伊藤 栄一

翻訳

コンテンツ作成に
参加しました。

化学兵器 ––– 救命の手引き

戦争

化学兵器 ––– 救命の手引き

ロシアは、軍事力によって占領できないウクライナの都市に対する化学兵器の使用について公言しました。このような発生可能なシナリオの前触れは、すでに3月末の時点で起きています。有識者の情報によると、ロシア軍は化学兵器による中毒の解毒剤を入手したのです。化学兵器の使用は戦争犯罪であり、ロシアも署名している化学兵器禁止条約への違反となります。

4月13日〜4月18日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.9

フォトダイジェスト

4月13日〜4月18日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.9

ヨーロッパ各国の大統領が次々とキーウを訪問し、ウクライナへの支援を表明しています。タリンでは、黒のビニール袋と赤の塗料を用いて、ウクライナの女性に対する暴力反対のデモが行われました。一方で、ロシアによる占領の被害を受けたウクライナの各地域には、日増しに人道支援物資が届けられています。

ウクライナにおける戦争が引き起こしうる世界的食糧危機

戦争

ウクライナにおける戦争が引き起こしうる世界的食糧危機

ウクライナに対するロシアの侵略は、世界的な食糧危機を引き起こす可能性があります。ウクライナの農作物生産用地の多くおよび主要な港湾の多くが、ロシア軍の砲撃を受け続けています。国連事務総長は、ウクライナ産の食糧の不足によって、世界が人道的大災害の危機に瀕する可能性があると述べました。

ロシア人がまだ飛行機で行ける国は?

戦争

ロシア人がまだ飛行機で行ける国は?

2022年2月24日以降、ウクライナの領空は封鎖されていますが、それは多くの場合、ウクライナ人が飛行機でどこかに行こうとする際に自分たちの命を守るためです。ウクライナ人が生か死かの問題に悩まされている一方、侵略国ロシアの住民は、経済的圧力と旅行の不便さに不平を言っています。

4月1日〜4月6日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.7

フォトダイジェスト

4月1日〜4月6日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.7

イルピン、ブチャ、ホストメリとキーウ州全域がロシア軍から解放されました。キーウ州解放の嬉しいニュースとともに、地域住民に対する暴力の規模に関する恐ろしいニュースも飛び込んできました。 敵が残したのは破壊された都市、多くの死者、人道に対する罪の痕跡です。

Ukraїnerをフォローする