戦争におけるお互いの助け合い

バリアフリーの良さ:戦時中に障害を持つ人たちがどのように支援しているか

本格的な戦争の最中でも、障害があるからといってボランティアに参加することは妨げになりません。このことは、非常に困難な状況にもかかわらず、人助けに全力を尽くす私たちのヒーローたちが証明しています。平時には、障害者の権利を擁護し、バリアフリーを求めて積極的に闘っていました。本格的な侵略が始まった頃からすでに、彼らの活動はボランティア運動へと発展していきました。避難や人道支援をする人もいれば、募金をする人もいます。

Ukraїnerをフォローする