5月19日〜5月24日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.15

Share this...
Facebook
Twitter

ウクライナ軍は、同国の東部と南部でロシア占領軍と戦い続けています。米国はウクライナ軍に軍事支援を行っています。ハルキウ州の解放された地域では、ウクライナの工兵による地雷除去やウクライナ兵によるパトロールが行われています。前線の病院では、医師や看護師が負傷した市民や軍人の命を絶え間なく救っています。

5月19日から20日までのウクライナの写真

20.05

写真:Stas Yurchenko

5月20日 
アゾフ海沿岸地方 マリウポリ
アゾフ連隊の戦闘員であるドミトロ・コザツキーは、次のようなキャプションを付けて、彼の写真のアルバムを投稿しました。”さて、これでおしまい。守ってくれてありがとう。アゾフスタリは私の死と生の場所だ。”

写真:Dmytro 'Orest' Kozatskyi

5月19日 
スロビダ地方 マラ・ロハニ
破壊されたロシア軍兵器の残骸を確認している2人の男性

写真:Bernat Armangue

5月20日 
スロビダ地方 クトゥジウカ
クトゥジウカ付近の陣地を警備するウクライナ兵のジェーニャ

写真:Bernat Armangue

5月20日 
ポリッシャ地方 ボロジャンカ
ミサイル攻撃後のボロジャンカの家屋。
バルコニーには”プーチンはクソだ”と書かれています。

写真:Katya Moskalyuk

5月20日 
ザポリッジャ地方および下ドニプロ地方 ドニプロ
戦闘地域に送る前に、軍のために車両を修理する整備士

写真:Yurii Stefanyak

5月20日 
キーウ
ウクライナの軍人であり、市民活動家であるマリヤ・ベルリンシカ

写真:Kostiantyn Huzenko

5月20日
スロビダ地方
ウクライナ東部の最前線の病院で、負傷者の命を救おうとしている医師と看護師たち

写真:Lynsey Addario

5月20日 
スロビダ地方 ルハンスク近郊
ルハンスク郊外の戦車

写真:Aris Messinis

5月20日 
アメリカ合衆国 ジョージア州
ウクライナへの軍事支援のため、M113装甲兵員輸送車をヨーロッパ行きの輸送機に積み込む米軍関係者

写真:ウクライナ軍参謀本部

5月21日から22日までのウクライナの写真

ポーランドのアンジェイ・ドゥダ大統領が、キーウに予告なく訪問しました。フォトジャーナリストのムスティスラウ・チェルノウとエウヘン・マロリェトカがGeorgy Gongadze Prizeを受賞しました。ウクライナ軍の兵士は、東と南方面で国を守り続けています。戦争の被害を受けたウクライナ人は、負傷後にリハビリを行っています。

5月21日

写真:Oleksandr Kulykov

5月22日 
キーウ
ポーランドのアンジェイ・ドゥダ大統領は、ヴェルホーヴナ・ラーダ(ウクライナ最高議会)でスピーチを行いました。

写真:Jakub Szymczuk

5月22日 
スロビダ地方 マリインカ
スナイパーユニットの義勇兵、オクサナ

写真:Wojciech Grzedzinski

5月22日 
スロビダ地方
ウクライナ軍の兵士は戦闘が激しいゾーンの道を進んでいます。

写真:Aris Messinis

5月22日 
スロビダ地方 ハルキウ
ヴァレリーは、砲撃から身を隠してハルキウの地下鉄駅に約3か月間住んでいました。

写真:Yana Sidásh

5月22日 スロビダ地方
敵の砲撃によって破壊された建物

写真:Carlos Barria

5月21日 キーウ
ロズヴァジウ村の砲撃中に負傷したオレナは、病棟で絵を描いています。

写真:Emilio Morenatti

5月21日 
下ドニプロ地方とザポリッジャ地方 ドニプロ
包囲されたマリウポリのアゾフスタリ製鉄所に2か月間住んでいた子供たちは、一時的に避難したドニプロの公園で遊んでいます。

写真:Yurii Stefanyak

5月22日
医療ボランティア隊「ホスピタリエリ」のボランティア、イリーナ(コールサインは「チェカ」)

写真:Julia Kochetova

5月22日  
ギリシャ アテネ
ギリシャに住んでいるウクライナの女性は、ヴィシヴァンカの日におけるお祝いの際に、刺繍された服を着てウクライナの国歌を歌っています。

写真:Alkis Konstantinidis

5月23日から24日までのウクライナの写真

キーウのソロミャンシク地方裁判所では、ロシアの兵士ヴァディム・シシマリンがウクライナの民間人を殺害した罪で有罪となり、終身刑が宣告されました。戦いは東部方面で続いています。ウクライナ軍は、ウクライナとベラルーシの国境における防衛を強化しています。占領されていない都市は徐々に元の生活に戻りつつあります。

5月24日

写真:Serhii Korovainyi

5月23日
ザポリッジャ地方および下ドニプロ地方 ドニプロ
ポパスナからの避難民であるオレフは、難民支援本部のボランティアです。

写真:Yurii Stefanyak

5月23日
ザポリッジャ地方および下ドニプロ地方 ドニプロ
ドニプロの中心にある公園で、少女はおもちゃのタンクに乗っています。

写真:Yurii Stefanyak

5月24日 
キーウ
キーウの老夫婦。
後ろには爆風や破片から身を守るために土嚢で補強されたモニュメントがあります。

写真:Sergiy Illyashenko

5月24日
ロシア軍によるウクライナの都市の住宅地への砲撃の結果。

写真:Alina Smutko

5月24日 
ポリッシャ地方 ブチャ
ブチャにある民間施設の柵は敵の砲撃中に被害を受けました。

写真:Katya Moskalyuk

5月24日
ポリッシャ地方 ボロジャンカ
占領から解放されたボロジャンカの広場で、女性が温かい昼食をとるために並んでいます。

写真:Katya Moskalyuk

5月24日
スロビダ地方
廃墟となったスーパーの前の爆発跡

写真:Aris Messinis

5月24日
シヴェリヤ地方
ウクライナ軍はベラルーシとの北の国境に沿って防衛線に向かっています。

写真:Slava Ratynski

5月24日
シヴェリヤ地方
ベラルーシとの国境にある検問所の近くで、ウクライナ兵たちが休んでいます。

写真:Slava Ratynski

コンテンツ作成スタッフ

プロジェクト企画:

ボフダン・ロフヴィネンコ

企画,

写真編集:

フリスティナ・クラコウシカ

編集:

ナタリヤ・ポネディロク

写真編集:

ユーリー・ステファニャク

コンテンツマネージャー:

カテリーナ・ユゼフィク

翻訳:

藤田 勝利

ユリアーナ・ロマニウ