どのような行動で世界がロシアの犯罪を非難しているのか

Share this...
Facebook
Twitter

全面戦争が始まってから数ヶ月の間に、ロシア軍はウクライナで多くの戦争犯罪を犯しました。侵略者の軍の行動は、それが従来の戦争を行うのではなく、国全体を破壊しようとしていることを示しています。これらの犯罪が公にされて、その犯人は発見され罰せられるために、これらの犯罪について世界中で大声で発信される必要があります。

ウクライナにおける最も辛い出来事に注意を引くための最も目を引く方法の1つは、公の場での行動とパフォーマンスです。さまざまな国の関心があり活動的な市民たちは、平和なウクライナ人に対する殺害とレイプ、またロシアの占領者による略奪に注意を引くために、通りや大使館、その他の機関へ赴いています。

子供たち。マリウポリ。

ロシア軍に包囲され、組織的に破壊されたウクライナの都市マリウポリを支援する#SaveMariupol運動は、3月22日から劇場で行われています。それはプラハで始まり、チェコ国立劇場の近くでマリウポリの演劇劇場の人々を空爆から守るために表されていた「子供たち」という言葉をろうそくで再現しました。過去1か月間、同様の運動がトビリシ、キシナウ、ウィーン、ブリュッセル、リマソール、ラルナカ、ダニーデン、ブラチスラヴァ、チューリッヒ、コシツェなどの都市で開催されました。

横たわる抗議

人々(手を縛られた状態も)は、自身のコミュニティの注意を引き付け、ロシア人によって拷問され殺された民間人に関して想起させるために地面に横たわっています。運動家はまた、ブチャ、イルペン、ホストメリ、その他のウクライナの都市、町、村でロシア人に拷問され殺害された人々を想起させています。このような行動は、ベルリン、トビリシ、ヴィリニュス、ワルシャワ、ロンドン、ローマ、メキシコシティ、その他の世界の首都ですでに行われています。

靴を使った運動

人々は、戦争がまだ続いていること、そして大人と子供がウクライナで死亡し続けていることを世界に想起させるために、履いた靴を展示しています。これは、ブダペストにある有名なホロコースト記念碑「ドナウ川の靴」にちなんだものです。このような運動が初めて行われたのは、カリフォルニア州サンノゼで、3月24日に128足の子供靴が展示されました。ちょうど、ロシアの侵略によって多くのウクライナの子供たちが死亡したと宣言されたのと同じ日です。3月末、ロシア・ウクライナ戦争におけるハンガリーの不適切な政策に抗議して、ワルシャワのハンガリー大使館近くで同様の行動が起こりました。

「血の池」

4月6日、リトアニアの運動家はヴィリニュスのロシア大使館近くの池の水を赤く染めました。これには、動植物に無害な特別な塗料が使用されました。パフォーマンス中に、スイマーのルータ・メイルティーテが渡りました。

占領地でのレイプ

このような運動には女性が参加していることが多く、服や体の一部に血に見立てた赤いペンキを塗っています。参加者は性暴力の犠牲者を目に見える形で想起させる存在となり、ウクライナでのロシア軍による女性や子どもに対するレイプに注意を引いています。特に、これらの行動の主なメッセージの中には、人体はその人自身にのみ属し、攻撃者はそれを攻撃したり、支配しようとしたりする権利を持たないというものがあります。同様の運動は、タリンとヴィリニュスでも行われました。

ロシア人による略奪

人々は、占領下のウクライナの集落でのロシア軍による略奪に抗議するために、さまざまな国のロシア大使館に衣服や家庭用品を持ち込みます。特に、ロシア大使館の近くには、女性の下着、子供のおもちゃ、食器、トイレ、電化製品、洗濯機があり、これらはしばしば赤く塗られており、ロシアの侵略による犠牲者の血を象徴しています。

あなたの街で行われているイベントに参加するか、同じ考えを持つ人たちを見つけて、自身のものを組織してください。ロシアの犯罪について話し、ウクライナを支持するすべての声が重要です。

コンテンツ作成スタッフ

プロジェクト企画:

ボフダン・ロフヴィネンコ

企画:

ソフィヤ・アンジェリューク

編集長:

ナタリヤ・ポネディロク

編集:

アナスタシヤ・フリコ

情報収集:

アンナ・ルカセヴィチ

写真編集:

ユーリー・ステファニャク

コンテンツマネージャー:

カテリーナ・ユゼフィク

翻訳:

藤田 勝利