ボフダン・ロフヴィネンコ

インタビュアー, フォトグラファー, プレゼンター, プロジェクト企画, 企画

Facebookページ

コンテンツ作成に
参加しました。

8月05日〜8月10日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.28

フォトダイジェスト

8月05日〜8月10日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.28

ロシア軍は毎日、ウクライナの都市や村を砲撃しています。抵抗運動である「黄色いリボン」は、一時的に占領されたヘルソンで新聞「パルチザンの声」を発行し始めました。ウクライナ人は、ロシアの占領者による侵略の跡を排除するイニシアチブを作成し、そこに参加しています。

ロシアのプロパガンダはどのようにウクライナ人の信用を傷つけようとしているのか?

戦争

ロシアのプロパガンダはどのようにウクライナ人の信用を傷つけようとしているのか?

ロシアとウクライナの戦争は本格的な侵略が行われる8年前に始まりましたが、ウクライナや他の独立国家に対するロシアによる侵略の前提条件と事実は何世紀にもわたって蓄積されてきました。情報戦争は、敵の戦車がウクライナの土地に侵入するずっと前に始まっていました。ロシアのプロパガンダの重要な任務は、ウクライナ人を分断し、劣等感を植え付け、国際社会を前にウクライナ人の信用を傷つけることです。2月24日からプロパガンダはさらに激しくなりました。

ロシアのヒステリー状態

戦争

ロシアのヒステリー状態

心理学では、精神の保護メカニズムという概念があります。これは、人が環境に適応し、ストレスやトラウマのレベルを下げるのに役立つものです。例えば、人は不快な考えを頭から追い出したり、自分の感情や欲望を他人のせいにしたりすることができます。ウクライナに対するロシアの攻撃を例にとると、侵略国の国民全体がいかに防御的なメカニズムに頼り、それに伴って情報の操作に走っているかがわかります。長年にわたり、黒を白と呼び、戦争を平和への願いと呼び、国民を「大国」または何も依存しない「小国民」と呼んできたのです。

7月30日〜8月04日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.27

フォトダイジェスト

7月30日〜8月04日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.27

ウクライナの戦争捕虜の家族は、一時占領されているオレニウカ村の収容所で少なくとも 50 人が死亡した爆発の調査を要求しています。ロシアの占領者は毎日、ウクライナの都市や村にある民間のインフラや住宅を砲撃しています。ミコライウは、水道管が損傷しているため、給水が行われていないままです。

占領地からの声 ステファン ノヴァ・カホウカでのボランティア活動とクリミア経由の避難

占領地からの声

占領地からの声 ステファン ノヴァ・カホウカでのボランティア活動とクリミア経由の避難

占領地からの声はロシアの占領下に暮らし、そこから去ることができたウクライナ人に関する物語です。今回は、一時的に占領されたノヴァ・カホウカでボランティア活動を行い、食べ物や薬などに関する支援を行っていたステファンのストーリーをお伝えします。しかし、ロシア軍による迫害により、彼は占領下の都市からクリミア、ロシアを経てジョージアに避難しました。

Ukraїnerをフォローする