7月24日〜7月29日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.26

Share this...
Facebook
Twitter

ロシアはウクライナ南部で、特にミコライウとオデーサを広く砲撃しています。最前線から近くに位置しているウクライナの都市では、辛うじて生き延びている状況が続いています。キーウの読書会による地下鉄で本を読むというフラッシュモブは空襲警報に関わらず行われました。

7月24日から25日までのウクライナの写真

7月24日

写真:Pavlo Pashko

7月25日 
スロビダ地方
子どもたちは、最前線からそう遠くない町で祖母の近くで遊んでいます。

写真:George Ivanchenko

7月25日 
アゾフ海沿岸地方 マリウポリ
マリウポリの住宅の窓からの光。
ロシアの砲撃により破壊された建物が前に位置しています。

写真:Street Photography KowaldのInstagramページ

7月25日 
スロビダ地方 シヴェルシク
最前線近くの町で女性がアプリコットとミルクを売っています。

写真:「ウクラインシカ・プラウダ ストリチュカ」のTelegramチャンネル

7月25日 
スロビダ地方 スロヴャンシク
砲撃された住宅のガラスのない窓の後ろに立っている女性

写真:Kostiantyn Andriiuk

7月25日 
黒海沿岸地方 ミコライウ
ミコライウでの敵の爆撃によって燃えた車

写真:Serhii Korovainyi

7月24日 
スロビダ地方
最前線にいるウクライナ軍の戦士

写真:第93機械化旅団ホロードニー・ヤールのFacebookページ

7月24日 
キーウ
キーウの読書会による地下鉄で本を読むというフラッシュモブ

写真:Nick Tymchenko

7月25日 
キーウ
ウクライナ国立歌劇場の舞台裏にいるバレリーナ

写真:Alexey Furman

7月24日 
シヴェリヤ地方 ヤーヒドネ
ヤーヒドネ村の文化の家にいるRepair Togetherというボランティア活動の共同創設者

写真:Khrystyna Kulakovska

7月26日から27日までのウクライナの写真

ロシアの占領者との戦いは、ウクライナの東部と南部で続いています。「Come Back Alive」財団は、バイラクタルTB2無人航空複合機を購入したウクライナで最初の慈善団体です。ウクライナのゼレンシキー大統領は、ウィンストン・チャーチル国際協会のリーダーシップ賞を受賞しました。

7月27日

写真:「イェードニスチ」のTelegramチャンネル

7月27日
スロビダ地方
第93機械化旅団ホロードニー・ヤールの砲手たち

写真:第93機械化旅団ホロードニー・ヤールのInstagramページ

7月26日
スロビダ地方
ウクライナ軍の兵士たちは「アゾフの男性たちのため」と書かれてある砲弾を手に持っています。

写真:Marko Djurica

7月26日
購入されたBayraktar TB2無人航空機の隣にいる「Come Back Alive」リーダーであるタラス・チムート

写真:「Come Back Alive」のFacebookページ

7月27日
ポルタヴァ地方 ポルタヴァ
本格的な侵略が始まって以来軍服が製作されているアトリエにいる女性

写真:Alina Smutko

7月26日
黒海沿岸地方 ミコライウ
ミコライウにある南ブーフ川の漁師。
地平線上にはロシアの砲撃による煙が見えています。

写真:Serhii Korovainyi

7月27日
修道司祭であるイオウ(オルシャンスキ)は、避難民が住んでいる修道院の部屋を見せています。

写真:Pietro Chekal

7月27日
キーウ
地下道にいる人々。
壁の下には、砲撃による破片から保護するための土嚢があります。

写真:Laura Boushnak

7月27日
キーウ
ヴォーグ誌の​​写真撮影であるウクライナのファーストレディ、オレーナ・ゼレンシカ。

写真:Annie Leibovitz

7月27日
キーウ
ウィンストン・チャーチル賞を受賞したビデオ会議中のゼレンシキー大統領

写真:ゼレンシキー大統領のInstagramページ

7月28日から29日までのウクライナの写真

7月29日の朝、ロシア軍はミコライウをクラスター砲弾で砲撃し、その結果死傷者および負傷者が出ています。G7 諸国の大使がオデッサに到着し、ウクライナからの食料の輸出を可能にする国連仲介協定の重要性を強調しました。過去 2 週間で、ウクライナ軍の兵士たちは南部にある 3 つの占領地を解放しました。

7月29日

写真: MilitaryAviation.in.UAのInstagramページ

7月29日 スロビダ地方
フォトジャーナリストのエウヘン・マロリェトカは、ロシア軍の砲撃後に火の手が上がった小麦畑を駆け抜けています。

写真:Mstyslav Chernov、AP Photo

7月29日
黒海沿岸地方 ミコライウ
ミコライウでロシア軍により砲撃されたバス停近くにいる人々

写真:Kostiantyn & Vlada Liberovy

7月28日
下ドニプロ地方およびザポリッジャ地方 ザポリッジャ地方
ザポリッジャで一時的に避難している人たちのためのセンター

写真:Serhii Korovainyi、The Wall Street Journal

7月29日
ベッサラビア地方 イズマイール
ルーマニア国境近く、ドナウ川の川岸にいる漁師と3人の男性

写真:Johanna-Maria Fritz、Der Spiegel

7月29日
キーウ
前線から一日戻ってきたオレクサンドル・ポロジンシキーは、ミュージシャンの友人と一緒に歌っています。

写真:Oleksandr Khomenko

7月29日
ポリッシャ地方 ストヤンカ
「戦争ごっこ」をして遊ぶ子供たち。
コンクリートには「ウクライナに栄光あれ!英雄たちに栄光あれ!」と書かれています。

写真:Slava Ratynski

7月29日
黒海沿岸地方
ゼレンシキー大統領とG7諸国の大使は、穀物輸出が再開される予定である港に到着しました。

写真:「Zelenskiy / Official」Telegramチャンネル

7月29日
タウリヤ地方
ウクライナ南部で占領から解放された村の住人が、ウクライナ兵を歓迎しています。

写真:Ivan Chernichkin、Getty Images

7月29日
下ドニプロ地方およびザポリッジャ地方
農家は穀物を収穫しています。

写真:Julia Kochetova

コンテンツ作成スタッフ

プロジェクト企画:

ボフダン・ロフヴィネンコ

企画,

写真編集:

フリスティナ・クラコウシカ

編集:

ナタリヤ・ポネディロク

写真編集:

ユーリー・ステファニャク

コンテンツマネージャー:

カテリーナ・ユゼフィク

翻訳:

ユリアーナ・ロマニウ

藤田 勝利