テーマ

ロシアのヒステリー状態

心理学では、精神の保護メカニズムという概念があります。これは、人が環境に適応し、ストレスやトラウマのレベルを下げるのに役立つものです。例えば、人は不快な考えを頭から追い出したり、自分の感情や欲望を他人のせいにしたりすることができます。ウクライナに対するロシアの攻撃を例にとると、侵略国の国民全体がいかに防御的なメカニズムに頼り、それに伴って情報の操作に走っているかがわかります。長年にわたり、黒を白と呼び、戦争を平和への願いと呼び、国民を「大国」または何も依存しない「小国民」と呼んできたのです。

占領地からの声 ステファン ノヴァ・カホウカでのボランティア活動とクリミア経由の避難

占領地からの声はロシアの占領下に暮らし、そこから去ることができたウクライナ人に関する物語です。今回は、一時的に占領されたノヴァ・カホウカでボランティア活動を行い、食べ物や薬などに関する支援を行っていたステファンのストーリーをお伝えします。しかし、ロシア軍による迫害により、彼は占領下の都市からクリミア、ロシアを経てジョージアに避難しました。

占領地からの声 ハンナ メリトポリでの抗議活動に参加した教師

占領地からの声はロシアの占領下に暮らし、そこから去ることができたウクライナ人に関する物語です。今回は、占領された都市で毎日デモに行っていたメリトポリの教師であるハンナのストーリーをお伝えします。

アゾフ連隊のメンバーはネオナチではない

プーチンはウクライナ侵略を宣言したとき、「特別軍事作戦」の最終目標の一つとして「デナズ化」を宣言した。世界中の多くの人にとって、これはウクライナの現実とは無縁の、プーチンの病的な想像力のみに基づく主張であり、全くナンセンスに聞こえたことだろう。しかし、ロシアのウクライナ侵略計画が何年も前から準備されていたように、ロシア国民や世界中の人々の目に戦争の正当な根拠を築くための努力も行われていたのである。その努力の大きな部分を占めたのが、ウクライナのネオナチに関する説得力のあるストーリーを作ることだった(極右政党が選挙で3%以下の得票率にとどまり、政治力を持たない国について作り出すのは困難なことである。)

7月24日〜7月29日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.26

ロシアはウクライナ南部で、特にミコライウとオデーサを広く砲撃しています。最前線から近くに位置しているウクライナの都市では、辛うじて生き延びている状況が続いています。キーウの読書会による地下鉄で本を読むというフラッシュモブは空襲警報に関わらず行われました。

ロシアに対する制裁は効くか? 専門家の情報源のレビュー

戦争の予防のための保障措置の1つは、ライバル国の経済的な相互依存です。したがって、一方の国が国際法の規範に違反したり、攻撃的な侵略を開始したりすると、もう一方の国はその国に対して経済制裁を適用します。これは、特に前線を超えた戦争の過程に影響を与える強力なツールです。経済制裁とは、個人、個人のグループ、企業、または経済部門に課せられる経済的な制限です。侵略国であるロシアは、世界的な制裁を回避することはできませんでした。欧州連合は、2022年2月から6月まで6つの制裁パッケージを発動しました。6月27日、ロシアは債務不履行に陥りました。

7月18日〜7月23日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.25

ロシアによる砲撃は、住宅の建物を破壊し続け、ウクライナの小麦畑で火災を引き起こします。10,000人のウクライナ軍人がイギリスで訓練を受けています。救助隊はロシアの砲弾を撤去し続けています。

占領地からの声 オレクサンドル 誘拐・尋問・演劇フェスティバル

「占領地からの声」は、ロシアの占領下に暮らし、そこから去ることができたウクライナ人に関する物語です。今回は、ヘルソン地方国家管理局の議員であり、ロシア軍に逮捕され尋問された後、家族とともにヘルソン近郊のオレーシュキから避難することができた劇場監督のオレクサンドル・クニーハのストーリーをお伝えします。

次の投稿を表示する

Ukraїnerをフォローする