外国人はウクライナをクリエイティブに支援する

Share this...
Facebook
Twitter

ロシアのウクライナに対する危険で一方的な全面的な攻撃は、前者がテロ国家であることを世界に疑いの余地なく残しました。ロシア連邦の犯罪行為を阻止するために、政府、企業、公共およびクリエイティブ分野の代表者、ならびにウクライナのパートナー国の一般の人たちが団結しました。彼らはウクライナ人を支援するための資金を調達するためにあらゆる点で創造的です。

ロシアの本格的な侵略が始まって以来、世界中の何万人もの人々が短期住宅賃貸プラットフォームAirbnbを通じてウクライナの宿泊施設を予約しています。もちろん、彼らは安全上の理由からウクライナに行きませんでした。彼らにとって、それはウクライナ人を財政的に支援するための迅速で安全な方法だったのです。3月12日、AirbnbのCEOであるブライアン・チェスキーは、わずか1週間でサービスのユーザーが1500万ドルをウクライナを支援するために集めたと述べました。資金は、プラットフォームで予約するための宿泊施設を提供したウクライナ人にすぐに送られました。

Citizen Brickは、ウクライナのゼレンシキー大統領と「モロトフ・カクテル」のミニフィギュアを有名なレゴのスタイルでリリースしました。慈善目的で限定のおもちゃが製作されました。オークション期間中、1万6千ドル以上を集めることができました。全額が世界中での救急医療の提供を専門とする慈善団体Direct Reliefに寄付され、ウクライナには医薬品が寄付されました。

イラスト:ユーリ・ジュラヴェリ

5月、フランスの風刺雑誌Charlie Hebdoは、ウクライナを支援するための特別号を発行しました。その中で、ウクライナの風刺画家の作品約20点が掲載されました。この号の販売から得た資金は、ウクライナ軍とオデーサの領土防衛部隊に送られます。

アメリカのEpic Gamesは、Xboxと提携して、3月20日から4月3日までに得たFortniteからのすべての収益を、戦争の被害を受けたウクライナ人のための人道援助に送ると発表しました。このようなチャリティーイニシアチブが行われている間に、ゲームユーザーは1億4400万ドルを集めました。資金は、国連世界食糧計画、国連児童基金、および医薬品を供給する組織であるDirect Reliefに送金されます。

Saint Javelinのイラストが入ったTシャツやその他のグッズのおかげで、ウクライナ支援のために100万ドル以上を集めることができました。イニシアチブの企画者は、2014年の戦争開始以来、ウクライナでの出来事を取り上げてきたカナダのジャーナリスト、クリスチャン・ボリスです。ジャベリン対戦車ミサイルを手に持った聖母マリアの像は、ウクライナの抵抗の象徴の1つになっています。このイラストの服は世界中で非常に人気があります。

わずか3.5日で、リトアニア人は、公共のクラウドファンディングを開始することにより、ウクライナ向けのバイラクタルの購入のために500万ユーロを調達しました。5月25日、リトアニアのプレゼンターであるアンドリュース・タピナスはキャンペーンを開始し、リトアニアとトルコの国防省、および製造業者からそのような購入の可能性について同意を得たと述べました。結果的に、Baykar社はこの無人航空機をリトアニア人に寄付することを決定し、彼らが節約した資金で、ドローン用の弾薬、その他の偵察装置、医療用品を購入しました。

ジョージア西部のグリア州の村チバティの教師であるラド・アプハザヴァは、ロシアの侵略者との戦いでウクライナを支援するために70万ドルを集めました。亡くなった母親の婚約指輪とGlobal Teacher Awardの記念コインを売却した後、彼はソーシャルメディアでウクライナの生徒と教師を支援するために収益(約850ドル)を寄付したと述べました。彼の個人的なイニシアチブは、数十か国の教師の世界的なチャリティーキャンペーンへと変わりました。

リトアニアのモデリストであるトマス・ウプスカスは、ウクライナでのロシア軍の行動に関するジオラマを作成しました。この作品はBrothers in Armsと呼ばれています。これは、ロシア兵がどのようにウクライナの家を略奪して破壊したかを示しています。作成者によると、オークションで作品を販売する予定とのことです。開始時の入札額は2,000ユーロです。オークションで得たすべての資金は、ウクライナを支援するために送られます。彼は、アゾフスタリを防衛している人たちに向けたジオラマ作成にも取り組んでいます。

人気のブロガーもウクライナ人のための募金活動に参加しています。MrBeastで知られるアメリカのYouTuberであるJimmy Donaldsonは、彼の動画の1つでウクライナ難民への人道支援のために300万ドルの募金について発表しました。また、歴史ドキュメンタリーに関するYouTubeチャンネルであるKings and Generalsでは、ウクライナ人の国民的アイデンティティに関する一連の動画を公開し、バビン・ヤール ホロコースト記念慈善基金への寄付を呼びかけています。

コンテンツ作成スタッフ

プロジェクト企画:

ボフダン・ロフヴィネンコ

企画:

ナタリヤ・ポネディロク

編集:

アンナ・ヤブルチナ

写真編集:

ユーリー・ステファニャク

コンテンツマネージャー:

カテリーナ・ユゼフィク

翻訳:

藤田 勝利