戦争中にハルキウのギムナジウムに住むということ

Share this...
Facebook
Twitter

ハルキウは、全面戦争が始まって以来、ロシア軍による砲撃に日々苦しんでいます。避難した人もいますが、それでも街を離れられない人もいます。ロシアの攻撃の影響を最も受けている北東部のサルティウカに住む何人かの住民は、現在、地元のギムナジウムの地下に住んでいます。リヴィウの写真家であるヤーナ・シダッシュは、このような人々の生活がどのように変化したかを捉えました。

サルティウカはハルキウの地区であると同時に、大きな住宅地区となっています。ロシアとの本格的な戦争が始まる前は、約40万人がここに住んでいました。これは、ハルキウの街の人口のほぼ3分の1です。ロシア軍は戦争を開始した最初の日からサルティウカを砲撃しており、攻撃は今日まで続いています。

地区における2つの部分の内の1つ、北サルティウカは、激しい砲撃によってひどく被害を受けました。ロシアの占領者は、すでに家と民間インフラの70%を破壊していました。戦いの前に何十万人もの人々が住んでいた場所で、無事だった建物は今ではもうありません。

Share this...
Facebook
Twitter
Share this...
Facebook
Twitter

写真家のヤーナ・シダッシュは、彼女が話を聴いてきた人たちは戦争が始まる前までお互いを知らない8人だった、と述べています。2月24日の午前5時に、彼らは爆発の音で家から逃げ出しました。荷物を何も整えておらず、どこに隠れるべきかわからなかったので、彼らはギムナジウムの地下に最初で最高の避難所を見つけました。彼らはまだそこに残っています。その8人は家族になりました。

Share this...
Facebook
Twitter
Share this...
Facebook
Twitter

ギムナジウムの地下には照明や通信はありません。しかし、戦争によって団結したこの小さなコミュニティは、比較的住みやすいように空間を整理しました。ヤーナは、この人々はお互いに他人であるようには見えないと述べています。彼らは友好的でオープンであり、誰もがお互いに助け合おうとしています。

アラー・プロホドチェンコ
年金受給者である彼女は、夜間学校で用務長として働いていました。彼女の家は完全に破壊されました。地下室での掃除を手伝っています。

ナターリヤ・スクヴォルツォヴァ
22年間、このギムナジウムの秘書として働いています。余暇にはビーズの刺繍をしています。地下室で他の人々のために人道支援物資を集めています。

エウヘニー・クリヴォルチュコ
ナターリヤの息子であり、フリホーリー・スコヴォロダ記念ハルキウ国立教育大学の学生。このギムナジウムで勉強していました。彼はルービックキューブを組み立てるのが好きです。地下室にいる母親と一緒に人道支援物資を集めて配布しています。

ナターリヤとオレフ・アファナセンコ
夫婦。戦前、ナターリヤは販売員として働いていました。この地下室では、食事を準備しています。オレフはかつて警備員であり、地下室では火を起こすための薪を担当しています。

リュドミーラとヴァレリー・フレツキー
庭を掃除したり薪を集めたりなどを手伝っている夫婦です。そして、リュドミーラは地下室に住むすべての人のために絶えず祈っています。

ラリーサ・デムヤネンコ
戦前、彼女はハルキヴォブレネルゴ(電力供給会社)の従業員として働いていました。野良動物の世話をしています。猫8匹と犬1匹を飼育しています。ギムナジウムの地下室では、一時的にそこに住む動物の世話をしたり、人道支援物資を配ったりしています。

ハルキウ、特にサルティウカに住むことはまだ危険です。ロシア軍は都市を砲撃し続けています。このため、ハルキウの住民は主に地下室で時間を過ごし、外に出ることはめったにありません。ヤーナは、日々のルーティンがギムナジウムの地下室の住民を恐ろしい現実から気をそらすのを助けていると言います。彼らの朝は、洗濯、火の灯り、料理、そして話すことから始まります。その後、それぞれが自分の仕事をします。サルティウカの他の地区に人道援助を提供している人もいれば、ロシアの砲弾に何度か襲われたギムナジウムを掃除している人もいます。

ナターリヤ・スクヴォルツォヴァはヤーナにギムナジウムを見せることに同意しましたが、当時は爆発が絶えず聞こえていたので、最初は拒否しました。彼女は、女性は各事務所とその歴史をよく知っていると言います。彼女は、第二次世界大戦の軍事的功績に関するオフィス博物館が破壊され、ギムナジウムの装飾であった温室には今では乾燥した植物だけがある状態であることを残念に思っています。しかし、このような損失による痛みがあるにもかかわらず、現在ギムナジウムの地下室に住んでいる8人は楽観的な見方を失わずに、勝利を信じています。

「今では(ギムナジウムが)我が家です。そして私たちはここを愛しており、私たちはこの場所に対して責任があります。」

コンテンツ作成スタッフ

プロジェクト企画:

ボフダン・ロフヴィネンコ

企画,

フォトグラファー:

ヤーナ・シダッシュ

編集:

アンナ・ヤブルチナ

写真編集:

ユーリー・ステファニャク

コンテンツマネージャー:

カテリーナ・ユゼフィク

翻訳:

藤田 勝利