戦争中に医師がどのように命を救っているか

Share this...
Facebook
Twitter

ロシアのプロパガンダの冷笑的な声明にもかかわらず、ロシア軍は体系的にウクライナの病院を砲撃しています。全面戦争が始まってからの2か月で、300を超える医療施設が被害を受けました。しかし、そのような困難な状況下でも、病院は運営を続けており、医師は文字通り病院に住んでいることがあります。医療従事者はシェルターを設置し、人々の健康をサポートし、オンライン相談を実施しています。そして、彼らはウクライナの勝利後の計画について幼い患者と一緒に夢を見る機会を探しています。

全面侵略の最初の日から、キーウのオフマディト国立児童専門病院(母子保護)は、ロシアの砲撃にさらされ負傷した子供と大人、そして時には家族全員を受け入れてきました。

3月16日の朝、病院へのミサイル攻撃は驚くべきものでした。敵のミサイルの1つが、病院から300メートル離れた建物に命中しました。爆風で建物のうちの1つの窓が損傷し、砲弾の破片が床を横切って飛びました。しかし、医師のチームは自分自身の仕事を続けました。

2月24日、小児神経科医のハリーナ・フェドゥシュカが勤務していました。彼女は避難せずに仕事を続けることを決意し、ほかの医師の見本となりました。

戦争の最初の月の間、オフマディトの医者たちは病院で働き、休息し、そして病院で住んでいました。当初は大きな問題を抱えていた薬の配達を調整し、病院で病気やけがをした人を治療することに加えて、医師たちはオンライン相談を提供しています。ハリーナは、医師は病院に行けない人と積極的に電話番号を共有していると言います。

彼らはまた、最前線で働く同僚を助けています。神経科医として、ハリーナは、脳震盪、頭痛、めまい用に最前線の医師が処方できる薬とその代替品のリストをまとめました。そして彼女はメッセンジャーアプリを通して軍の医者たちと定期的に連絡しています。

ハリーナは、これらの試練が病院のチームをさらに団結させたと言います。
全面戦争が始まる前までは、ウクライナの医療従事者の83%が女性でした。そして今、彼女たちは人々の健康のために戦うことで、戦争という試練に立ち向かう上で中心的な役割を果たし続けています。

キーウのオフマディトの女性医師たちのような勇気とプロ意識のおかげで、ウクライナでの生活は維持されています。

Ukraїner / ウクライナーは、ウクライナのUNウィメン、カナダ外務省、デンマーク政府とともに、「私たちでなければ、誰が?」というプロジェクトで、戦争中の女性リーダーのストーリーを伝えています。

このプロジェクトは、ウクライナに勝利をもたらすために働いている女性について伝えることを目的としています。それぞれの分野で自分たちの土地と未来を守る女性たちのストーリーです。命を救うために職務を最後まで全うします。彼女たちはボランティア活動に参加し、軍と一般市民たちに最も必要なものを提供します。彼女たちのストーリーは伝えられる必要があり、彼女たちの声は私たちの国と社会のさらなる発展のために伝えられる必要があります。

コンテンツ作成スタッフ

プロジェクト企画:

ボフダン・ロフヴィネンコ

企画:

ナタリヤ・ポネディロク

編集:

イェウヘーニヤ・サポジニコヴァ

プロデューサー,

インタビュアー:

カリーナ・ピリューヒナ

フォトグラファー:

セルヒー・コロヴァイニー

ムービーカメラマン:

オレフ・ソロフーブ

映像編集:

ナディヤ・メリニチェンコ

監督:

ミコーラ・ノソーク

音響:

アナスタシヤ・クリモヴァ

写真編集:

ユーリー・ステファニャク

翻訳:

藤田 勝利

コンテンツマネージャー:

カテリーナ・ユゼフィク