子供たちは慈善プロジェクトを組織して参加している

Share this...
Facebook
Twitter

全面戦争の中、ウクライナの子供たちは、一方では特別な関心と支援を必要とし、他方では彼ら自身が慈善活動に参加しています。海外の子供たちやティーンエイジャーたちもウクライナ人に共感し、クリエイティブに資金を調達しているほか、ウクライナの仲間を助けるための他の方法を探しています。

写真:ミコラ・シュベツィ

Ligaは、組織的なスキルや創造的な才能で仲間たちを助けている3人のウクライナの若者について取り上げています。15歳のミコラは避難民の子供たちのためにヴィンニッツァで映画上映を手配しています。6歳のウスティムは心理学者である父親と一緒に、戦争のために避難を余儀なくされたルツクの子供たちを訪ね、彼らのためにソピールカ(ウクライナの楽器)を演奏しています。5歳のマトヴィーは母親と一緒に、リヴィウ駅の子供を持つ母親のための部屋でボランティアをしています。彼らは訪問者が新しい場所に慣れ、社会に適合するのを助けています。

オレクサンドラ、10歳。オデーサ市。

ウクライナでは、「Mom, i see war (Мамо, я бачу війну)」というプロジェクトが始まり、全面戦争についての子供たちの絵を集めています。 それらからコラージュを制作することが計画されており、それはNFTオークションで販売されます。集めた資金は、戦争による被害を受けた子供たちのための基金に寄付されます。

Aza Nizi Mazaというハルキウにある子供と大人のためのアートスタジオの参加者たちは、戦争の視覚的な日記の一種である「私が見ているもの(Що я бачу:シチョ・ヤー・バーチュー)」というポスター集を制作しています。彼らは、チャリティーを含むさまざまなイベントで非営利目的でこれらの作品を発表しました。

台湾、台中市のWashington国際学校の高校生3人はCoffee Kidsというプロジェクトを組織しました。少年たちは、ウクライナの子供たちの絵が描かれたカップでコーヒーを販売し、そこから集めた資金は、オフマディト小児病院、チェルニウツィーの孤児院または慈善団体に送金されます。

イギリス出身の12歳のガブリエル・クラークは、ウクライナの国旗の色で「ウクライナのボウル(Чашу для України:チャーシュ・ドゥリャ・ウクライーニ)」を作りました。彼はそれを抽選にかけ、参加者たちは287,000ドル以上を集めました。収益はウクライナの子供たちを助けるために寄付されます。

イギリスの都市イェットの姉妹であるエスメとマギーは、学校やラグビークラブでお菓子を販売しており、戦争のために海外に行くことを余儀なくされたウクライナ人のために400ポンド(約16,000グリブナ)以上を調達しました。子供たちはすべてのお金をイギリスの慈善団体である「ウクライナへの支援(Допомога Україні:ドポモーハ・ウクライーニ)」に寄付しました。

写真:ERR

エストニアのハープサルでは、子供たちが自分たちの街に住むウクライナ難民の子供たちを支援するために人工的なひまわりを作って販売しています。

アメリカはボストン郊外のコリンとリズは、ウクライナの基金である「子供たちの声(Голоси дітей:ホーロス・ディテイ)」のためにウクライナの旗を裏庭で販売し7,000ドル以上を集めました。「子供たちの声」は、ロシアの侵略により被害を受けた子供たちに心理面でのサポートを提供しています。

コンテンツ作成スタッフ

プロジェクト企画:

ボフダン・ロフヴィネンコ

企画:

ナタリヤ・ポネディロク

編集長:

アンナ・ヤブルチナ

編集:

アナスタシヤ・シェリコヴァ

写真編集:

ユーリー・ステファニャク

コンテンツマネージャー:

カテリーナ・ユゼフィク

翻訳:

藤田 勝利