藤田 勝利

編集, 翻訳, 翻訳編集

コンテンツ作成に
参加しました。

戦争が始まってから最初の42日間を写真家の日記とともに振り返る

フォトストーリー

戦争が始まってから最初の42日間を写真家の日記とともに振り返る

「その日、私は一つのことに気づきました。空気が変わったこと、そして2022年2月24日午前5時以降のすべての場面が特殊で、他のそれと異なって、違う物語で満たされていったということです」 全面戦争の最初の週の間、ハルキウの写真家ペトロ・チェカリはハルキウで家族と一緒に過ごし、彼の家族の生活と感情的な状態を記録しました。自由広場の砲撃の翌日であった3月初旬、ペトロの家族は街を去り、そして現在はリヴィウにいます。この戦争の出来事に関する彼の記録として、この写真日記を紹介します。

戦争中に医師がどのように命を救っているか

戦争

戦争中に医師がどのように命を救っているか

ロシアのプロパガンダの冷笑的な声明にもかかわらず、ロシア軍は体系的にウクライナの病院を砲撃しています。全面戦争が始まってからの2か月で、300を超える医療施設が被害を受けました。しかし、そのような困難な状況下でも、病院は運営を続けており、医師は文字通り病院に住んでいることがあります。医療従事者はシェルターを設置し、人々の健康をサポートし、オンライン相談を実施しています。そして、彼らはウクライナの勝利後の計画について幼い患者と一緒に夢を見る機会を探しています。

戦争中オデーサの文化を守る

博物館

戦争中オデーサの文化を守る

オデーサの人たちは、ロシアとの全面戦争の最初の日から彼らの街を強化してきました。ロシア軍は何でも行う準備ができていることに気づき、文化遺産を保護し始めた人もいれば、武装した人もいました。そして、美術館が一時的に機能を停止しコレクションを退避させたときには、「オデーサの千の扉(Тисяча дверей Одеси)」などの積極的なプロジェクトがさらに開始されました。

一時避難民のための建設プロジェクト

戦争

一時避難民のための建設プロジェクト

ウクライナでの全面戦争中に、何千もの家屋が破壊され被害を受けました。ロシアの占領者はすでに多くのウクライナ人の不動産を破壊しています。さらに、何百万人もの人々が最前線から国内のより安全な居住地に避難することを余儀なくされています。これらすべての人々はどこかに住む必要があります。ウクライナ政府はすでにこれらの問題に対処するためのメカニズムを考案しており、ウクライナのさまざまな都市の建築会社は、一時避難民が定住したり、仮設住宅に避難したりするのに役立つソリューションを考案しています。

ロシアはウクライナでどのような法律や戦争慣習に違反しているのか?

戦争

ロシアはウクライナでどのような法律や戦争慣習に違反しているのか?

2014年以来、ウクライナ当局は、ロシアがクリミア、ドネツク、ルハンシク地域における占領地でさまざまな国際協定に違反していると繰り返し述べています。ロシア軍によるウクライナへの全面侵略の後、そのような声明は増加しました。ウクライナの人権団体は、戦争中にロシアの占領者が犯した国際犯罪を監視および文書化しており、ウクライナ政府は、他の多くの国とともに、ロシアとその指導者を国際法廷に訴えています。

Ukraїnerをフォローする