Share this...
Facebook
Twitter

ウクライナでの全面戦争中に、何千もの家屋が破壊され被害を受けました。ロシアの占領者はすでに多くのウクライナ人の不動産を破壊しています。さらに、何百万人もの人々が最前線から国内のより安全な居住地に避難することを余儀なくされています。これらすべての人々はどこかに住む必要があります。ウクライナ政府はすでにこれらの問題に対処するためのメカニズムを考案しており、ウクライナのさまざまな都市の建築会社は、一時避難民が定住したり、仮設住宅に避難したりするのに役立つソリューションを考案しています。

ウクライナ地域開発相オレクシー・チェルニショウによると、4月8日の時点で、800のアパートを含む14,000を超える住宅が完全に破壊され、3,200のアパートを含む72,000を超える住宅が被害を受けました。また、ウクライナデジタルトランスフォーメーション相ミハイロ・フェードロウによると、4月11日の時点で、損傷または破壊された住宅の補償に関する66,000件を超える申請が、ウクライナの行政サービスアプリである「ディーヤ(Дія)」に提出されました。残念ながら、戦争は続いており、状況は悪化の一途をたどっています。

4月19日、ウクライナ政府は国内避難民のための仮設住宅の迅速な建設手順を承認し、地方政府はその建設のための土地を探しています。大統領府はまた、建設者から国内避難民のための住宅を購入するプログラムを発表した。

ウクライナの建築に関しては、仮設住宅の建設方法や都市とそのインフラの復旧についての議論があります。同時に、ウクライナの建築事務所はすでにいくつかの問題の解決に関与しています。彼らは、現在の条件で可能な限り最大限の快適さとプライバシーを備えた利用可能なスペースで避難民が暮らすことを可能にするプロジェクトを考案し、実施しています。建築家はまた、ウクライナが勝利した後に破壊された都市の再建のための仮設住宅に関するコンセプトを考案しています。これらのプロジェクトはすべて国家レベルで、且つ投資家の助けを借りて実施することができます。

#ReCreateUAプロジェクトも、世界中の関心のある建築家のために開始されました。そこでは、ギャラリー内の破壊されたもしくは被害を受けた建物を1つ選択し、その修復のためのヴィジュアルを作成できます。

Share this...
Facebook
Twitter
Share this...
Facebook
Twitter

オレフ・ドロズドウのハルキウにあるDrozdov & Partners建築事務所は、Replus bureauおよびPonomarenko Bureauとともに、リヴィウにおける国内避難民のためのセンターに関するプロジェクトを考案し実施しています。彼らのソリューションは、段ボールパイプで作られた移動可能なフレームワークであり、設置が比較的簡単で、再利用およびリサイクルが可能なものです。このプロジェクトでは、リヴィウのさまざまな場所に何百人もの人々のための施設が設立されました。チームは、センターの消耗品のために資金を調達し続けています。

オレフ・ヴォロソウシキーの会社であるLoft Buroは、ジム、ショールーム、オフィス、さらにはシェルターに設置して住宅として使用できる仮設住宅のプロジェクトを考案しました。このプロジェクトは、工場やプライベートワークショップと共同で考案されました。このような構造を備えた施設は、ウクライナが勝利した後にホステルへと変貌させることができます。

+koupleエージェンシーは、22Fワークショップとともに、個人使用の要素を最小限に抑えた広いオープンスペースで避難民が一時的に暮らせる場所のコンセプトを考案しました。

スラヴァ・バルベカのBalbek Bureauは、RE:Ukraineという仮設住宅システムを開発しました。プロジェクトの目標は、自分の家を出ることを余儀なくされた人々のための健全なライフスタイルを維持することです。プロジェクト開発者たちは、設計の原則に従って、木枠システムを使用し、さまざまなタイプのモジュール(住宅、公共、キッチンおよび衛生設備)を組み合わせることを提案しています。

Dekart Studioは、戦争中に家屋を失った人々のために仮設住宅のコンセプトを提示しました。ウクライナが勝利した後に再建される地域に、地元の材料を使用してその場で建てることができる丸い住宅を設置することが提案されています。そのような建物は、恒久的な住宅として使用したり、郊外のホテルに変貌させたりすることも想定されています。

地域開発会社であるAll Right Development & Investmentは、個々の家がある街のプロジェクトであるパリャニツィヤ・ディム(Паляниця Дім)を考案しました。基礎を必要とせず、柱がないため自由に計画できるドーム状の構造物を建設に使用することが提案されています。同社はこのようなセンターを国内の比較的安全な地域に建設することを計画しており、将来的にはこのようなセンターを商業目的で再利用するため、投資家の参加を呼びかけています。

建築事務所「フォルマ(ФОРМА)」と団体「現代美術博物館(Музей сучасного мистецтва)」は、Emergency Art Shelterを考案しました。これは、戦争により避難を余儀なくされたミュージシャン、アーティスト、建築家のための一時的な住居となります。最初の住居はウジュホロド近郊に設置される予定です。これはプレハブ部材で構成された建築物であり、追加の修理費用なしで長期間使用することができます。将来的には、それを「文化村」に発展させることを計画しています。

他の国々も、既製の仮設住宅ソリューションでウクライナを支援しています。4月初旬、米国は、自然災害の後に人々が生活するために米国で使用されている18の仮設住宅をザカルパッチャ地方に移転しました。その後、ザカルパッチャ地方管理局長の決定に従って、ブチャとホストメリで家が破壊された人々のために住宅が移されました。

ポーランド政府はリヴィウに対し、避難民のための300以上の住宅を提供しました。市内で最初の仮設住宅が4月19日にオープンしました。

コンテンツ作成スタッフ

プロジェクト企画:

ボフダン・ロフヴィネンコ

企画:

ナタリヤ・ポネディロク

編集長:

イェウヘーニヤ・サポジニコヴァ

編集:

カテリーナ・レフカ

情報収集:

ディアナ・シヴェツ

写真編集:

ユーリー・ステファニャク

カバー作者:

カテリーナ・モスカリュク

コンテンツマネージャー:

カテリーナ・ユゼフィク

翻訳:

藤田 勝利