Share this...
Facebook
Twitter

破壊を捉えたオンライン地図、都市再建のためのマニュアル、兵士向けのリハビリテーション・プログラム、インフラを再建するためのパートナー国々との合意などは、ウクライナが本格的な侵略の前よりもさらに良くなる態勢を整えていることを示しています。ウクライナ人は、「勝利の後にやろう」と延期することなく、すでにこれに取り組んでいます。

ウクライナの戦後復興におけるさまざまな機会と課題について話し、戦争を生き延びた他の国々の復興経験について考察しましょう。

戦争の影響を記録する

半年以上にわたり、ロシア軍は軍事および民間のインフラを毎日破壊してきました。2022年8月22日時点で、専門家は破壊による直接的な損害を1,100億ドル(約2.9兆フリヴニャ)以上と見積もっています。そしてすでに9月に、ウクライナの環境保護天然資源省は、環境被害が約1兆フリヴニャであると発表しました。インフラの破壊と経済的可能性の喪失に関連するウクライナの総損失は、1日あたり最大40億ドルです。

キーウ経済大学によると、本格的な侵略が始まって以来、約86万世帯が家を失いました。4,000万平方メートル以上の住宅ストックが破壊または損傷を受け、数十の医療機関や教育機関、ショッピングセンターや石油貯蔵所、数千メートルの道路や鉄道も影響を受けました。直接的な損害に加えて、破壊に伴う付随的な損失もあります。GDPの減少、投資と労働力の流出、国内の観光的魅力の低下などです。

ウクライナおよび外国のさまざまなイニシアチブが、特別に開発されたオンラインマップの助けを借りて、占領者によって引き起こされた損害を記録しています。したがって全世界がロシアの占領者の日常的な犯罪を見ているので、今回ロシアは「ここにいなかった」などのフレーズで逃げることができません。

多くのイニシアチブにより、発生した損害をすぐに記録できます。たとえば、ウクライナでの破壊を記録するために、「ロシアが支払う」というプラットフォームが作成されました。ここでは、損傷を報告し、損傷の写真またはビデオの証拠を添付できます。被害物件の情報は、「ディーヤ」のデジタルアプリを使用して送信することもできます。将来、このようなイニシアチブは、犯罪者を裁判にかけ、補償を得るのに役立ちます。

世界中からの支援

本格的な侵略が始まると、世界中の多くの国々(カナダ・アメリカ・オーストラリア・イギリスなど)が、ロシアの銀行・オリガルヒ・支援またはクレムリン政権の活動を資金する企業の外国資産を凍結しました。その総額は約1兆ドルで、そのうち約3,000億ドルがロシア中央銀行の資産です。金額は、特にロシアの認可された外国資産の売却により、将来的に増加する予定です。これらの資金は、ウクライナの復興に使用される予定です。

SNS上では、ウクライナ人は戦後の人口密集地再建の見通しについて定期的に話し合っています。このような投稿を見ると、社会には、都市や村のインフラを復元するという決意に加えて、戦前よりも良くしたいという明確な願望があることがわかります。しかし、懸念事項も多いです。たとえば、戦闘行為の終結後、ウクライナは財政支援なしに放置されるため、完全な復興を開始できないということです。しかし、本格的な侵略が始まってからの最初の数か月でさえ、多くの国の政府が資金や専門家の支援を提供してウクライナの再建に参加する計画を発表したため、この恐怖は徐々に消えつつあります。

全面的な戦争が始まってから5か月目に、エストニア政府は、ジトーミルと近隣の人口密集地にある15の市民インフラの再建に参加する可能性があると発表しました。オヴルチ市で破壊された幼稚園の建設がもう始まりました。

ミコライウ市と近隣の人口密集地の再建へのデンマークの参加に関して、交渉が進行中です。それは、特定のインフラの再建と建設機械の提供に関するものです。

6月17日、ロンドンで開催されたイギリスとウクライナのサミットで、キーウの再建にイギリスが参加する用意があるという覚書が調印されました。そして8月25日、両国の運輸大臣は、ウクライナの運輸ネットワークを再構築するための共同行動計画に署名しました。鉄道・港湾・空港の修復において、財政的および専門的な支援を提供することを含めています。さらにイギリスは、穀物の輸出にとって戦略的に重要なルートを修復するために、いくつかのバスと機器をウクライナに引き渡します。支援の総額は、約40億ポンド (約1,700億フリヴニャ) になります。また、ポーランド・チェコ・イタリア・ギリシャ・日本その他の国の政府は、特定の都市の修復を支援したいという意向を表明しています。

同時に、6月15日、ウクライナ大統領は、戦争の影響からウクライナを復興するための国民評議会の設立に関する法令に署名しました。ウクライナの建築家のチームも同時に活動しています。 たとえば、AIMMenergy建築事務所は、破壊された建物を再建するためのソリューションを見つけるためのオンラインプラットフォームを立ち上げました。最新のエネルギー効率とエコビルディング技術を使用した建物の建設と再建のオプションがここで公開され、ウクライナのさまざまな戦後再建プロジェクトに関する資源が収集されます。

いくつかのウクライナの組織は、個々の建物の再建のための提案にすでに取り組んでいます。 たとえば、loft biuro社は、2022年3月末にロシア軍によって破壊されたミコライウ地域国家管理局を復元するためのいくつかのオプションを提供しました。特別作業部会も創設され、ウクライナ国立建築家連合 (NSAU) の建築会議所と共に、全面的な戦争の経験を考慮して、新しい住宅建設基準を策定する予定です。同時に、都市計画者たちは都市の再建に関するガイドブックを作成します。

これらすべては、「勝利の後にやろう」というものがウクライナのシナリオではないことを確信させます。 ウクライナ人は今、できる限りのことをしています。特に、多くの国立およびボランティアのイニシアチブが、占有者によって損傷を受けた構造物の修復および建設を継続しています。これには、全面戦争で家を失った人々の一時的な避難所となる仮設住宅が含まれます。

ヨーロッパの戦後の経験がウクライナにとって重要なのはなぜか?

ポーランド・ドイツ・オランダなどの一部の国々では、戦後、既存の困難を克服するだけでなく、生活の質の戦前の指標を上回ることに成功したという戦後復興を経験しました。 彼らの戦後の発展経験は、ウクライナがインフラをより迅速に復元し、通常の生活に戻るのに役立ちます。

ヨーロッパ諸国における戦後の復元の経験は必ずしも成功したわけではないことを強調することは重要です。ただし、過去の問題を分析し、考えられるすべてのリスクを考慮することは、ウクライナ人に同じような問題を起こさないように役立ちます。たとえば、ボスニア・ヘルツェゴビナでは、ボスニア戦争 (1992年〜1995年) の終結後、国が将来ヨーロッパに統合されるのを支援しようとした他の国々からの財政的およびさまざまなリソースの支援にもかかわらず、目立った経済成長はありませんでした。当時の過ちには、一般的な開発戦略と、復元プログラムを調整するための統一された中心組織の欠如・さまざまな組織の取り組みの重複・資金の不適切な使用・当局の管理能力の低さなどが含まれていました。

ボスニア戦争
ボスニア・ヘルツェゴビナでの戦争は、ボスニア・ヘルツェゴビナの領土における国際的な軍事紛争。 一方ではセルビアとモンテネグロ、他方ではボスニア・ヘルツェゴビナ共和国、そしてまた一方ではクロアチアの間で起きていた。

産業振興への資金の流れの監視と管理は、戦後復興を行う国にとって重要です。これにより、自社の利益のみを気にする1つの会社や企業の手に資金が集中するのを防ぐことができます。第二次世界大戦後、イタリアでも似たようなことが起こりました。当時、金融資産の大部分が大企業の代表者や個々の氏族によって引き継がれ、国の経済発展が鈍化しました。

ウクライナは、被害者への金銭的な補償を含む多くの社会問題を解決する必要があります。これは、被害状況に関するタイムリーな記録と敵の損害のレイティングの重要性を再度強調しています。もちろん、他国からの資金援助がなければできません。これまでのところ、それが新しい「マーシャル・プラン」になるなのか、ソフトローンなのか、それとも侵略国の補償なのかを推測することしかできません。最後のことに関しては、ウクライナにはまだ長い道のりがあります。この状況は次のように進行する可能性があります。賠償金を支払うというロシアの自発的な合意(戦争を開始することによって他国に与えた損害に対する侵略国による完全または部分的な補償 — 編集者)、および国際訴訟による侵略国であるロシアの凍結された資産の強制回収が行われる可能性があります。償還プロセスは何年も続く可能性があることを考慮に入れる必要があります。特に、ロシアとベラルーシの外国資産による補償の場合、そのような資源を所有する各国は、ウクライナにこれらの支払いを行うための独自の法的なプランを作成する必要があります。

マーシャル・プラン
第二次世界大戦後のヨーロッパ諸国への経済援助のためのアメリカのプログラム。1948年4月から1952年6月まで実施された。

2022年6月23日に、ウクライナはようやくEU加盟のステータスをもらったので、国の一般的な復興および開発戦略は、EU加盟に必要なタスクを満たさなければなりません。また、ウクライナの戦後復興に関連する多くのプログラムと戦略は、単一のセンターによって調整されるべきであり、その活動は、国際的なパートナーや専門家を巻き込んで監視されるべきです。

2022年7月4~5日にスイスの都市ルガーノで開催されたウクライナ復興に関する国際会議での議論のポイントの1つは、ウクライナ国家開発銀行の設立でした。このアイデアは新しいものではなく、第二次世界大戦の終結後にヨーロッパ諸国で運営された同様の機関の例に従って実装できます。このような銀行の主な目的は、資金の不正使用に対する障害を作成することによって、金融の受け取りを管理することです。また、この銀行は、一般の銀行や投資家にとってリスクのレベルが高い戦略上に重要なプロジェクトへの融資のおかげで、国の経済の復興に重要な役割を果たすことができます。第二次世界大戦後、西ドイツではKfW銀行がそのような重要な役割を果たしました。KfWは現在でも最も成功を収めている国有銀行の1つです。

KfW銀行
復興のための金融機関であるドイツ連邦共和国国立銀行は、中小企業の支援・社会インフラへの融資・輸出およびプロジェクトのファイナンス・リファイナンスなどを行っている。

経済と産業を改善させる

全面的な戦争は、ウクライナの経済に大きな打撃を与えました。本格的な侵略のわずか3か月で、総損失は1,000億ドルに達し、2021年の国内総生産の50%に相当します。

国の復興のための成功した解決策は、ウクライナ経済をEU経済システムに統合することです。 これには、ヨーロッパのさまざまなロジスティクスおよびインフラ設備に関するプロジェクトが役立ちます。たとえば、ウクライナの物流ルート(道路・鉄道・航空・水路)をTEN-Tプログラムの下でヨーロッパの物流ネットワークに含めること(2022年7月、欧州委員会はプロジェクトの表示マップにウクライナの物流ルートを含めました)、ヨーロッパ諸国との国境にある既存の検問所の再建と新しい検問所の開設、鉄道のヨーロッパ形式の標準軌道への移行などです(幅1435mmの標準軌道が世界で広く普及していますが、ウクライナの鉄道には現在、主に国境地域にはそのようなセクションが数カ所あるものの、残りの鉄道線路には幅1520 mmの線路が敷かれています。 —編著)戦闘は進行中ですが、ウクライナとEU諸国はウクライナからヨーロッパへの貨物輸送の自由化について交渉し、穀物の輸出と必要な商品の輸入のための「連帯のルート」を作成し、ヨーロッパの港などのウクライナの商品の輸出を支援しています。これらの開発はすべて、戦争が終わった後でも関連性を失いません。

TEN-T
トランスヨーロッパの輸送ネットワークは、ヨーロッパ諸国・鉄道・空港・水路のクロスカット接続を作成することを目的としたEUインフラ設備のプロジェクトです。

ロシア軍は、さまざまな分野と規模のウクライナ企業を解雇することを目的としています。幸いなことに、多くの企業は、機器や原材料または準備ができている商品を避難させることができました。しかし、一部は部分的または完全に仕事を止めることを余儀なくされました。イリッチ冶金コンバインとマリウポリのアゾフスタリ冶金工場、キーウのアントノウ航空工場、クレメンチュクの石油生産工場、ミコライウの「ゾリャ(星)ー マシュプロジェクト」科学・生産複合体などです。

写真:Anton Shevelov

企業の破壊による正確な損失を推定することは非常に困難ですが、ウクライナだけでなく世界にとっても結果をもたらします。たとえば、完全な侵略の始まりとともにマリウポリの防御の前基地になったアゾフスタリ工場は、毎年数百万トンの鋳鉄、鉄、巻き上げを生産していました(その種の一部はあそこでのみ生産されました)。この工場は、マリウポリに12,000以上の雇用を提供しました。最後のアゾフスタリの完全停止した年は、ナチスドイツとの戦争のために1941年で、1943年に作業を再開しました。2022年4月、ロシア軍は工場を空爆し続けており、実際に破壊しました。

また、ロシアの攻撃の結果として、ドネツク地方のソレダール市の企業「アルテムシリ」は稼働を停止しました。その後、ウクライナではしばらくの間塩の不足が生じました。なぜなら、アルテムシリ」は国内および外国市場の両方で働いていた国内最大の食塩製造企業であるからです。

戦後の生産回復の文脈では、韓国の例を考慮する価値があります。朝鮮戦争の終わり(1950年〜1953年)の後、国は南部と北部に分かれていました。北朝鮮の産業は戦前に開発されましたが、南部は科学技術の発展に投資するために、徐々に輸出で再配置されなければなりませんでした。 韓国に対するアメリカの金銭的保護のおかげで、この開発はそれほど速くありませんでしたが、徐々に回復しました。

朝鮮戦争
朝鮮民主主義人民共和国と大韓民国の間の武力紛争。

日本は第二次世界大戦後に同じように発展しました。この場合、アメリカは地元のオリガルヒと戦い、自由市場を開発しようとすることで、敗北した国の世話をしました。国の完全な発展は、土地・税・労働分野の多くの改革に先行していました。

生産のローカリゼーションは、ウクライナの完全な装備された戦後開発にとって重要な条件になる可能性があります。少なくとも60%の製品を国内で生産する必要があります。 ちなみに、それは、戦後のウクライナの再開で指定されており、2022年5月に最高議会(ヴェルホーヴナ・ラーダ)のプロファイル委員会が承認しました。この計画は10年間設計されており、欧州統合を強化し、私的イニシアチブを支援することを目的としています。

改善するチャンスとしての再建

住宅の建物だけでなく、建築モニュメントといった文化的な宗教的な建物、自然保護区のモニュメントなども、ロシア軍の攻撃ターゲットになっています。 しかし再建は、人々の本当のニーズ・景観の特徴・環境や美学などといった歴史的遺産と現代の文脈を考慮することで、ソヴィエトと現代の公共空間計画の非効率的または道徳的に時代遅れの慣行から離れる良い機会になる可能性があります。

戦争の結果として破壊された集落が戦争前よりも良くなった例は数十例知られています。豊かな建築遺産を持つ復元された都市であるワルシャワ(ポーランド)とミュンヘン(ドイツ) 、歴史的な建造物が現代と調和して組み合わされた再開発による再建があるロンドン(イギリス)とケルン(ドイツ)、戦前の生産能力の再建に重点が置かれたとき少量の歴史的および建築的遺産を持つ工業都市の「復活」の例であるドルトムント(ドイツ)などがこのことを示しています。

他の国の失敗とリスクを考慮に入れることは、ウクライナが大規模な戦争中および戦争後の再建の課題によりよく対処するのに役立ちます。1992〜1995年のボスニア戦争後、ボスニア・ヘルツェゴビナの首都であるサラエボの復興があまり成功しなかった例は参考にすることができます。当局は、市を支援する組織を調整するための単一のプラットフォームを作成しなかったという過ちを犯しました。多額の投資が行われました(1996年から2002年にかけて世界銀行がEUと協力して開催したドナー会議ではプロジェクトのために約51億ドルが調達されました)が、実際サラエボの再建は表面的な修理のみに限定されていました。しかし、都市と国全体のシンボルであるサラエボの国立図書館と大学図書館の修復に費やされたのはわずか85万ドルでした。これらの間違いにより、都市は現在、高層ビルが密集している場所で、いくつかの趣のある地区で構成されています。現代のサラエボの典型的な問題は、人口過剰・交通渋滞・環境問題です。

Share this...
Facebook
Twitter
Share this...
Facebook
Twitter

ウクライナの町や村での生活の詳細を考慮に入れることは、ウクライナの集落の再建計画に携わる都市計画者(特に外国人)にとって重要です。コミュニティは非常に多様であるため、同じソリューションが特定のコミュニティでは機能しない場合があります。したがって、各集落がどのように生活しているかを理解することは非常に重要であり、そのためにはコミュニティとの協力を確立する必要があります。

いくつかの場所では、特定の破壊または損傷した建物を再建することの本質と便宜を再考する価値があります。ウクライナには、橋、工場、ホテル、健康施設など、時代遅れのソヴィエトの遺産がたくさんあります。それらのメンテナンスは高価で、時には非現実的です。また、ソヴィエト連邦が産業施設の周りに都市を建設する弱点ありの慣行があったことも忘れてはいけません。工場や工場が衰退した後、その場所は無人になりました(オルビタ、ツクロヴァリウ、ステプノヒルシク、テプロダールなど。) 今、ウクライナ人はそのようなパラダイムから離れることができます。

ヨーロッパの都市の例にならって、かつてのリゾート地を廃墟から再建する代わりに、この地域の高速鉄道接続の開発に投資できます。したがって、乗客は必要な距離にすばやく移動でき、必要に応じて最寄りの大都市の空港に便利に行けます。オーストリア・ドイツ・イタリア・フランスなど、鉄道接続が発達したヨーロッパ諸国の経験は、ここで実例となります。これらの国の空港は大都市から離れた場所にあることが多く、鉄道で結ばれています。これは、ボーヴェ(パリ)・メミンゲン(ミュンヘン)・ケルン=ボン・ライプツィヒ=ハレなどの国際空港の配置方法です。同時に、高速鉄道路線のネットワークがあるので、乗客は別の旅行オプションを使用することができます。

しかし、おそらくウクライナにとって最大の課題は、予期せぬ行動をする可能性のある非友好的な近隣諸国(ロシアとベラルーシ)です。 この国々と将来的にも国境を接する必要があるため、十分な数のシェルターの存在、建物構造の強化、丘、運河、川などの自然の障害物の作成、軍事および倉庫施設の配置の戦略的計画を作戦することはこれからも長い間必要となります。 和解の外観と快適さだけでなく、ウクライナ人の安全もこれらのソリューションの品質にかかっています。 特に、政府は 2022年7月に、新しい建物の設計および建設中に避難所を配置する必要性に関する法律を承認しました。

市民を帰らせる

国の再建は、物理的な設備の回復だけではありません。ウクライナは既に資格のある経験豊富な労働者を必要としており、勝利後、この問題はさらに緊急になります。そして、政府は、ウクライナ人が外国ではなく尊厳をもって自国に住むことができるようにするために一生懸命頑張らなければなりません。

さまざまなデータによると、EU諸国でのウクライナ人の数は約55〜700万人です。全面的な戦争の前に、約300万人が職場や訓練で海外にいました。「レイティング」 社会学的グループの調査によると、ウクライナ市民の90%は永住のために外国に移住することを計画していません。しかし、キーウ国際社会学研究所の調査によると、インタビューを受けたウクライナ人の半数だけが、将来の危険が残っている場合、子どもたちをウクライナに暮らせさせる予定だそうです。

2022年4月以来、ウクライナに帰ってくる人の数はウクライナから出る人の数よりも大きいです。理由の中で、家族のところに戻りたいという願望、居住地域がより安全になったという感覚などがあります。外国で定住と仕事がないため、ウクライナに帰って来る人もいて、外国に残る人もいます。社会学者はさまざまな数字を呼び出します。外国に移住した人の総数の5%から10%です。これらの人々は、将来外国に留まる可能性があります。

ウクライナ政府は、市民が祖国に帰ることを奨励させる方法を検討しています。ウクライナに帰った後、一定期間、難民に財政的支援を提供する可能性について、EU諸国と交渉が進行中です。 彼らはまた、国家の再建に役立つ仕事のためにウクライナ人を雇うための追加資金の提供と、帰国する人々のための一時的なベーシックインカムのプログラムの創設についても話し合っています。特に、これらの側面のいくつかは、ウクライナの復興計画のプロジェクトに予見されています。

国内に残った人々のリハビリテーションには特別な注意が必要です。退役軍人の心理的適応と平和な社会生活への関与、戦争中の障害や心的外傷後症候群からのリハビリテーション、国内避難民への支援などです。

2014年のロシア戦争の開始後、ウクライナはすでに軍人たちのリハビリテーションの経験を積んでいます。現在、軍関係者とその家族に法的・社会的・心理的支援を提供し、医療リハビリテーションと軍関係者の専門的な再訓練に従事し、教育と社会復帰を支援する組織が多数あります。たとえば、ウクライナのギリシャ・カトリック教会の慈善団体「Caritas Ukraine」・市民団体「Pobratymy」・慈善基金「ウクライナ支援国際協会((IAPU))」・軍用援助基金「Come Back Alive」などです。

多くの医療リハビリテーション施設と精神保健センターは、政府の支援により無料または割引料金で軍人たちを支援しています。治療およびリハビリテーションのプログラムは、軍関係者および外国でも利用できます。ウクライナの兵士は、リトアニアとオランダでこの機会をすでに利用しています。同様のプログラムとリハビリテーションのセンターがノルウェーとドイツに間もなく登場する可能性があります。交渉は全面戦争の4か月目に始まりました。

また、民間人のためのさまざまな心理的支援およびカウンセリングのプログラムもあります。 それらは、ウクライナのさまざまな地域と外国の両方で利用できます。多くは無料であるか、わずかな料金でサービスを提供しています。国内避難民、障害者、LGBTQ(IA+)コミュニティなどのための心理センターやシェルターが出現しています。

LGBTQ(IA+)
英語から、lesbian(レズビアン)・gay(ゲイ)・bisexual(バイセクシュアル)・transgender(トランスジェンダー)・queer/questioning(クィア/クエスチョニング)・intersex (インターセックス)・asexual(アセクシャル)の各単語の頭文字を組み合わせた表現です。

ウクライナのインフラ施設の再構築と市民の通常の生活に戻るプロセスは、長く、困難なプロセスになりますが、現実的なプロセスです。すでに、ウクライナ人は団結しており、世界コミュニティから強力な支援を受けています。ヨーロッパ諸国の戦後再建の既存の経験を研究することは、国の改善をより有意義にするのに役立ちます。このプロセスをロシアのウクライナでの戦争中に始めることが重要です。そして、ウクライナ人は国を築き、すべての脅威を克服することを決意しているため、ウクライナの勝利の後も続くでしょう。

コンテンツ作成スタッフ

プロジェクト企画:

ボフダン・ロフヴィネンコ

企画:

アンドリー・シェスタリュク

編集長:

アンナ・ヤーブルチナ

編集:

イヴァンカ・スヴィトリャル

写真編集:

ユーリー・ステファニャク

コンテンツマネージャー:

カテリーナ・ユゼフィク

翻訳:

ユリアーナ・ロマニウ

翻訳編集:

藤田 勝利