人々 子供たち  占領された村の柵に書かれていること

Share this...
Facebook
Twitter

キーウ、チェルニーヒウ、スーミ近くの多くの村や町は、全面侵略が行われた最初の日からロシアの占領下にありました。3月下旬、ウクライナを防衛している人たちがロシアの占領軍を北部地域から追い出しました。ポリッシャ地方、シヴェリヤ地方、北スロビダ地方の解放された地域は、人道援助を受け、徐々に元の生活に戻りつつあります。それらの地域がロシアによる占領をどのように生き延びたのかを記録する独立ジャーナリストやドキュメンタル作家も地域にアクセスできるようになりました。

ドキュメンタリー写真家のセルヒー・コロヴァイニも、ウクライナ北部の解放された村や町を訪れています。彼は、多くの柵など、文字通り村の民家の前や都市の民間施設のいたるところに、人々が手元にあるあらゆる手段を使って大きく人々(ЛЮДИ)や子供たち(ДЕТИ)と書いたことを記録しました。

ペンキやスプレーの缶で書かれたものもあれば、ほとんどはがれそうな状態でテープでアップリケのように貼り付けられているものもあります。これらの言葉は、これらが軍事施設ではなく、普通の家であることを明白かつ直接的に想起させるものになりました。それらは民間人を戦闘行為から保護し、これらの建物を見過ごして他の場所で基地を見つけるはずであるロシア軍から彼らを保護するはずでした。

Share this...
Facebook
Twitter
Share this...
Facebook
Twitter
Share this...
Facebook
Twitter

「人々は、ロシア人が子供を含めて民間人がここに住んでいることを認識し、そしてロシア人がそこに侵入し砲撃するということから彼らの生活をどうにかして救うことを期待しているものでした。これは、危険から身を守るための試みです。安全でいるためには、一般の人たちは危害を加えられないので一般の人たちでいなければならない、という考えから抜け出しました。

セルヒーは人々に柵に書かれたメッセージがうまく機能したかどうか尋ねました。そして答えは、「ほとんど機能しなかった」「ロシア軍は彼らが望むところに侵入し、彼らが望むことをした」「彼らは人々の生活空間を占領し、食料を奪った」などといったものでした。

Share this...
Facebook
Twitter
Share this...
Facebook
Twitter

「そのような単純な言葉はとても印象的でした。まるで、普通の罪のない人々が、自分たちが人間であり殺されるべきではないことを証明するのはおぞましいです。」

占領下の村でのロシア人の行動はさまざまで、それがどの部隊であるか、徴集兵か司令官の経験がある契約兵がいるかどうか、規律がどのように守られているかなどによって異なりました。しかし、セルヒーが訪れたすべての解放された村では、民間人が殺され、拷問を受けました。

「その言葉を見るのは苦痛です。まるで、普通の罪のない人々が、自分たちが人間であることを証明しなければならないかのように。彼らは生きる権利があり、殺されたり、レイプされたり、その他の苦痛を受けることはないのです。この言葉は、ロシア人居住者に、この家を出て行き、どこか別の場所に拠点を見つけるよう懇願しているのです。」

コンテンツ作成スタッフ

プロジェクト企画:

ボフダン・ロフヴィネンコ

企画:

ナタリヤ・ポネディロク

編集:

イェウヘーニヤ・サポジニコヴァ

フォトグラファー:

セルヒー・コロヴァイニー

写真編集:

ユーリー・ステファニャク

コンテンツマネージャー:

カテリーナ・ユゼフィク

翻訳:

藤田 勝利