「Come Back Alive」がロシアの崩壊をどのように加速させているか

Share this...
Facebook
Twitter

2014年にウクライナに対するロシアの侵略が始まって以来、Come Back Alive基金はウクライナ軍を支援してきました。 2022年2月にロシアがウクライナに全面侵略を開始した最初の日から、Come Back Aliveのチームは軍事装備を購入し、キーウからの民間人の避難を支援し、空中偵察装備で軍隊を支援し、戦争における情報分野を強化してきました。

2014年、Come Back Aliveは、創設者の1人であるヴィタリー・デイネハによる防弾チョッキの匿名購入から始まりました。現在、Come Back Aliveはウクライナで最大の基金の1つです。この基金は、兵士に必要な装備(ヘリコプターから車両まで)を体系的に提供し、ウクライナ軍、治安および防衛部門の体系的な改革に参画し、分析や退役軍人の支援も行い、メディア部門デモ活動もしています。Come Back Aliveの現在の理事であるタラス・チュムトは、この組織を非公式に「機能的な軍支援基金」と呼んでいます。これは、戦争の8年間で、基金のメンバーがボランティア活動で豊富な経験を積んだためです。2月24日まで、Come Back Aliveは、軍隊に偵察と監視の手段を提供することを専門としており、援助の供給と管理のための確立されたスキームを備えていました。2021年の時点で、前線の各旅団において赤外線カメラのほぼ50%が基金から供給されたものが配置されていました。

全面侵略中

タラス・チュムトは、ロシアの侵略の初日、何が起こっているのか、そして軍が当時何を必要としているのか誰も分からなかったことを思い出しています。その後、基金のメンバーは、前線で必要となる可能性のあるすべてのものをキーウで購入し、オフィスから避難して仕事を続けました。現在、基金は戦時中に活動しています。数千ユニットの必要な機器を世界中から購入して譲渡し、キーウから民間人を避難させ、メンバー調整を行い、ウクライナでの戦争に関して情報を発信しています。ComeBackAliveのボランティア活動は、その規模において前例のないものです。例えば、4月21日にタラス・チュムトは自身のウェブサイトで、基金が約4,500万フリヴニャに相当する25機のレレカ-100(Лелека-100)無人航空機の生産に関する合意に署名したと発表しました。

タラスによれば、全面侵略が始まってから最初の数週間で、この戦争で軍がより強くなるのを支援するという以前の業務をなんとか遂行することができました。現在Come Back Aliveは、勝利のために可能な限り治安部隊を支援するよう努めています。タラスは、私たちがすでに戦争の第一段階に勝利した、と確信しています。

「私たちが抱いている勝利は、ウクライナの人々のおかげです。ウクライナは今、どんな譲歩もミンスク合意も妥協もなく、最後まで戦う準備ができています。ウクライナは、最後の最後まで戦うでしょう。」

Share this...
Facebook
Twitter
Share this...
Facebook
Twitter

これは数字によって証明されています。全面侵略の開始から60日後、Come Back Aliveには30億1億1800万705千697フリヴニャの募金が集まりました。人々の団結と協力が、私たちの毎日の成功を大きなものとし、勝利を近づけています。

「これは、誰もが戦争をしている国家的な戦争です。戦争をしているのは軍ではなく、国民全体、国家全体、国全体が戦争をしているのです。そしてこれにより、将来的に、反撃に出てドンバスを取り戻し、クリミアを取り戻すことができるという希望が明るくなります。そして、おそらく、ロシアの崩壊も、です。」

コンテンツ作成スタッフ

プロジェクト企画:

ボフダン・ロフヴィネンコ

企画:

ソフィヤ・パナシュク

編集:

アナスタシヤ・フリコ

編集長:

イェウヘーニヤ・サポジニコヴァ

プロデューサー:

カリーナ・ピリューヒナ

映像編集,

ムービーカメラマン:

オレフ・ソロフーブ

監督:

ミコーラ・ノソーク

音響:

アナスタシヤ・クリモヴァ

写真編集,

フォトグラファー:

ユーリー・ステファニャク

翻訳:

藤田 勝利