どのように子供たちがウクライナを防衛している人たちのために資金を集めいているか

Share this...
Facebook
Twitter

戦争中、子供たちは特に脆弱です。ロシア連邦による全面侵略は、すべてのウクライナの子供たちに影響を及ぼしました。しかし、彼らの多くは勝利を信じるだけでなく、彼らの行動によって勝利へのアプローチに参加しています。子供や10代の若者は、ウクライナでさまざまなものや食べ物を販売し、自分たちの才能を発揮してウクライナを防衛している人たちのニーズに応えるための資金を調達しています。

ドニプロ出身である6歳のソロミヤは、フルートを演奏して軍のために資金を集めています。 2日間で、彼女は防弾チョッキを1つ購入するために必要な金額(約11,000フリヴニャ)を調達しました。彼女は必要な限り資金を調達し続ける予定です。

写真:クセーニャ・レウト

オデーサの小学生たち(エウヘニア、マトヴィーと2人の仲間)は、軍用の防弾チョッキの資金を調達するために、即興のスタンドでおもちゃを販売しています。

写真:ススピールネ

プストーミティ出身である5歳のエヴァは、母親と祖母と一緒にカップケーキを焼き、軍のために資金を調達するためにそれらを販売しています。

クロピウニーツキー出身である7歳のヴァーリャは、軍用の防弾チョッキを購入したいと考えていました。彼女は個人的な貯金がなかったので、資金を調達するために、彼女は花を売りました。必要な資金(さらに10,000フリヴニャ)は、わずか5時間で回収することができました。

リヴィウの中心部では、子供たちが同様の行動を起こし、両親が育てた花を売って、軍用の保護装備を購入するための資金を集めました。

フメリニツキー出身である7歳のアリーナも、ウクライナを防衛している人たちためにの資金を調達するために、街の中心部でおもちゃの販売を開始しました。彼女の友人のマキシムもそれに加わりました。

16歳のズラタは、イヴァーノ・フランキーウシクに仲間のボランティアのチームを集め、彼らと一緒に愛国的なアクセサリーを制作し、販売しました。彼女は、父親が国を守るために出発した3月初旬にボランティア活動を始めました。彼らは、収入として獲得したすべての金額をウクライナ軍支援のために送ることを計画しています。

写真:ススピールネ・カルパーティ

ミコライウ出身である7歳のソフィアは、自分のイラストを使ってウクライナ軍のために1,000ドル以上を集めました。作品は、カザフスタンのあるオンラインプラットフォームおよび米国のThe Peace Dragonコミュニティを通じて販売されています。金額はすぐにウクライナ軍の暗号通貨に送金されています。

写真:スヴィトラーナ・ヴォウク / ススピールネ・ミコライウ

ポクロウシク出身である11歳のマクシムは、全面戦争の中、家族と一緒にチェルニウツィーに引っ越しました。軍を助けるために、少年は、ゴミを出したり、飲料水を持って行ったり、動物の世話をしたり、買い物に行ったりして働き始めました。収益は、ウクライナを防衛している人たちが弾薬を購入するために使用されました。

すべてのウクライナの子供たちは、大人と同じくらい感情的に戦争を経験しています。多くの子供たちは、家を失ったり、家や親戚から遠く離れることを余儀なくされたりしたために、生活が根本的に変わりました。しかし、今の世代の子供や青年たちは、自分たちの国の敵が誰であるかを正確に知っており、国をどのように防衛できるかを直接見てきました。大人のように、若者はウクライナの勝利を信じて、それを近づけるためのさまざまな方法を考え出しています。

クリヴィイー・リーフ出身の8歳のアリサは、2年間陶芸をしてきました。全面戦争の間に、彼女は自分のスキルでウクライナ軍を助けることに決めました。彼女はスタンド、プレート、水差し、置物を製作し、ソーシャルネットワークで販売しています。集めた資金は、軍の支援のために送金されます。

コロムイヤでは、ヴラディスラウとオレクサンドルという2人の兄弟が、自分たちがセルフバランススクーターを買うために集めていた3,000フリヴニャを、第10山岳強襲旅団の兵士のために寄付しました。

ハリチナ地方のミコライウ市では、教会学校の生徒たちがチャリティーフェアを開催しました。3月には、8〜12歳の子供たちがトマトとキャベツの苗を植え、花を植えました。植物は常に手入れされ、誰にでも販売できるように容器に植えられました。日曜日の礼拝から戻った人たちは生徒たちが販売しているものを購入しました。ウクライナを防衛している人たちのためのドローン用に、約3,000フリヴニャを集めることができました。

リヴィウでは、9歳のダリーナが軍への感謝と支援の言葉とともに絵はがきを描き、ソーシャルネットワークを通じて販売しています。彼女は自分ですべてのプロットとメッセージを考案し、すでに作成したものを再び使うことは望んていません。稼いだお金で、彼女と彼女の母親は軍のために食事を購入しています。

チェルニウツィー出身の10歳のターニャは、長さが58cmあった自分の髪の毛を切って販売しました。彼女は子供の頃から髪を伸ばしていましたが、軍を助けるためにそうすることにしました。彼女の家族の3人の男性は現在ウクライナ東部で戦っています。髪の毛を販売したことで、ターニャは3,000フリヴニャ以上を獲得しました。

子供たちは定期的にルツクにある「アンハル」ボランティア本部を手伝っています。4年生のユスティーナはおもちゃのウサギを作るワークショップのおかげで800フリヴニャを集めました。マリヤは、ボランティアを経済的に支援するために、代父の庭園で選んだサクランボを販売しました。また、子供たちは、食料や必要なものを備えた小包をウクライナを防衛している人たちのために自ら集めています。

テレビ番組「ウクライナには才能がある(Україна має талант:ウクライーナ・マーエ・タラント)」のシーズンの1つで優勝した14歳の歌手アルテム・フェシコは、本格的なロシアの侵略のため、家族と一緒にポーランドに避難しました。そこでは、勉強に加えて、チャリティーコンサートにも出演しています。これらの公演の中の1つで、参加者は約100万ドルをウクライナ軍支援のために調達しました。

ヴィンニッツァ出身の12歳のサシュコは、軍を支援するために小さな輪ゴムで作られたブレスレットを販売用に織っています。彼は自分の製品に対して決まった金額を設定していません。買い手は、自身が必要と考える金額を寄付します。サシュコはすでに2,500フリヴニャ以上をウクライナ軍支援のための国の基金に送りました。

写真:ウクライナ軍参謀本部

シェペティウカ出身の10歳のオスタップは、休暇のために貰ったすべてのお小遣いを、軍用のポータブルソーラー充電器を購入するために費やしました。彼は、ウクライナの勝利を本当に信じているので、それを近づけるのを手伝いたいと言っています。

コンテンツ作成スタッフ

プロジェクト企画:

ボフダン・ロフヴィネンコ

企画:

ナタリヤ・ポネディロク

編集長:

アンナ・ヤブルチナ

編集:

アナスタシヤ・シェリコヴァ

写真編集:

ユーリー・ステファニャク

コンテンツマネージャー:

カテリーナ・ユゼフィク

翻訳:

藤田 勝利