Share this...
Facebook
Twitter

「占領地からの声」は、ロシアの占領下に暮らし、そこから去ることができたウクライナ人に関する物語です。第一弾では、スロビダ地方の占領下のアリシウカ村で2か月間過ごした農家のエウヘンのストーリーをお伝えします。

アリシウカ村は、ハルキウの北に位置する典型的な静かな村で、ロシアとの国境から2kmの場所にあります。ロシアとの本格的な戦争が始まって以来、そこは占領下にありました。アリシウカに住んでいた約60人の農民が、そこに「ロシアの平和 / 世界」を実現しに来たロシア軍と対峙しました。エウヘンと彼の家族はそこを去ることを余儀なくされました。彼は彼の農場からさらに数頭のヤギを避難させることに成功しました。

全面戦争以前の生活

エウヘンはハルキウで生まれ、そこに暮らしていました。彼はハルキウ動物獣医アカデミーで学び、その後行政分野で修士号を取得しました。彼は地方自治機関とIT分野で働いていました。2016年、彼と彼の家族は、妻の両親の土地があったアリシウカに引っ越しました。そこで彼は、Seven gardens family farmという農場をゼロから建設し、そこで畜産とクラフトチーズの生産に従事しました。2022年には、すでに50頭のヤギがいました。純血種と部分的に純血種のアングロ・ヌビアンヤギです。また、彼がヤギと牛のミルクを処理するチーズ工場もあります。牛のミルクは月に最大5トン、ヤギのミルクはそれより少し少ない量が処理されました。

アングロ・ヌビアンヤギ
19世紀に飼育されたイギリスのヤギの品種

村には主に高齢者とエウヘンの家族が住んでいました。家族は75㎡の広さに農場と自分たちで建てたシンプルな建物を持っていました。

多くのウクライナ人と同じように、エウヘンの人生は2022年2月24日に変わりました。彼の話から、彼はその日をとてもよく覚えていることが明らかです。午前5時に、彼はちょうどチーズ工場でチーズを作る準備をしていました。彼はすでにミルクの低温殺菌を開始していました。そこで最初の爆発を聞いた後、ミサイル弾を立て続けて見ました。彼によると、ロシアの占領軍の軍事兵器は、ウクライナの北東の国境に隣接するロシアの領土であるベルゴロド州に駐留していました。そして、敵のミサイルがそこから来るのを見ました。日中、彼の父親はハルキウから来て、3人の子供、書類、たとえば写真付きのハードディスクなどといった電子機器を持って行きました。これは家族にとって最も価値のあるものでした。エウヘンと彼の妻は、動物を見捨てることができなかったので、農場にとどまりました。

「シャベルを持って、墓を掘れ」

— 3月12日、ロシア軍が村に入りました。彼らは私たちの農場を含むすべての家を捜索し、略奪しました。その日以来、彼らはアリシフカを去らず、まだそこにいます(記事のリリース時点では、村はまだロシアの占領下にあります。)

エウヘンは、彼の家を捜索している間、ロシア軍は疑わしいものを探していたと言い、それから彼らは彼のライフルを持っていった、といいます。

ー おそらく彼らは、私が兵士かスパイであるというサインを見つけようとしていたのでしょう。約15人のロシア兵がおり、4月中旬にさらに50〜60人のカバルド人(北コーカサスの民族の一つ)が村に入って来ました。彼らは定住し始めました。村は小さく、40〜50件の家があり、そのほとんどは空です。捜索は定期的にありました。彼らはウクライナのパルチザンがいるかどうかを見に来ました。人々が住んでいた場所では、彼らは定住せず、略奪もしませんでしたが、空の家はすべて略奪されました。

彼によると、占領中はコミュニケーション手段を持つことは困難でした。

ー 毎日通信が悪化していました。塔が砲撃され、インフラが損傷しました。「Life」(Lifecell)というキャリアだけが残っています。ローミングをオンにしたところ、通信電波は1つだけしか表示されていました。なんとか親戚と連絡を取ることができました。だから私たちは1台の電話を隠しました。

エウヘンの家の屋根にはソーラーパネルが設置されていました。平時における快適で環境的なアドバンテージは、占領中に不可欠なものとなりました。

ー 携帯電話と懐中電灯を充電できました。これはおそらく、私が何かを持っていることで彼ら(占領者)を悩ませたものです。多分、私を脅かして街から追い出し、後で奪うという戦略だったのでしょうか。今それが何であったかを言うのは難しいです。でも…でもそういうことだったのです。

エウヘンが回想するように、ロシア軍は捜索中に彼らの家で電話を注意深く探しました。どうやら、占領者はそれが隠されている可能性があると想定していました。

ー 彼らは来て、「お前の家に携帯電話のシグナルがあるという情報が偵察部隊からあった」と言いました。彼らは私になぜ私が電話を持っているのか、なぜ私がそれを隠したのか、私が何か情報を伝えているのかどうかを尋ねました。
エウヘンの電話は、彼が言うように、2回目の検索中に占有者によって発見されました。これはエウヘンたちが去る前日であり、最終的に彼らにできるだけ早く村を去るように促しました。

ー 彼らは私の電話を持って行き、彼らが言ったように、それは検査のためにベルゴロドのFSB(ロシア連邦保安局)に送られました。単に見つけることができなかった隠された写真がありました。しかし私は、彼らが本当に専門家である場合、何かを見つけることができると思いました。

彼らは私たちが村全体で唯一の若い家族だったので私を選びました。そして彼らは「お前はこの村で我々を支持していない唯一の人だ。お前は監視されている」と常に言っていました。彼らは電話を見て、妻に関して脅迫と冗談を言われました。「お前の妻を見せろ、彼女は若いか?」と訊かれました。それから彼らは私を森に連れて行き、私にライフルを向けて、「シャベルを持って、墓を掘れ」と言いました。私は自分のために墓を掘り、彼らは私の頭にライフルを置き、撃つ準備をしました。
エウヘンは、彼らは自分を殺すつもりはなかったと理解した、と言います。

ー ある種の茶番だと感じましたが、この茶番が一発の銃撃で終わる可能性を排除しませんでした。また、私が彼らの目標が脅迫であることを見て理解していたので、私が恐れず、震えず、泣かなかったということに彼らがイライラしていました。これですべてが終わるのではないかという考えがありました。私はすでに人生に別れを告げていました。しかし、彼らは私を殺すつもりはなく、私たちはただ森を出て解放されました。そして、彼らは夕方に再び私たちのところに来て、車のタイヤを切って、バッテリーを取り外しました。迫撃砲が私の隣人の近くに置かれたので、私の隣人は自分の車に乗って私のところに来ました。そしてその車のタイヤも切られ、バッテリーが取り外されました。それから私は何かをしなければならないことに気づきました。

隣の敵と一緒に暮らす

一部の人々は、ロシア軍とやり取りしていることから、占領地の人々を無謀にまたは故意に非難しています。しかし、多くの場合、そのような都市や村の住民は、彼らの安全と命の保護のためにこれを行うことを余儀なくされています。エウヘンもこれを経験しなければなりませんでした。

ー さまざまな兵士がいて、若い男性もいましたが攻撃的ではありませんでした。そして、彼らがまともだとわかったとき、私は彼らと話し、そして彼らはそのまますべてを話しました。彼らが「何も必要としていない」こと、特にコーカサスからのものを必要としていないことも話していました。彼らによると、彼らは兵士であり、刑務所に行くか(ウクライナでの戦闘を拒否すれば刑事責任を負うと言って、ロシア当局は兵士を脅迫している)、または戦闘に行くかを選択できます。そして私は「あなたは戦うことができない。そんなことは必要としていないと言って、それから拒否する旨を書きなさい」と彼らに言いました。彼らは「まあ、拒否するが、住宅ローンと借金がある。そして、拒否した場合、明るくない未来が待っている」と言いました。

エウヘンは、彼と彼の妻が最終的にアリシウカからの避難を決定した理由を想起しています。

ー 私たちが去ったもう1つの理由は、家の近くにロシア軍が塹壕を掘り迫撃砲を置いたことです。つまり、戦闘が始まれば、それはすべて私たちすぐ近くで起こることになります。したがって私たちは、滞在することはすでに非常に危険であることに気づいたのです。もちろん、これらすべての装備が隣にある時、すべてを耳にします。それぞれがどのように異なって発射されているか、異なる音、地面が揺れているか揺れていないか、爆発があるかないか、などです。そして、砲撃、一斉射撃、ミサイル、「スメルチ」、「ウラガン」など、後にそれが何であるかを理解します。ロシアから発射された場合、私たちは恐れていませんでした。しかし、戦闘が私たちから直接5km離れたところで始まったとき、ウクライナ軍がアリシウカを撃ち始める(敵を排除するために)というリスクがすでにありました。しかし、村は攻撃されず、近郊で砲弾が着弾しただけでした。ロシア人はアリシウカの隣の野原に彼らの設備を設置したので、私たちから1、2キロ離れたところにその砲弾が着弾したのです。村に設置された迫撃砲が攻撃される危険性がありました。ロシア人は家の間に装備を置き、それを隠し、枝で覆いました。

ロシア軍がハルキウに行かないこと、ここで占領が行われないことを望んでいたので、私たちは最後までいました。ウクライナ軍がここに来て、防衛し、すべてがうまくいくだろうと私たちは考えていました。

避難

エウヘン夫婦は4月27日に出発しました。最も価値のある繁殖ヤギを連れて行ったトレーラーを一緒に持っていました。彼らは可能な限り多くの動物を連れていき、8匹の動物を連れていきました。そして、ヤギは水を食べたり飲んだりするのをやめてストレスで死ぬ可能性がありましたが、ヤギたち何とか連れていくことに成功しました。エウヘンにとって最も難しい決断は、彼の動物を残すことでした。

ー 私たちが去ったとき、私たちは囲いと小屋のすべてのドアを開けて、動物たちを外に出しました。彼らが今どうなっているのかは不明です。通信もなく、村はまだ占領下にあります。

エウヘンは、アリシウカからロシアの検問所まで5kmであると言いますが、その時点でそこはすでに閉鎖されていました。戦闘はすでに村から5kmのところで行われていたため、兵士たちは検問所を通過することを許可しませんでした。ウクライナに去る可能性もありませんでした。なぜなら、占領者​​は通過を許可しなかったからです。

— 私たちは、ロシアとの国境沿いの未舗装の道路にある25の検問所を6時間運転しました。それから8時間かけて国境を越えました。ロシア側では、国境警備隊が捜索を行い、車をスキャナーに通しました。それから私たちはベルゴロドを通ってラトビアとの国境まで、ウクライナとベラルーシの国境に沿って、ラトビアまで約1,100キロ運転しました。さらに40時間国境にいました。

そこから私たちはリトアニアの友人のところへ行きました。彼らもヤギ農場とチーズ工場を持っています。私たちはそこで一晩を過ごすことだけを計画していましたが、それから彼らは滞在することを提案してくれました。「残ってください。農場には理解できる人が必要です。そのような人たちを長い間見つけることができませんでした」と言ってくれました。私たちは動物をそこに残し、ウクライナに行きました。ヴォリーニで農家をしている友人のところへ行き、そこで私たちはほぼ2週間滞在しました。彼らはそこで書類を作成し、車を修理し、両親は私たちに旅行用パスポートを送ってくれました。それから私たちは子供たちをスロヴァキアに連れて行き、そこから再びポーランドを通ってリトアニアに行きました。

エウヘンと彼の家族は今は無事ですが、彼はまだ不安を感じていると言います。

ー すべてがまだ潜在意識の中にあるので、私はまだすべてが終わったとは言えません。極端な条件下にいる間では、それは感じられません。自分がしなければならないことを理解しています。どんな感情も消え、心だけが残ります。しかし今、そのような瞬間がカバーされ始め、。私たちが失ったもの、私たちが経験したこと、私たちの精神で次に何が起こるか、これらすべての問題をどのように解決しなければならないかなど、すべてが表面化し始めています。特にここ最近、夜中にそれはすべて夢で出てきて、そしてすべてが再び戻ってきます。そして、朝、15分から20分の間、自分がどこにいるのか、自分が誰であるのか、近く誰がいるのか、すべてが大丈夫であることを思い出すのです。

エウヘンは、自分の前に待っているものは未知であると言います。ウクライナの大部分、特に占領地と占領から解放された領土には地雷が仕掛けられているため、家に帰っても安全かどうか、彼と彼の妻には分かりません。また、地雷撤去は、設置よりもはるかに長く困難なプロセスです。エウヘンは、これが一時的に占領された集落から結局離れない理由の1つであると示唆しています。故郷に二度と戻れないことを単に恐れているのです。

— まだ占領下にある人たちのために、自分の人生に対して責任ある姿勢を取ることを私は勧めます。私たちは可能な限りすべてを保護したいと思っていましたが、命への本当の脅威が現れたとき、自身が殺害され得るという事実と比較して物質的なものは些細なことのように見えるのです。したがって、早期に避難を決定する必要があるのではないでしょうか。

コンテンツ作成スタッフ

プロジェクト企画:

ボフダン・ロフヴィネンコ

企画:

ヴラディスラヴァ・クリチカ

編集:

アンナ・ヤブルチナ

インタビュアー:

フリスティナ・クラコウシカ

写真編集:

ユーリー・ステファニャク

トランスクライバー:

ヴィターリー・クラウチェンコ

トランスクライバー:

ジアーナ・ストゥカン

ヴィクトリヤ・ブドゥン

カバー作者:

アナスタシヤ・ハジノバ

コンテンツマネージャー:

カテリーナ・ユゼフィク

翻訳:

藤田 勝利