Share this...
Facebook
Twitter

「あなたがこの土地が欲しがったから、今そこに埋葬されている」これは、ウクライナの歌手スタシク(СТАСІК)の「敵への子守歌(Колискова для ворогів)」という歌の一節ですが、何千人ものロシア兵にとって現実のものとなりました。ウクライナへの本格的な戦争を開始した「世界第2位の軍隊」は、侵略の初日から死者数について沈黙を守り、親族が彼らを「偉大な祖国」に埋めるために彼らの遺体を受け取ることを拒否しています。

そんな人がいましたか?ロシアはその損失をなかなか認めません

ロシア軍におけるおよその死者数は、約17,000人と2022年3月28日の時点でウクライナ国防省によって記録されています。この数字は毎日増え続けています。

ロシア連邦の典型的な情報対策は、情報の断片的な提示、ロシア軍の勇気に対する揺るぎない信念、およびウクライナ国防省提供のデータに対する反論といったものです。
ロシア兵の死亡に関する情報は、最初にロシア政府の情報源によって公開されたのではなく、地域のメディアまたは単に故人を個人的に知っている人々によって公開されました。

2022年3月21日、プロパガンダメディア「コムソモールスカヤ・プラーヴダ」が、ウクライナでの戦争で約10,000人のロシア兵が死亡し16,000人以上が負傷したという記事をリリースしましたがすぐに削除しました。

3月25日、ロシアはロシア兵1351人が死亡したと公式に発表しました。
同時に、ウクライナ軍参謀本部は、ロシア兵16,000人以上が死亡したと報告しています。

「クリミア、シリア、ドンバス、呼んだ?私たちは自国民を見捨てません。」

死者数は毎日ますます隠すのが難しくなっています。ウクライナメディアが活躍しており、「フルーズ200(Груз 200)」というTelegramのチャンネルは絶えず更新されており、ロシア兵の親族は「Come Back Alive」のホットラインに回線設立当初から電話をかけています。

自分たちの仲間を探してください。 中尉 リナール・ガリポフ バシコルトスタン共和国 死亡しました フィズリエフ・エドアルド・ファニソビッチ 死亡しました

いわゆる「特殊作戦」中に死亡した人々の家族への支払い額に関する情報が出現したことは、軍事的損失の事実に対するロシアによる認識の第一歩と見なすことができます。

ロシア人がさらに知りたいまたは伝えたい場合に対し、ロシア連邦の刑法にはすでに新しい条文が掲載されています。これによると、ロシア軍に関する偽情報やロシア軍の信用棄損を目的とした行動については、懲役3年~15年となる可能性がある、とのことです。

外国メディアは、実際の損失を隠蔽するためにロシア軍が移動式火葬場を使用していることに関する情報を広め始めました。

ウクライナ人は、腐敗した遺体により地元住民の健康が危険にさらされないよう、ロシア兵の遺体を目立たない集団墓地に埋葬することを余儀なくされています。

Telegramのチャンネル「ホリューシュコ」は、ウクライナでの戦争中に死亡したロシア兵に関するデータを公開しています。これは非公式のチャンネルであり、チャンネル作成者はオープンソースから情報を入手しています。

コンテンツ作成スタッフ

プロジェクト企画:

ボフダン・ロフヴィネンコ

企画:

アンナ・ヤブルチナ

編集:

イェウヘーニヤ・サポジニコヴァ

コンテンツマネージャー:

カテリーナ・ユゼフィク

翻訳:

藤田 勝利