの中心部にある損傷した建物を背にしているウクライナ軍

写真:Chris McGrath

4月20日
オランダ ハーグ
ロシア・ウクライナ戦争での退役軍人であるイーホル・ハルシュカは、「インヴィクタス・ゲーム」においてシミュレーターボート部門で勝利しました。

写真:リヴィウ地方行政管理局トップのTelegramチャンネル

4月20日 
ポリッシャ地方 ボロジャンカ
欧州理事会のシャルル・ミシェル議長は、4月初旬にロシアの占領から解放されたボロジャンカの住人を抱擁しています。

写真:twitter @CharlesMichel

4月19日 
スロビダ地方 ハルキウ
ハルキウ地下鉄は、都市から避難しなかった多くの住民にとっての避難所とシェルターになりました。

写真:Philippe de Poulpiquet

4月20日 
ポリッシャ地方 ブチャ
遺体安置所の隣にある袋に包まれた遺体

写真:Alexey Furman

4月21日から22日までのウクライナの写真

キーウの住民は徐々に生活を取り戻しており、通りは清掃され、消防士は損傷した家屋を整理し、地雷工兵は地雷と爆弾を片付けています。ハルキウは毎日ロシアの占領者の標的にされています。そして、水が供給されないままであったミコライウでは、人々はボトルに水を集めています。

4月21日
スロビダ地方 ハルキウ

写真:Mstyslav Chernov

4月21日
ポリッシャ地方 ホレンカ
地元住民であるマリアは、ロシアの占領者による砲撃の音に怯えてないように犬を抱きしめた方法を見せてくれています。

写真:Oleg Pereverzev

4月21日
ハリチナ地方 リヴィウ
リヴィウ国立オペラでは、死亡した英雄とロシアによる全面侵略の犠牲となった人々を追悼しています。

写真:Yurii Stefanyak

4月20日
黒海沿岸地方 ミコライウ
4月12日、ロシアの占領軍はミサイル攻撃によりミコライウの給水システムを停止させました。現在、市民はボトルに水を集めることを余儀なくされています。

写真:Kostya Liberov

4月21日 
スロビダ地方 トゥロスチャネーツィ
男性は、ロシア軍兵器の車列の残骸を見せています。

写真:Kostiantyn Guzenko

4月20日
ポリッシャ地方 イルピン
ロシア軍による砲撃の結果、高層ビルが破壊され、全焼しました。

写真:Julia Kochetova

4月20日
ポリッシャ地方 イルピン
ロシア軍によって燃やされ砲撃された車両の鉄くずの山

写真:Slava Ratynski

4月21日
ポリッシャ地方 マカーリウ
ロケット攻撃の後でこの女性に残った唯一のものは、牛のいる納屋でした。今、彼女の牛は、彼女が生計を立てるのを助けています。

写真:Artem Galkin

4月20日
ポリッシャ地方 ホストメリ
キーウ州におけるロシア軍による占領の痕跡は、民家の砲撃と被害を受けたモニュメントです。

写真:Serhii Korovainyi

4月21日
ポリッシャ地方 ヴィーシェフラド
地雷工兵は、ロシアのSu-25の墜落現場で見つかった2つの250kgの爆弾を爆発させる準備をしています。

写真:Nick Tymchenko

4月23日から24日までのウクライナの写真

ウクライナ人は全面戦争でイースターを祝いました。大人数の集会を避けるために、人々は祝日の前日にイースターバスケットを奉献しました。司祭たちは、教会、最前線、そしてロシアの占領によって被害を受けた教会の近くで礼拝を行いました。

4月24日 キーウ

写真:Serhii Korovainyi、The Wall Street Journal

4月24日
ポリッシャ地方 ホレンカ
イースターの礼拝中に、女性は教会の壊れた窓の外を見ています。

写真:Mikhail Palinchak

4月24日
上ドニプロ地方 ペレモーハ
司祭は、ロシアの砲撃によって被害を受けた教会の近くでイースターの礼拝を行っています。

写真:Vladyslav Musiienko、Reuters

4月23日
黒海沿岸地方 オデーサ
オデッサの住宅がロシアのミサイル攻撃に遭いました。生後3ヶ月の赤ちゃんを含む8人が死亡しています。

写真:Kostya Libkos

4月23日
キーウ
キーウメトロは「独立広場(マイダン・ネザレージュノスチ)」駅にて記者会見中のゼレンシキー大統領

写真:David Guttenfelder

4月24日
ハリチナ地方 リヴィウ
戦争中にもかかわらず、何百人もの人々がイースターの礼拝を欠かさず行いました。

写真:Finbarr O'Reilly

4月24日
キーウ
聖ミハイロ大聖堂では、イースターに通りで司祭が聖水を人々に撒いています。

写真:Alexey Furman

4月23日
ポリッシャ地方 ジトーミル
ジトーミルの住民は、イースターバスケットの奉献から戻ってきています。

写真:Slava Ratynski

4月24日
ポリッシャ地方 ブチャ
ロシアの占領中に殺された人々のためのイースターのお祈り中に泣いている女性

写真:Alex Lourie

4月24日
ザポリッジャ地方および下ドニプロ地方
最前線に沿った基地で、アンドリー神父は軍のためにイースターの礼拝を行っています。

写真:Lynsey Addario

コンテンツ作成スタッフ

プロジェクト企画:

ボフダン・ロフヴィネンコ

企画,

写真編集:

フリスティナ・クラコウシカ

編集:

ナタリヤ・ポネディロク

写真編集:

ユーリー・ステファニャク

コンテンツマネージャー:

カテリーナ・ユゼフィク

翻訳:

藤田 勝利