藤田 勝利

編集, 翻訳, 翻訳編集

コンテンツ作成に
参加しました。

4月7日〜4月12日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.8

フォトダイジェスト

4月7日〜4月12日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.8

ロシアは、ドネツィク州とルハンシク州からの避難民にとっての使用な交通ハブであるクラマトルシク駅を攻撃し、戦争犯罪を犯し続け、ウクライナの民間人を殺害し続けています。ロシア軍による戦争犯罪の証拠は、すでに解放されたキーウ州にて引き続き記録されています。同時に、混沌と危険の中、産科病院や全国の病院の地下室では子供たちが生まれています。

EU諸国は武器禁輸措置が課されてから何年もの間ロシアに武器を供給してきた

戦争

EU諸国は武器禁輸措置が課されてから何年もの間ロシアに武器を供給してきた

世界は、全面侵略が始まったときだけ、ロシア・ウクライナ戦争について大きく声をあげました。しかし、この戦争は、ロシアがクリミアを占領し、ウクライナ東部で戦闘行為を開始した2014年に始まっており、8年間続いています。西側の弱い反応と厳しい制裁による先延ばしは、ロシアを野放しにしました。2022年3月17日に公開されたInvestigate Europeの調査によると、EU諸国は2014年の武器禁輸導入後、少なくとも2020年まで武器をロシアに輸出していました。

マリウポリの声 オーリャ

マリウポリの声

マリウポリの声 オーリャ

マリウポリの声とは、包囲されたマリウポリから避難することができた人たちのストーリーを聞くシリーズです。今回は3月9日に産科病院で空爆を目撃したオーリャのストーリーです。

時代精神 戦争の理由としてのドストエフスキー

戦争

時代精神 戦争の理由としてのドストエフスキー

西側の学術界が“無垢なロシア文化”という論法を使うのは、それぞれの文脈に対する知識や理解の不足からではなく、心理的な保護のためであるのは間違いない。平和を支持しながらも、「テレビで言っていることが違うからよくわからない」という“良いロシア人”に見受けられるアプローチである。ロシア文化とその位置づけに関する議論は、それまでのロシア文化が意味するものすべてを複合的に見直す必要がある。

3月26日〜3月31日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.6

フォトダイジェスト

3月26日〜3月31日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.6

この週末で6発のミサイルがロシア軍によりリヴィウに発射されました。ワルシャワでは数千人もの人々が演劇劇場近くの広場へ横になり、ロシアによるウクライナへの侵攻により亡くなった人たちを追悼しました。子供たちは自分のペットを救い、避難のための電車に一緒に乗っています。ザポリッジャには、戦闘地域から逃げてきた車が来ていますが、それは銃撃により傷だらけとなっています。

Ukraїnerをフォローする