「戦争は平和である」ロシアの近代戦争と帝国主義文化

Share this...
Facebook
Twitter

侵略戦争ほどロシアが際立ったものはありません。また、ロシアが始めた戦争の「軌跡」は、21世紀に入っても侵略国がハイブリッド戦争の汚い手口でどんな戦争からもきれいさっぱり抜け出せると期待していることを印象づけています。私たちは、ロシア帝国主義と、それが30年来蒔いてきた災厄の探求をお伝えします。

ロシアの戦争に対する社会的な見方は歪んでいる。チェチェンのバムート市を砲撃するため、ロシア兵が「故郷に平和を」と書かれた大砲を装填している上の写真が、その鮮やかな例である。この写真は1996年に撮影されたものである。26年間、何も変わっていないようだ。2022年4月、ロシア兵はウクライナの都市に落とした爆弾に「ハッピーイースター」と書き込んだ。

チェチェン戦争
第一次チェチェン戦争は1994年~1996年、第二次チェチェン戦争は1999年~2009年に起こった。

2022年のユーロビジョンで、ウクライナの出場者であるKalush Orchestraは、マリウポリで包囲された防衛者たちのために支援を呼びかけた。「マリウポリ、アゾフスタリを今すぐ助けてください」とミュージシャンはステージから言った。ロシアの空軍将校もこのコンテストを見ていたようで、直後にマリウポリに投下される爆弾の画像を公開し、そこにはKalush Orchestraの熱い訴えを嘲笑うような文言が書かれていた。

ロシアでは何世紀にもわたって戦争賛美の文化が根強く残っている。他国への侵略は、不安定な帝国社会にとって、しばしば結束の拠り所となった。ロシアの歴史的な戦争の一覧を見ると、想像を絶するものがある。現代に到達する前に、スクロールに飽きてしまいそうだ。「ロシアのシェイクスピア」と呼ばれる詩人アレクサンドル・プーシキンは、1831年にこう書き残している。

「私たちの数が少ないと思っているのか?
ペルミの町からクリミアまで
フィンランドの崖からジョージアの海岸まで
クレムリンの大広間から中国の城壁まで
兵士の槍の鋼鉄の輝きで
ロシアは立ち上がることができないのか?」

“To the Slanderers of Russia” / «Клеветникам России»
この詩は、パンフレット「ワルシャワの占領について(На взятие Варшавы)」に初めて掲載された。ロシア人は、この文章を、当時のフランス国会議員のロシア嫌いな立場に対する返答だと考えている。

19世紀のワルシャワ蜂起をロシアが残酷に打ち砕いたとき、プーシキンはこの詩を、憤慨したヨーロッパ諸国に宛てて「ポーランドは我々の植民地だ。お前たちが自分のことを心配しないなら、もっとひどいことができる」と本質的に述べた。この「力こそ正義」という姿勢は、ニコライ1世、独裁者スターリン、プーチン大統領など、どの政府が権力を握っているかに関係なく、何世紀にもわたって続いている。

ワルシャワ蜂起
ワルシャワで始まった、ポーランド人とリトアニア人によるロシア帝国に対する民族解放の蜂起

このようなロシアの帝国主義文化については、何冊もの本を執筆することが可能だろう。ここでは、1990年から2021年まで、こうした「由緒ある」植民地戦争の伝統がどのように続いてきたかを概観してみよう(ロシアの現在のウクライナ戦争は別途取り上げるべきものである。)

トランスニストリア紛争(1990-1992年)

*激しい軍事衝突期間を指す

トランスニストリア紛争は、ソ連崩壊後、近代ロシアが初めて経験した植民地的「平和維持」(実態は若い独立国への軍事介入)であった。また、ロシアが旧「植民地」(旧ソ連の共和国)に自由で独立した道を歩ませる最初の機会の一つでもあった。しかし、このチャンスをロシアは無視しただけでなく、悪用した。

プリドニストローヴヤ
別称はトランスニストリア(ルーマニア語由来)。モルドヴァのドニステル川沿いにある歴史的な地域。

1988年以来、モルドヴァには緊張が漂っていた。ソ連はトランスニストリアを自治区として形成し、そこにソ連(後にロシア)第14軍を駐屯させ、モルドヴァ議会にロシア語を唯一の国語とすることを強制しようとするなど、紛争の土壌を作り出していたのである。

1991年から1992年にかけてソ連が崩壊し、モルドヴァが国連から独立国家として承認されると、事態は一挙に動いた。「新生」ロシアが帝国であることを選択した瞬間だった。モルドヴァを手放すわけにはいかなかったのだ。

1992年3月1日~2日の夜、ロシアの非正規軍がトランスニストリアの警察署を襲撃し、32人の警察官を人質に取った。すぐにモルドヴァの町、ドゥボッサルイとベンデルで戦闘が始まった。分離主義者にはロシア軍から装甲車が供給された(2014年にロシアが主張した「ドネツク分離主義者は炭鉱に捨てられた戦車を見つけただけ」というデジャヴめいた呼称がある。)

2014年
ロシアはウクライナ東部で戦争を始めたが、内戦と称して自国の参戦を否定した。

紛争中、ロシア軍は絶えずモルドヴァ軍を砲撃した。トランスニストリアに駐留するロシア正規軍の兵士はは1万4千人、ロシアが武装・訓練する分離主義政府は9千人の兵力を有していた。1992年7月、モルドヴァは大きな損失を被った後、ロシア側と和平協定を結ぶことを余儀なくされた。それ以来、紛争は凍結されている。

トランスニストリアは、いまだに世界のどの主権国家からも認められていない。ロシアの軍隊は2022年までそこに留まり、モルドヴァを脅迫し、ロシアの影響力を行使するために使われる力である。

*
ウクライナ軍によると、2022年4月2日、ウクライナとの国境で挑発行為やデモを行うために、ロシアはトランスニストリア地方に軍隊を再配備した。しかし、2022年以前にもロシア軍の部隊は常駐していた。

また、ロシアの帝国主義的野心が、トランスニストリアのような場所で実際の人々に与える長期的な影響も観察することが重要である。ソ連時代、トランスニストリアはモルドヴァのGDPの4割を占める最も豊かな地域だった。

ロシアが領土を宙づりにして凍結した後、貧困と犯罪のスパイラルに陥った。行ったり来たりするロシアの補助金に完全に依存し(2017年にロシアは支払いを停止し、トランスニストリアは文字通り国庫が空になる寸前だった)、密輸と違法武器取引の温床となり、多くのジャーナリストと政治アナリストは、現地マフィアが事実上支配する国である、と主張している。

すぐに気づくだろうが、現代のロシア帝国が行くところには、どこでも不幸がつきまとうのである。

第一次チェチェン戦争(1994年〜1996年)

これは、軍隊と重火器が実際に大量に使用されたという点で、近代ロシアにおける最初の本格的かつ血生臭い戦争であった。この戦争は、ロシアのパイロット、戦車兵、そして砲兵士官の「学校」となり、そこで彼らは都市全体を瓦礫にする方法を学んだ。この知識は、後にシリア、そしてウクライナで使用されるものである。

注目すべきは、これがすべて「ロシアの自由化」とされる時期に起こったことで、ソ連崩壊への陶酔、マイケル・ジャクソン、クリントン夫妻、アーノルド・シュワルツェネッガーが「新しく自由な」モスクワで写真撮影をしていた時代であることである。西側諸国は、自由と変化が可能であると信じたかったのだ。しかし、その頃、ロシアはすでに抑圧的な帝国の復活に力を注いでいた。植民地戦争は、民主主義世界のほとんど目に触れることなく、水面下で進められていたのである。

1990年から1991年にかけて、チェチェン(ソ連の小さな共和国)では、ソ連を脱退して独立国になることを求める政治的プロセスが始まった。親ソ連派と独立派が激しく対立し、最終的に後者が勝利し、その指導者であるジョハル・ドゥダエフが72.1%の票を獲得して大統領に就任した。モスクワでは、チェチェン共和国のコントロールが効かなくなり、パニック状態に陥った。

ソ連崩壊後、事態は一転して、ロシア政府の決断は後に2014年から2022年にかけてウクライナに関して行うこととほぼ同じものとなった。モスクワはまず地元の反政府運動に資金を提供し、武器を供給し、ロシアの特殊部隊を送り込むことから始めたのだ。

これらの方法はすべて結果を出すことができなかった。そこで1994年、ロシアのエリツィン大統領はチェチェンへの全面侵攻に踏み切った。エリツィンの安全保障と軍事のアドバイザーは、「作戦はすぐに終わる」「地元の人たちはロシア兵に花束を渡すだろう」と説得した。帝国主義の思考回路は30年近く変わっていないのだ。

1994年に始まった本格的な戦闘では、ロシアが軍事施設に砲撃を加え、航空爆撃を行い、チェチェンの首都グロズヌイはほとんど瓦礫の山と化した。1996年、チェチェン共和国のドゥダエフ大統領がロシアの特殊部隊によって暗殺された。これは、ロシアによるチェチェン共和国指導者の政治的殺害の最初の例であった。

有権者に戦争を正当化するために、ロシアのエリツィン大統領は「過激派からロシアを守るための特別作戦」と呼んだ。ロシア政府の他の寄せ集めの言い訳には、「チェチェンでのロシア人の大量虐殺」や「チェチェンが犯罪者やテロリストを我が国に輸出している」とするものがあった。

ロシア軍は廃墟と化した首都グロズヌイを占領したものの、チェチェンの辺境山岳地帯を攻略しようとして敗北し、戦闘は膠着状態に陥った。1996年7月に停戦協定が結ばれたが、ロシアはその条件を守らなかった(ロシアがミンスク協定を守らないというのも、またデジャヴめいたものがある。)戦争は再開され、今度はロシアが完全に敗北し、チェチェン人がグロズヌイを解放することになった。1996年8月31日、紛争当事者間でハサヴユルト協定が締結され、その後3年間の紛争は凍結された。

この戦争の犠牲者の推定は、実にさまざまである。ロシアの爆撃による民間人の死者は、出典によって1万人から20万人までとされている。ロシアは、1万7千人以上のチェチェン軍を殺害したと主張した。ロシア兵士の母の委員会は、1万4千人のロシア兵士が死亡または行方不明になったと推定している。

戦争中の人道的危機により、20万人のチェチェン難民が近隣地域へ避難した。

第二次チェチェン戦争(1999年〜2009年)

第一次チェチェン戦争後、チェチェンは議会、政府、国家通貨を機能させていた。しかし、世界のどの国からも独立国家として認められてはいなかった。さらに、北コーカサス地方には、ロシア帝国の脅威とソ連の崩壊によって、宗教と民族の緊張が長く続いたため、地域紛争がさらに激化した。1999年8月、ダゲスタン(これも旧ソ連の小さな共和国)とチェチェンの間で戦闘が発生した。チェチェンの指導者は、ダゲスタンの臨時政府を力づくで押し付けた。

チェチェンが地域大国となり、さらに多くの共和国をロシアから切り離すことを恐れたモスクワは、再び侵攻に踏み切った。侵略を正当化するレトリックは、チェチェン人がロシアを攻撃しようとする国際的なテロリストであるという、同じような使い古されたセリフで展開された。

しかし、この時のプロパガンダは、もっと先まで及んでいたかもしれない。1999年9月、モスクワ、ブイナクスク、ヴォルゴドンスクで連続テロ事件が発生した。何百人もの死者が出た。ロシア政府はチェチェン共和国のテロリストとしたが、その後の調査で主な容疑者はスラブ系、中央アジア系であることが判明した。しかし、事実が明らかになる頃には、そんなことは問題ではなく、世論はすでに形成されていたのである。国民は恐怖を覚え、プーチンが「防衛戦争」と称した戦争を受け入れる用意ができていたのだ。

他の多くのロシアの戦争と同様、その原動力の少なくとも1つは、軍事的強者、「秩序の擁護者」、ロシア帝国の偉大さの復活者としてのプーチンの有権者人気獲得キャンペーンであった。チェチェンは、この戦術の最初の試みとなった。そこで彼は、侵略のためにロシア社会を動員し、有権者の支持から利益を得て、「偉大で強力な帝国」の神話を通じてロシア人の貧困からの目をそらすために「短い戦勝戦争」を利用するという政治・プロパガンダを学んだ(あるいはソ連・ツァーリ主義のシナリオから学びなおした)のである。

元KGBの大統領が率いる国で確たる証拠が見つからなかったのは当然だが、多くの活動家や野党議員は、チェチェンが扇動したとされるテロ事件はFSBの作戦である可能性が高いと今でも考えている。これらの事件の後、犯罪の目撃者や参加者に対する失踪、毒殺、隠蔽工作が行われたのである。

国家保安委員会(KGB)
国家保安委員会とは、ソ連の国家保安を確保するためのソ連政府の機関である。好ましくないとされる人々との戦いにおいて、不当な残虐行為で知られている。KGBの後身が連邦保安庁(FSB)である。

「プーチンが自国民に対するテロ行為の結果として権力を握ったことに、何ら疑いの余地はない。このような犯罪を犯すことができる人物は、何でもできるのだ。彼に対する適切な態度は抑止力であり、パートナーシップではない。」 – デヴィッド・セッタ、調査報道ジャーナリスト

戦争そのものは、民間人に対する残虐性をさらに高めたものであった。ロシア政府はこれを「テロ対策」と称していたが、この小さな国の15の村がロシア空軍によって破壊され、2万人が住む場所を失った。グロズヌイは再び砲撃され、今度はほぼ平らな荒れ地と化した。

戦争は血生臭く、長く、10年続き、ロシアがチェチェンを占領し、クレムリンに忠実な独裁者ラムザン・カディロフ(今日では、彼の国民に対する拷問と粛清の実践で知られている)を据えるに至った。第二次チェチェン紛争の推定死傷者数は、様々な情報源によると5万から8万人とされている。

両チェチェン紛争は、クレムリン政権が必死に隠蔽している、ロシア社会と政治の別の好ましくない側面と関係がある。現在のロシアとウクライナの戦争と同様に、社会的な支持なしには戦争はできないので、政府は「他者」に対して国を動員する方法を必要としていたのである。

チェチェン人は、モスクワや サンクトペテルブルグなどの大都市圏のスラブ系住民とは民族的に異なるため、社会を団結させる簡単な(そして邪悪な)方法、すなわち恐るべき「イスラム犯罪者」の脅威に対して集団を形成することができたのである。ロシア政治の多くの分析者は、彼らのプロパガンダはしばしばねじれた鏡であり、「私ではない、あなただ」という歪んだ子供向けゲームであると指摘している。クレムリン政権が誰かを非難する場合、ロシア自身が実際にそれを行っている可能性が非常に高いのだ。フロイト流の誤魔化しは、ロシア国家の嘘の安定した特徴である。

フロイト的失言
人間の精神活動の結果、無意識または隠れた願望を偶然に口にすること。この現象は、20世紀初頭にジークムント・フロイトによって説明された。この記事の文脈では、ロシアがその犯罪のほとんどで「我々ではない」という物語を使っていることから、フロイトの口が滑ったというよりも、明らかに意図的、計画的に事実を操作していることが伺える。

クレムリンが常に他人をナチズムと非難しているのもそうだ。ロシアには超国家主義運動と人種差別的暴力の汚れた歴史があるため、彼らは特にその議論に素早く到達する。しかも、現役の政治家の多くが暗い過去を背負っている。例えば、ドミトリー・ロゴージン(ロスコスモスCEO、元副首相)は、超国家主義政党(ロシア民族統一党)の元メンバーで、チェチェン紛争の内政で重要な役割を担った。

実は、こうした極右過激派の結びつきは、2014年、2022年のロシアのウクライナ戦争でも続いていた。自称ルガンスク人民共和国と自称ドネツク人民共和国の分離主義者とクレムリンの民間傭兵集団ワグネルは、超国家主義的な過激派と強い結びつきがあるのだ。そのため、ウクライナのアゾフ大隊に対するロシアの非難は、さらに不合理で偽善的に見える。

「LNR(ЛНР)」と「DNR(ДНР)」
ウクライナのルハンシク州とドネツク州の一部地域を占めている自称ルハンシク人民共和国と自称ドネツク人民共和国のこと。これがORDLO(ウクライナ語のОРДЛО:Окремі райони Донецької і Луганської областейから)という単語の由来で、後にウクライナ政府は「ロシア連邦によって一時的に占領されたウクライナの領土」という表現に置き換えることを決定した。

南オセチア戦争、アブハジア戦争、ロシア・ジョージア戦争(1991〜2008年)

*激しい軍事衝突期間を指す

美しくも苦難に満ちた南コーカサス地方に、ソ連邦の崩壊により再び紛争の種がまかれることになった。南オセチアとアブハジアは、グルジア・ソビエト社会主義共和国の一部であった。1989年から1993年にかけて、ソ連寄りの地域であるはずのこれらの地域と、主権的な国境を固めようとしていたジョージアとの間の緊張は、武力衝突にまで発展した。

1990年代に入ると、ロシアは紛争への関与を制限し、平和維持者として自らを演出するようになった。しかし、ロシアは双方に武器を供給し、非正規軍は分離主義者を積極的に支援した。ロシアの圧力により、両紛争は凍結され、ロシアは両分離地域に「平和維持」のための軍事的プレゼンスを保つようになった。事実上、経済的・軍事的な依存関係からロシアが支配する2つの地域が生まれ、ジョージアを脅迫するために利用される可能性があった(トランスニストリアとモルドヴァに似ている。)

ロシアとジョージアの間の開戦へのエスカレーションは、南オセチア地域でのロシアの大規模な軍事演習から始まった。現在、多くのオープンソースの研究者は、(ロシアの軍事的準備態勢の高さとその部隊の位置関係などから)ロシアがこの紛争全体の道筋を計画していた可能性が高い、と主張している。

ロシアが資金を提供する南オセチア軍はジョージア領土の近くまで着実に侵入していた。クレムリンが後援する挑発や暗殺の可能性により緊張は沸点に達し、ロシア軍は侵攻の口実となるジョージアの反応を待っていたのである。

8月8日、モスクワは「ロシア市民の防衛」を口実に、ジョージア領土への本格的な攻撃を開始した。ロシアの飛行機はジョージアの街を空爆し、クレムリンの地上軍はジョージア領を占領した。

「これは平和を強制するための作戦である」
– ロシア大統領ドミトリー・メドベージェフ

戦闘は8月12日に終了し、ジョージア軍は圧力をかけられ、圧倒された。ロシア軍は、南オセチア民兵とともに、ジョージア州の首都トビリシまで押し寄せた。戦争は、フランスのサルコジ大統領がモスクワに到着し、表向きはロシアのメドベージェフ大統領(プーチンの操り人形と言われ、現在はウクライナにおけるロシアの蛮行を熱心に擁護している)と敵対行為の終結を交渉することで終結した。

戦争後、ロシア議会は南オセチアとアブハジアを独立国家として承認した(他の国家にはまだ承認されていない。)ヒューマン・ライツ・ウォッチは、ジョージアが意図的に市民を攻撃したことはなく、ロシアは難民や人口密集地を標的にしていると結論付けている。この戦争の結果、難民19万2千人、民間人224人が死亡、15人が行方不明、民間人547人が負傷した。

そして、アブハジアと南オセチアはどうなったのか。ロシアの「平和維持」と「保護」の後、彼らは今どうなっているのだろうか。ここで、あるパターンに気がつくかもしれない。ロシアの介入以前、トランスニストリアがモルドヴァで最も裕福な地域だったことを覚えているだろうか。ソ連時代、アブハジアは黒海沿岸のリゾート地として栄えていた。2001年には、世界で最も貧しい地域のひとつと評されてしまった。2008年以降、ロシア人観光客が主な収入源となり、貧困に応急処置が施された。しかし、地域のインフラは依然として崩壊しており、(トランスニストリアと同様に)ロシアの支援は行ったり来たりで、しばしば国は破綻しているが、それでもなお依存している。

南オセチアも同様で、自給自足の農業で生きながらえ、ほとんどの工場が閉鎖されている。2010年の南オセチアの予算の99%はロシアの補助金であったが、「大帝国」は地元のエリートの忠誠心を維持するために必要な最低限のものだけを提供している。

ジョージアでのロシアの侵略に対する国際社会の「ソフト」な反応は、プーチン政権を奮い立たせて同様の侵略を続けさせ、まずクリミアの併合、次にドンバスとルハンシク地方の一部への侵略、そして最終的には2022年のウクライナでの全面戦争へとエスカレートさせてしまったと多くの人々が見ている。

地政学では、日常生活と同様に、処罰の欠如がさらなる犯罪を助長するのが常である。

クリミア併合(2014年~現在)

クリミアの違法な併合は、ロシアに支持されたヴィクトル・ヤヌコヴィッチ大統領が国外に逃亡したウクライナの「ユーロ・マイダン革命」によって引き起こされた。暴政に対するウクライナ人の戦いは、数十人のデモ参加者が死亡し、数百人が負傷するという、甚大な代償を払って勝利した。ヤヌコヴィッチは、プーチンやルカシェンコが権威主義的な専制君主になるのを繰り返す初期段階にあったため、ウクライナ社会は台頭する独裁者に勝利した。

ユーロ・マイダン革命(尊厳の革命)
親ロシア的な国の発展路線に反対するウクライナ人たちによる全ウクライナ平和的抗議行動。暴力的な弾圧の後、彼らは権力の乱用に反対する長いキャンペーンとなった。革命の犠牲者107人を公式に認定し、「天の百人」と呼ばれる。

ロシアの支援を受けた指導者に屈しないウクライナの姿勢は、クレムリンの中枢に怒りとパニックの波をもたらした。ロシアの侵略の多くのケースと同様に、エスカレーションの理由は内外の2つであった。まず、プーチンはロシア国内での人気を維持するためである。ウクライナへの影響力を失うことは弱さの表れであり、傲慢な「強さ」の誇示が必要であった。第二に、ロシアの帝国復活の夢は、(広大な領土と人口、農業や工業の潜在力を持つ)ウクライナをもう一つの傀儡国家にしない限り、文字通り不可能であった。

クリミアはウクライナの自治区であり、ロシアが選んだ理由はいくつかある。軍事的にはウクライナ本土から離れているため侵略から守るのが難しく、ロシアは黒海経由でアクセスできる。クリミアの指導者はモスクワと深く腐敗し半ば犯罪的な関係にあり、セルゲイ・アクショノフに代表されるように、本質的に悪徳政治家でマフィアで、違法に併合されたクリミアでクレムリンによってリーダーに就任させられたのであった。クリミアの犯罪組織「セイレム」で「ゴブリン」と呼ばれた男である。

2月27日、クリミアの主要都市であるシンフェロポリでロシア軍特殊部隊が政府庁舎を占拠した。アクショノフが結集し、ロシア兵の支援を受けた地元議会の議員たちは、ウクライナ政府を合法的なものと認めないことを宣言した。3月1日、ロシア連邦評議会はプーチン大統領に対し、ウクライナ半島でのロシア軍の使用を遡及して許可した。ロシア軍はすでにそこにいて、プーチンは傀儡政治家の「許可」を必要としなかったのだから、法と民主的プロセスの愚弄である。

3月16日、「銃口による住民投票」が、想像しうるすべての法律に著しく違反して行われた。ウクライナの憲法に従っていないこと、市民でない人も投票できること(実際、誰もが何度も投票できた)、古いソ連のパスポートが身分証明書として認められたこと、結果が投票終了後1時間後に発表され、実際のカウントが行われていないことが明白だったこと、などである。そして、96.57%のクリミアの住民がロシアへの加盟に賛成し、投票率も85%を超えたと発表された。

クリミアの国民投票
この住民投票は事前の国民的議論がないまま行われ、参加者の証言によると、投票用紙は普通のA4用紙に印刷され、クリミアの自治かウクライナ領に留まるかという約束されていた選択肢はなかったという。

このようなロシアによる侵略行為は他のものに比べて比較的無血だったものの、その鉄のカーテンの向こう側では、目に見えない残酷な行為が行われていた。それは、ロシア帝国主義のもう一つの伝統である少数民族への残忍な抑圧であった。クリミアの先住民は、1944年にスターリンによって一度強制送還された。20万人近くが家畜列車に押し込められ、何千マイルも離れた場所に送られたのである。その際、人道的でない条件のため、8千人が途中で死亡している。2014年、「新しく民主化されたロシア」で、:家宅捜索、不法逮捕、殴打、拷問、強制失踪といった同様の恐怖にクリミア・タタール人は直面した。

ロシアでは、併合に対する反応は、無関心な受け入れから愛国的な歓喜まで、さまざまであった。プーチンが採用した「小さくても勝利する戦争」という戦術は、(石油輸出で得た何兆円もの金が自分たちの生活にはほとんど影響を及ぼさないため)真の繁栄の代わりとして国民にイデオロギー的満足を与えた。プーチンの猛反対を受けた、リベラル派の指導者であるはずのアレクセイ・ナワリヌイでさえ「クリミアは当分の間、ロシアに属していなければならない。これは行ったり来たりできるようなサンドイッチではない」と言っている。

ドンバス戦争(2014年~現在)

クリミア併合で国際社会から目立った処分を受けなかったプーチンとその政府の食欲は、ますます高まっていた。2014年4月、FSBのイゴール・ガーキン(通称ストレルコフ)は、ロシアの特殊部隊の分隊とともにウクライナ国境を越え、スロヴャンシクの町を占拠した。その後すぐにクラマトルシクとドゥルジキウカが占領された。地元の犯罪者や分離主義者が武装し、民兵と化した。東ウクライナにおけるロシアの戦争が始まったのだ。

Share this...
Facebook
Twitter
Share this...
Facebook
Twitter

ドネツク州とルハンシク州の占領地区では、同じようにウクライナ法と国際法を侵害した銃口の住民投票がさらに2回行われた。2014年9月25日、ロシア外務省は占領地域を「ノヴォロシア(新ロシア)」と宣告した。

ノヴォロシヤ(もしくはタウリヤ県)
アゾフ海沿岸地方、黒海沿岸地方、タウリヤ地方という現在のウクライナの3つの地域は、帝政ロシア時代にこのように呼ばれていた。19世紀初頭から20世紀前半まで存在し、この間、ロシアはこの地で強硬な植民地政策をとっていた。

占領がロシア軍によって推進されたことは、この時点では、秘密でもなんでもない。オープンソースの研究者は、ロシアの職業軍人が2014年からドンバスで活動していたことを発見した。少なくともロシア北方艦隊の第61海軍歩兵旅団と第200独立自動車化狙撃旅団がそうである。いわゆる現地の反政府勢力の多くは、実は正規の制服を脱いだロシア兵だったという強い指摘がある。

残りの過激派に関しては、上記の他のすべての戦争で使われたのと同じロシアの戦術を観察することができる。つまり、地元の分離主義者と犯罪者に高性能の軍事兵器を装備させるのだ。これには、ウクライナ軍と戦うために使われた装甲車も、オランダの旅客機MH-17を撃墜するために使われたロケット砲も含まれる。

ウクライナ政府は平和的交渉に意欲的であったが、ロシアとの協定が永続的な平和をもたらしたことはない。ロシア側は何度も停戦協定を破っている。ロシアの武器で武装した地元の犯罪者たちも、国境を越えたロシアの大砲でさえ、ウクライナ人を殺し続けた。

ガーキンは後に、ロシアの侵略によってドネツクとルハンシクの占領地域が犯罪者の住む荒れ地になったと認めている。ウクライナがこれらの地域の支配権を失って以来、国連はいわゆるドネツク人民共和国軍による無法状態、標的型殺人、拷問、拉致の事例が増加していることを報告した。国際ジャーナリスト、オブザーバー、そしてウクライナとの関係が疑われる地元の人々は、「失踪」する可能性が高いのである。

実は、この戦争は決して止まっていない。ウクライナは2014年以来、大きな世界から忘れ去られたまま、戦い続けている。2022年、ロシアの本格的な侵略が始まり、国全体を巻き込んだに過ぎない。

2014年から2021年のロシアのドンバス侵略により、1万3千人以上のウクライナ人が死亡(民間人3,375人)、180万人以上が国内避難民となり、占領地で拘束された人質は251人を数え、410人が行方不明になった。

シリアにおけるロシアの軍事作戦(2015年~現在)

「彼はこれからウクライナにアレッポを仕掛けるつもりなんでしょう?数年前に経験したことが、ウクライナでほぼ一コマ一コマ再現されているなんて、どうかしていますよ」

– 2022年に空爆されたウクライナの映像を見て、アレッポから来たシリア人のエル・カティーブ

シリアでの戦争は、現代で最も複雑で物議を醸している紛争の1つである。宗教的、政治的、社会的な闘争のもつれ、そして外国勢力の関与が、激しい議論を呼び起こしている。アサド政権を支えるロシア軍の蛮行については、民間人への空爆に関する情報は十分に調査され、活動家たちは映像やその他の証拠をもとに、ロシアの民間人に対する空爆のデータベースを作成するほどである。

ロシアの海外での帝国主義的野心を支えるために、2015年9月30日、ロシア連邦評議会は、シリアにおける同国の軍隊(最も重要なのは、その航空と大砲という点である )の使用を許可した。それ以来、ロシア軍が軍事的価値のない民間地域を標的にした事件は1,418件確認されている。しかも、それは映像証拠が確認されたものだけだ。

「ロシア軍の空爆は、民間人または民間施設、さらには医療施設を直接攻撃し、死傷者を出しているようだ」- アムネスティ・インターナショナル MENAディレクター フィリップ・ルーサー

正真正銘、ロシア政府は自分たちの非人道的な攻撃を否定し、捏造やプロパガンダで隠蔽しようとしてきた。シリアにおけるロシアの最も衝撃的な戦術のひとつは、反体制派に属する地域の民間病院を標的として爆撃したことだ。2018年までに、ロシアの攻撃によって1万8千人のシリア人が死亡し、その半数が民間人であったと報告されている。その後、戦争は沈静化したが、ロシアの継続的な存在により、戦争は止まっていない。同国の人口の半分(~1200万人)が難民となった。

「彼ら(ロシア人)と戦争をしているときに、建物に赤十字や「子供たち」といった言葉を記すのは、極めて悪い考えだ。2015年9月のシリアでは、反乱軍はホワイト・ヘルメットや国連を通じて、ロシア本部に、自分たちが支配している地域の病院をひとつひとつ知らせてきた。彼らは正確な座標を提供し、VKS(ロシア航空)がこれらを回避することを期待していた。ロシアは、その病院を一つ残らず爆撃し、ホワイト・ヘルメットを『ジハード主義者』と決めつけて、中傷キャンペーンを展開した。反政府勢力が病院を隠し始めると、ロシアはどうにかして病院の座標を入手し、それらも爆撃した。例外なく。」- トム・クーパー、オーストリアの軍事アナリスト。
彼は、マリウポリ劇場の空爆に対して、空から見える大きな文字で「子供」と書かれていたにもかかわらず、ウクライナの一般市民1000人が空爆されたことについて述べている。

ジハード派
イスラム国の武装勢力の俗称は、アラビア語の「ジハード」、すなわち、すべてのムスリムがその信仰を守り広めるために戦う神聖な義務に由来する。実際、ジハードの参加者はムジャヒディンと呼ばれている。現在、「ジハード」の概念は、主に武力闘争と解釈されている。

ロシア軍が作り出した地獄の中で生きてきた多くのシリア人にとって、現在のプーチンとの世界的な対立は、正義を求める最後の希望のように思える。クレムリンは2015年から2021年にかけての民間人への爆撃について責任を問われなかったが、おそらくウクライナでの戦争犯罪に対するロシア軍の処罰は、何らかの形で説明責任を果たすことにつながる可能性がある。

「彼らはアレッポで使えるものはすべて使い、こんなことは見たくないが、同じ飛行機、爆弾、ミサイルを使ってウクライナの民間人を狙い始めても驚かない。少なくとも私たちシリア人に別の形の正義がもたらされるよう、彼(プーチン)の責任がようやく問われることを願っている」と、かつてアレッポに住み、現在はドイツに住むムスターファ・アルカゼームは述べている。

社会的支持の「理由」:終わることのない経済危機と帝国主義文化の歴史

上記のような戦争や侵略のほとんどを通じて、ロシア国民の大半の反応は、喜びに満ちた祝賀から受動的な受容まで、さまざまであった。文明世界はこの社会的支持を過小評価しているか、なぜそれが存在するのかを理解するのに苦労しているかのどちらかである。例えば、2019年に、歴史上最も悪名高い大量殺人者の一人であるヨシフ・スターリンが、独立系世論調査機関レヴァダ・センターの調査でロシア人の間で70%の人気(プーチンより多い)を得たという事実を調和させるのは当然ながら難しいことである。

このような状態になった理由は多岐にわたり、複雑だ。簡単に言えば、ロシアは何世紀もの間、社会崩壊の淵を行ったり来たりしてきた。あのような大きさの帝国(ロシアは面積で世界最大の国である)を、あれほどバラバラな民族(193の民族)が、あれほど人を寄せ付けない土地で、彼らを統一する神話なしに、人類の基本的な本能に訴えかけることなく、まとめ上げることは困難であった。その神話は常に、偉大な軍事的征服と「ロシアの特別な運命」を持つ大帝国を中心に展開されていた。

「この国に必要なのは革命の流れを止めるための短期決戦である」- 1904年、帝政ロシア警察長官、ヴャチェスラフ・フォン・プレーヴェ、日露戦争について。

ロシアの歴史には、貧困→戦争→内乱→新たな独裁政権というサイクルが長く存在している。その繰り返しである。それは、ロシア皇帝時代にも、ソ連時代にも存在した。現代のロシアはこのサイクルを続けている。国家予算がエネルギー輸出で何兆円も稼ぐ中、ロシア人は依然として人口動態、経済、社会の崩壊寸前で生活している。貧困、絶望、貧しい教育は、帝国主義文化にとって格好の場である。なぜなら、人々は他に何に意味を見いだせばいいのだろうか?なぜこの国がそのような規模と状態で存在するのか、彼らは自分たちに説明できるだろうか?帝国神話は需要がある…事実上の帝国の存在を正当化するために必要だからだ。

豊かで自由な国のために戦ったり、世界における自国の位置を問うよりも、「ロシアの特別な運命」を信じ続ける方が簡単だ。

しかし、この記事の著者からではなく、プーチンが危険視し暗殺させたと思われるロシアの野党指導者、ボリス・ネムツォフから受け取ってほしい。2008年のジョージアでの戦争に対するロシア国民の支持について、ネムツォフが語っていることを見てみよう。

さらに、ロシアは行く先々で「貧困を肥やす帝国主義イデオロギー」というこの社会モデルを持ち込んでいるようだ。すべては力によって達成され、すべては腐敗と暴力に投資される。ウクライナの占領地域を貧困と無法地帯に変え、トランスニストリアをソ連時代の経済危機へと陥れ、アブハジアと南オセチアの未来を破壊することに至るまで、である。ロシアの植民地主義的な影響力は、あらゆる場所を元の状態よりも悪化させる。

ロシア近代帝国の特異な性格は、領土を占領し、進歩から遠ざかって後方に引きずり込むことである。これはモスコヴィア(17世紀以前のロシアの歴史的名称)の国家形態が、モンゴル帝国の属国としてキプチャク=ハン国が征服した近隣のスラブ王国から資源を集めるというものであったことにつながるのだろう。

このパズルのもう一つの重要な部分は、明らかに、有名なクレムリンのプロパガンダマシンである。しかし、国際社会はその氷山の一角にしか見えていない。プロパガンダはロシアの日常生活や文化に浸透している。最も効果があるのは、狂った「ゲッベルスのなりすまし」の雄叫びではない。ソフトパワー、つまり心をゆがめる静かな日常の影響力なのだ。あからさまな嘘と陰湿な政治的メッセージを含んだ子供向けアニメ、軍隊をテーマにした家族向けのピクニック、ヒトラーユーゲントに酷似しているロシアの青年団などである。

プロパガンダが人々の日常生活やアイデンティティの一部となったとき、どのように戦えばいいのだろうか?心理学者の中には、長期のプロパガンダの影響をカルトへの教化に例える人もいる。教養と裕福さのある人々であっても、最も恐ろしい心の変化の一つである。すべてのロシア人がこのような症状に陥っているのだろうか?もちろん、そんなことはない。人間性と共感性は、どんなに暗い状況でも生き残る。しかし、社会心理の問題がロシアにかなりの規模で存在していることは否定しがたい事実になってきている。

上の写真は、救世主に祝福されたムーニーたち…下の写真はヒトラー青年…私が大きな反発を覚えながら認めざるを得なかったのは、「わかる」ということだ。どうしてこんなことが起こるのか、理解できる。大量殺戮によって世界を救おうとする、誰かの脳や心が、どのようにして理にかなった場所に到達するのか、理解できるのだ。

私の脳、あるいはこのようなウイルス性ミームに感染した脳を、この部屋にいる誰か、あるいは批判的思考を日常的に使っている人と比べたら、とてもとても違って見えると確信しているのだ。

– ダイアナ・バンスコータ、TEDの講演でカルトメンバーとしての青春時代を説明している

ミーム学
思想を、時に真理や論理に反して拡散するウイルスのようなものと考える科学。

この30年間がロシア国民に与えた影響は甚大なものだった。重要なのは、この現象が目新しいものではなかったということである。それは、親から子へと受け継がれた、以前の皇帝とソ連のイデオロギーの肥沃な土壌に着地したのである。それが、ウクライナで20万人ものロシア人青年が強姦や殺人を進んで行うようになった直接の原因なのだ。例えば、子どもたちをできるだけ早く軍国主義的なイデオロギーに洗脳することは、現代のロシアの政治や制度において常に重要な位置を占めている。下の写真でわかるように、30年間ほとんど変わっていない。

21世紀になって技術が進歩するにつれ、多くの人が未来の危険はハクスリーの「すばらしい新世界」に似ていると考えた…退廃、娯楽、浅薄な世界だ。しかし、ロシアはもっと有名な古典を好んでいるようだ。

戦争は平和である。自由は奴隷である。無知は力である。これらのフレーズは、オーウェルの架空の世界「1984年」に登場するもので、「真理省」の白いピラミッドに巨大な文字で刻まれている。クレムリンの壁を削ると、同じような言葉が、ロシアの政治的・文化的なインスピレーションとして現れるのではないかと考えざるを得ない。

1984
イギリスの作家ジョージ・オーウェルによるディストピア小説。著者が描いた全体主義の国は、権威主義体制をとる現実の国と非常によく似ており、だからこそ1948年の執筆以来、この本の意義は失われていない。50カ国以上の言語に翻訳されている。

第二次世界大戦後のドイツは、血塗られた過去を洗い流し、ヨーロッパで最も繁栄した国になるために、長く苦しい道のりを歩まなければならなかった。軍隊を失い、賠償金を支払い、自分たちがヨーロッパに与えた恐怖を認識しなければならなかったのだ。

しかし、もしロシアにおける社会的病の徴候がそれほどひどいものであるならば、世界は1945年の敗戦国ドイツよりもさらに困難な課題に直面することになるかもしれない。

コンテンツ作成スタッフ

プロジェクト企画:

ボフダン・ロフヴィネンコ

企画:

イヴァン・ショウコプリャス

編集長:

ナタリヤ・ポネディロク

編集:

アンナ・ヤーブルチナ

写真編集:

ユーリー・ステファニャク

コンテンツマネージャー:

カテリーナ・ユゼフィク

翻訳:

藤田 勝利