5月07日〜5月12日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.13

Share this...
Facebook
Twitter

ロシア軍はフリホリー・スコヴォロダ国立博物館の建物を砲撃し、完全に破壊しました。米国のファーストレディであるジル・バイデンはウジュホロドを訪問し、オレーナ・ゼレンシカと一緒に避難した子供たちを訪れました。伝説的なロックバンドU2は、キーウの地下鉄の駅でウクライナ支援コンサートを実施しました。

5月7日から5月8日までのウクライナの写真

5月7日 
アゾフ海沿岸地方 マリウポリ

写真:第36独立海軍歩兵旅団の司令官セルヒー・ヴォリナFacebookページ

5月7日
地雷除去演習中のウクライナ軍の軍人。

写真:Slava Ratynski

5月8日 
下ドニプロ地方とザポリッジャ地方 クリヴィイー・リーフ
戦争中に再編成された工場で軍服を縫う女性。

写真:David Guttenfelder

5月7日 
スロビダ地方 スコヴォロディニウカ
ロシア軍はフリホリー・スコヴォロ国立博物館に発砲しました。建物は燃え尽き、破壊されました。

写真:ハルキウ州の軍管理局

5月7日 キーウ
プーチンに捧げられたドミトロー・イヴの「Zaстрелись」という彫刻を背景に撮影している女性。

写真:Oleksandr Khomenko

5月8日 キーウ
破壊されたロシアの軍事兵器が国立軍事歴史博物館の隣に展示品として設置されました。

写真:Nick Tymchenko

5月7日 
ポリッシャ地方 マカーリウ
キーウ州の農村地域で破壊された車。 RPG砲弾の一部がその場で見つかりました。

写真:Alex Lourie

5月7日 
ポリッシャ地方 マカーリウ
破壊されたロシアの戦車の砲塔に立っている女の子。

写真:Mikhail Palinchak

5月8日 キーウ
ロックバンドU2のBonoとEdgeはウクライナをサポートし、キーウ地下鉄のフレシチャーティク駅でウクライナのバンド「Антитіла」のフロントマン、タラス・トポリャと共演しました。

写真:Sergei Supinsky、Gettyimages

5月8日 
ザカルパッチャ地方 ウジュホロド
米国のファーストレディであるジル・バイデンは、避難した子供たちを受け入れるウジュホロドの学校の近くでオレナ・ゼレンシカを抱擁しています。

写真:Susan Walsh、NY Times

5月9日から10日までのウクライナの写真

世界は第二次世界大戦の犠牲者の追悼の日を迎えました。数百人の負傷した兵士が、一時的に占領されたマリウポリで包囲されているアゾフスタリ製鉄所内にいます。ウクライナ軍はハルキウ近郊の村を解放しています。ウクライナ支援のためのレンドリース法が署名されました。

5月9日 ポーランド ワルシャワ

写真:Maciek Luczniewski、AP

5月10日
アゾフ海沿岸地方 マリウポリ
アゾフ連隊は、マリウポリを防衛している負傷した人たちの状態を示しています。

写真:Dmytro'Orest' Kozatskyi

5月10日
アゾフ海沿岸地方 マリウポリ
マリウポリを防衛している負傷した人たちは、必要な薬がなく、傷も処置できていない状態で完全に不衛生な状態にあります。

写真:Dmytro'Orest' Kozatskyi

5月9日
スロビダ地方 ハルキウ近郊
ウクライナ軍は反撃し、ハルキウ近郊の村を解放しています。

写真:Felipe Dana、AP

5月10日 
ハリチナ地方 リヴィウ
前線で死亡したウクライナ軍の軍曹2名は、聖ペテロ聖パウロ教会に埋葬されています。

写真:Pietro Chekal

5月9日
ウクライナ軍は、鹵獲した兵器でロシアの占領者を排除しています。

写真:第93機械化旅団 ホロードニー・ヤールのFacebookページ

5月9日 
スロビダ地方 ハルキウ近郊
ロシアの占領者をハルキウから追い払うウクライナ兵がいる検問所での夜。

写真:George Ivanchenko

5月9日
黒海沿岸地方 オデーサ
欧州理事会のシャルル・ミシェル議長とウクライナのデニス・シュミハリ首相がオデーサで会談しました。

写真:シャルル・ミシェルのTwitterアカウント

5月9日
ザポリッジャ地方および下ドニプロ地方 ザポリッジャ
メリトポリ近くにある占領下のノヴォボフダニウカ村から避難した家族。

写真:Elena Tita

5月9日
アメリカ合衆国 ワシントン州
アメリカ合衆国大統領ジョー・バイデンは、ウクライナ支援のためのレンドリース法に署名しました。

写真:ホワイトハウス報道-官

5月11日から12日までのウクライナの写真

ウクライナ人は戦争地帯と一時的に占領された地域から逃げ出し、ウクライナがコントロールする地域で援助を受けています。キーウ州の解放された村は人道援助を受けており、徐々に生活を再建しています。ウクライナ軍は東部のロシア占領軍を抑えています。

5月11日 ポリッシャ地方 ルホヴィキ

写真:Nick Tymchenko

5月12日 
ハリチナ地方 リヴィウ

ナターリヤと彼女の2人の11歳の子供たちは、クラマトルシク駅にミサイルが打たれた時にそこにいました。少女と母親は重傷を負いました。

写真:Iryna Zaslavets

5月12日  
ポリッシャ地方 オソヴェチ

「ボランティアのキーウ」本部のチームは、占領の影響を受けたキーウ州の村に人道援助を提供しています。

写真:Yurii Stefanyak

5月11日  場所を公開できません

ウクライナを防衛している人たちは、ロシアの占領者から解放された村の様子を記録しています。

写真:第93機械化旅団 ホロードニー・ヤールのFacebookページ

5月11日 
ザポリッジャ地方と下ドニプロ地方 ザポリッジャ

一時的に占領された地域から避難してきたウクライナ人たちは、ザポリッジャに到着し続けています。

写真:Elena Tita

5月12日  場所を公開できません
ロシアによって占領されていた村では、地元の人々が柵に「人々」や「子供たち」と書くことがよくありました。

写真:Serhii Korovainyi

5月12日  場所を公開できません

ウクライナ軍は、村に侵入しようとしているロシアの占領者を砲撃しました。

写真:Lynsey Addario

5月11日 
アゾフ海沿岸地方 マリウポリ
ウクライナの防衛している人たちであるヴァレリアとアンドリーは、5月5日、包囲されたアゾフスタリ製鉄所の爆撃中に結婚しました。 5月7日、アンドリーは死亡しました。

写真:ウクライナ国家国境庁

5月12日 
ポリッシャ地方 ドミートリウカ
ロシアの戦車の砲塔を上げている瞬間

写真:David Guttenfelder

5月11日 
ポリッシャ地方 ピドハイネ
ロシアの占領者によってひどく被害を受けたピドハイネ村の住民は、徐々に家を建て直しています。

写真:Alexey Furman、Getty Images

コンテンツ作成スタッフ

プロジェクト企画:

ボフダン・ロフヴィネンコ

企画,

写真編集:

フリスティナ・クラコウシカ

編集:

ナタリヤ・ポネディロク

写真編集:

ユーリー・ステファニャク

コンテンツマネージャー:

カテリーナ・ユゼフィク

翻訳:

ユリアーナ・ロマニウ

藤田 勝利