教育における「ロシアの平和 / 世界」 ウクライナの抵抗

Share this...
Facebook
Twitter

教育は常に、ロシアとウクライナとのハイブリッド戦争における重要な足がかりの1つでした。全面侵略のずっと前に、ロシアは教育を通じて、同時にロシア人に帝国主義の感情を植え付け、ウクライナでウクライナのものを追い出すためのあらゆる手段と方法を使用しました。

全面戦争が始まる前にすでに、ウクライナ人は「ロシア製」と記されたものすべてをボイコットしました。一方、ロシア軍は、ウクライナの文化財やウクライナの文化と教育の担い手だけでなく、教育インフラや教育資料も物理的に破壊し始めています。文化に対するこれらすべての犯罪を捕らえるために、ウクライナ教育科学省は、破壊され損傷を受けた教育機関のインタラクティブマップを立ち上げました。2022年5月12日時点のデータによると、占領者は約1.5万の教育機関を完全に破壊したか損害を与えました。ロシア軍は都市や村への砲撃を1日も止めないので、これらの数字は増加し続けています。

毎日数十のフェイク情報を作り出し、ロシアが始めた戦争の現実を歪める新しい神話を生み出すロシアのプロパガンダ製造機は減速していません。私たちは、ウクライナ人が教育においてロシアのプロパガンダにどのように抵抗し、世界が彼らをどのように支持しているかを伝えます。

情報面での抵抗

ウクライナ軍が本物の武器でロシアの占領者を抑えている間、クレムリンのプロパガンダ扇動者たちは情報面での攻撃を強めています。これはハイブリッド戦争の古典的な戦術であり、侵略国はその目標を達成するために「ソフトパワー」(教育、宗教、メディア)を使用します。

ロシアは、未就学児から学生まで、あらゆる年齢向けのプロパガンダ教育コンテンツを作成しています。このように、彼らは愛国心を育み、「正しい」物語を伝えています。その物語は、特にロシアにとって、ウクライナとの関係において都合のいいものです。

戦争が始まった頃、ロシア人はプロパガンダ漫画「ヴァーニャとミコラの物語」を制作しました。そのため、ロシアの子供たちは、ウクライナとの戦争は正当であると信じています。ウクライナのボランティアは、このプロパガンダに対応するべく、すぐに独自の皮肉な漫画を作成しました。

ロシア軍が無慈悲にウクライナの図書館を破壊し、占領地と戦争地帯で本を燃やしている一方で、ウクライナの出版社は新しい条件に適応しようとしています。チトモ(Читомо)の調査によると、ウクライナの出版社の39%が運営を続けており、51.2%が活動形態を変更しています(つまり、一部が稼働している状態。)戦争の最初の数週間で、それらのいくつかは、電子およびオーディオブックにおいて完全または一部アクセスを可能にしたり(ВСЛ、Vivat、Folio)、無料配達日を提供したり(ВСЛ)、1UAHという象徴的な価格で本を購入販売してし、ウクライナ軍を支援するために集めた資金を送ったりしています。(Видавництво Анетти Антоненко、Фоліо、Книголав)同時に、戦争中もウクライナのメディアスペースに新しい教育プロジェクト(ポッドキャスト、オーディオコレクションなど)が登場し、ウクライナとロシアの文化の共生関係についての神話を暴いています。

全面戦争が始まって以来、出版社の約25%が国際的なパートナーシップを確立しています。他の国の出版コミュニティは、もう一つの重要なイニシアチブをサポートしています。ポーランドとリトアニアは、戦争により難民となった子供と大人のためにウクライナ語で本を出版することに同意しました。ウクライナの出版社(Ранок、ВСЛ、Урбіно)は印刷用のファイルを提供しており、ウクライナ人の一時的な新しい居住地となったさまざまな国で新たな本を配布する予定です。

多くの出版社、作家、芸術家、編集者、その他の文化産業の代表者がウクライナ軍や領土防衛部隊の仲間入りをし、ロシア文化のボイコットを呼びかけました。市の指導者もこれを支持しています。たとえば、キーウ市長のヴィタリー・クリチュコは、ロシアにちなんで名付けられた図書館の1つを含む首都にあるいくつかの教育施設の名称変更を開始しました。このようにして、サーシャ・チェカリン図書館はプリオカ図書館となりました。

教育と新しい機会の非ロシア化

ウクライナ教育科学省は、学校の教育分野である「外国文学」の中でロシア文学を研究する必要性を再考することを計画しています。学校でロシア語を勉強することを拒否することも可能となる予定です。これには両親の同意が必要となります。ロシア語が母語である人々がまだ子供たちにそれを教えたいと希望するのであれば、教育オンブズマンのセルヒー・ホルバチョフが指摘するように、すべてのレッスンではロシアが侵略者であり、その大統領と人々が占領者であることを想起させることから始めることが必要となります。

ロシア政府が占領地でロシア語を話すウクライナ人を「救助」し、クリミアでウクライナの教育者のために夏の再教育キャンプを手配している一方で、全面戦争の現実は、ロシア軍がロシア語の正書法に関する知識を学びなおす必要があることを示しています。なぜなら、彼らが略奪し半壊したウクライナの家や学校に残したメッセージから判断すると、彼らの語彙と識字レベルは中学校レベルだからです。

ロシア人学生のためのヨーロッパでの教育を受ける機会は事実上閉ざされています。 50以上のヨーロッパとアメリカのトップ大学がロシアによるウクライナ侵略を非難しており、一部はロシアから投資を撤回し、侵略国との学術的関係を断ち切っています。代わりに、ウクライナの学生は道徳的支援だけでなく、経済的(奨学金、助成金、避難所)、教育的(遠隔教育の機会の提供)支援も受けました。オックスフォード大学、ケンブリッジ大学、ハーバード大学、プリンストン大学などを含むヨーロッパとアメリカの主要な大学では、より柔軟な学習の機会が用意されています。ウクライナの入学者、学生、研究者は、世界中の36の大学を含むイニシアチブ「Ukrainian Global University」に参加することもできます。その目標は、ウクライナのさらなる再建のために質の高い教育を受けられるようにするべくウクライナの若者を支援することです。

ウクライナのノンフォーマル教育プラットフォームでは、教育コンテンツの全てまたは一部へのさまざまな形式でのアクセスも提供されました。完全に無料(Creative Practice、Genius.Space、Projector Humanitariumなど)なものから、相談費用がウクライナ軍へ寄付されるコンサルティング(Projector)まであります。さまざまな分野の数十のコース、講義、ウェビナーも、さまざまなNGOや教育プラットフォーム、ビジネスプロジェクトにより利用できるようになりました。

全面戦争の時にすでに外国の大学で勉強していたロシアの学生はまだ追放されませんが、新しく入学希望者を募集する予定はないようです。

ウクライナ青年スポーツ省の努力のおかげで、国際交流プログラム「Еrasmus+」へのロシアの参加は停止されました。

これはすべて、ウクライナの軍事的勝利の後、情報面と教育面での闘争が何年も続く可能性があることを証明しています。なぜなら、すべての紛争は物語、アイデンティティ、価値観の対立だからです。ロシアはウクライナに戦車を送り込んでいるだけでなく、ウクライナ人を「再教育」するために独自の教師を雇っています。これは、ウクライナが抵抗しなければならない、別の看過できないタイプの攻撃です。

コンテンツ作成スタッフ

プロジェクト企画:

ボフダン・ロフヴィネンコ

企画:

アンナ・ヤーブルチナ

編集長:

ナタリヤ・ポネディロク

編集:

カテリーナ・レフカ

写真編集:

ユーリー・ステファニャク

コンテンツマネージャー:

カテリーナ・ユゼフィク

翻訳:

藤田 勝利