4月7日〜4月12日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.8

Share this...
Facebook
Twitter

ロシアは、ドネツィク州とルハンシク州からの避難民にとっての使用な交通ハブであるクラマトルシク駅を攻撃し、戦争犯罪を犯し続け、ウクライナの民間人を殺害し続けています。ロシア軍による戦争犯罪の証拠は、すでに解放されたキーウ州にて引き続き記録されています。同時に、混沌と危険の中、産科病院や全国の病院の地下室では子供たちが生まれています。

4月7日から8日までのウクライナの写真

4月8日 ポリッシャ地方 ボロジャンカ
ウクライナの詩人タラス・シェフチェンコのモニュメントは、キーウ近郊にて廃墟となったボロジャンカの街のシンボルになりました。

写真:Serhii Korovainyi

4月8日 ドネツィク州 クラマトルシク
ロシア語で「子供へ」と書かれたミサイルの爆発で5人の子供が死亡しました。

写真:Telegraph

4月8日 シヴェリヤ地方 ヤーヒドネ
300人以上の人たちがロシア軍によって数週間学校の地下室に閉じ込められ、そこには殺害された人たちの名前が書かれています。左側には敵に殺害された人々の名前、右側には地下室の過酷な環境のために死亡した人々の名前が書かれています。

写真:Marko Djurica

4月8日 キーウ
戦時中、産科病院の地下室で生まれた子供は、両親の腕の中で眠っています。

写真:Lynsey Addario

4月8日 ククリキ・コズロヴィチ
ウクライナの活動家たちは、ロシアに貨物を運ぶトラックの通過をポーランドとベラルーシの国境で阻止し続けています。

写真:Natalia Panchenko

4月8日 ハリチナ地方 リヴィウ
ロシア領事館の近くで、市民たちは、ロシア軍の略奪の象徴として赤く塗装された物や家電製品を持ってきました。

写真:Roman Baluka、UNIAN用

4月7日 ポリッシャ地方 ブチャ
多くの道路がロシア軍によって被害を受けています。

写真:Felipe Dana

4月7日 ポリッシャ地方 ブチャ
検察官は、ウクライナ保安庁と専門家とともに、キーウ州ブチャとボロジャンカでの戦争犯罪を記録しています。

写真:Telegraph

4月8日 ドネツィク州 クラマトルシク
ロシアはクラマトルシク駅へミサイル攻撃を行いました。この攻撃により52人が殺害され、少なくとも109人が負傷しています。

写真:ゼレンシキー大統領のFacebookページ

4月7日 ポリッシャ地方 ブチャ
破壊されたロシアの戦車を背景にプーチンのマスクで写真を撮る男性。

写真:Rodrigo Abd

4月9日から10日までのウクライナの写真

EUは制裁パッケージ第5弾を採用し、ロシアとベラルーシからの商品の輸入を禁止しています。ブチャの子供たちは、ロシアによる占領から普通の生活に戻ろうとしています。イギリスのジョンソン首相は、ゼレンシキー大統領と会い、ウクライナを支援するためにキーウに来ました。

4月10日 ポリッシャ地方 アンドリーウカ

写真:Julia Kochetova

4月9日 ククリキ・コズロヴィチ
ポーランドとベラルーシの国境を封鎖している人たちは勝利を喜んでいます。欧州委員会はロシアとベラルーシからのトラックがEUへ入ることを禁止しました。

写真:Natalia Panchenko

4月9日 ハリチナ テルノーピリ
ロシアの作家プーシキンのモニュメントがテルノーピリで解体されました。

写真:Nadiia Melnychenko

4月10日 キーウ
キーウの人たちは、ロシアによる爆撃に備えて、聖オリハ像のモニュメントの周りに土嚢を積み上げて保護しました。

写真:Mikhail Palinchak

4月10日 ハリチナ リヴィウ
リヴィウ自衛学校は、応急処置と武器を扱う際の基本的なスキルを学びたい人を受け入れています。

写真:Lina Chu

4月10日 キーウ
ハルキウの芸術家であるヴァレリア・ポリャンシコヴァは、キーウの中心でイギリスの首相とウクライナの大統領に陶器のオンドリを贈りました。

写真:Facebookページ「zelenskiy_official」

4月10日 スロヒダ地方 ハルキウ
ロシアの占領者によって砲撃された家のそばを通り過ぎる男女

写真:Alkis Konstantinidis、Reuters用

4月10日 下ドニプロ地方およびザポリッジャ地方 ザポリッジャ
ボランティアは軍隊のために防弾チョッキを製作しています。

写真:Pavlo Pashko

4月9日 ポリッシャ地方 ブチャ
ロシアによる占領から解放された後、遊び場で遊ぶ少年たち

写真:Rodrigo Abd

4月9日 下ドニプロ地方およびザポリッジャ地方 ザポリッジャ
ザポリージャ市近くの畑では、種まきが行われています。前線からわずか30kmのところにある農家は、防弾チョッキをしながらさまざまな作物を作っています。

写真:Dmytro Smolienko

4月11から12日までのウクライナの写真

ドネツィク州とルハンシク州の住民による避難は続いています。国際人道組織「国境なき医師団」は、ウクライナ東部での戦闘行為で負傷した人たちを医療列車にてリヴィウへ送り続けています。一方、4月12日、ウクライナ保安庁は、ウクライナ最高議会(国会)野党生活党議員のヴィクトル・メドヴェチュークの拘束を発表しました。彼の娘の名付け親はプーチンとされています。

4月11日 スロビダ地方 ハルキウ

写真:Igor Chekachkov

4月11日 キーウ
ダニから救い、必要な援助を提供した女性と触れ合う帰る家のない犬

写真:Julia Kochetova

4月11日 スロビダ地方 スロビャンシク
男性は、車椅子に乗る年配の女性がリヴィウ行きの電車に乗るのを手伝っています。

写真:Marko Djurica

4月11日 ハリチナ地方 リヴィウ
戦闘が本格化している地域から避難してきた人たちのための最初の仮設住宅がリヴィウに建設され始めました。

写真:Katya Moskalyuk

4月11日 シヴェリヤ地方 チェルニーヒウ
キーウ – チェルニーヒウ間の高速道路の近くで、路肩を走行していた車がロシアの対戦車地雷に遭遇し、その車は爆発しました。

写真:Georgii Voronov

4月12日 スロビダ地方 ハルキウ
ロシアの占領者はハルキウのベッドタウンを砲撃し続けており、その結果、住宅で火災が起きています。

写真:Felipe Dana

4月11日 ハリチナ地方 リヴィウ
パラスコヴィヤ(77歳)は、避難医療列車の窓の外を眺めています。国境なき医師団は、ウクライナ鉄道とウクライナ保健省とともに、東部での戦闘で負傷した人たちや患者たちを避難させています。

写真:Genya Savilov、AFP photo用

4月12日 スロビダ地方 ハルキウ
ハルキウメトロの車両での生活の一部

写真:Alina Smutko

4月11日 ポリッシャ地方 ブチャ
地元の人たちは引き続き人道援助を受けており、水・食料・薬を手に入れる機会を与えてくれたボランティアたちに感謝しています。

写真:Alexey Furman

ウクライナ保安庁は、国家反逆罪で告発された国会議員メドヴェチュークを拘束しました。メドヴェチュークは、48日間隠れた後、ウクライナ軍になりすましてウクライナの国境を越えようとしていました。

写真:ウクライナ保安庁

コンテンツ作成スタッフ

プロジェクト企画:

ボフダン・ロフヴィネンコ

企画,

写真編集:

フリスティナ・クラコウシカ

編集:

ナタリヤ・ポネディロク

写真編集:

ユーリー・ステファニャク

コンテンツマネージャー:

カテリーナ・ユゼフィク

翻訳:

藤田 勝利