占領地からの声 ハンナ メリトポリでの抗議活動に参加した教師

Share this...
Facebook
Twitter

占領地からの声はロシアの占領下に暮らし、そこから去ることができたウクライナ人に関する物語です。今回は、占領された都市で毎日デモに行っていたメリトポリの教師であるハンナのストーリーをお伝えします。

ハンナ・ブートは、メリトポリ専門農業学校のドイツ語教師です。彼女は、市民活動と教育分野への積極的な貢献に対していくつかの賞を受賞しました。ウクライナでの全面戦争の中で、彼女と彼女の娘は、「メリトポリは私たちの家」と書かれたポスターを掲げて街を歩き回り、国歌を歌い、青と黄色のリボンを公の場でかけるなど、メリトポリでの抗議活動に参加しました。

5月9日、ハンナはヴォリーニのドゥブノに引っ越しました。そこで彼女はボランティアセンター「テネット」の活動に参加し、ウクライナ軍に対してカモフラージュネットを製作することを手伝っています。

— 私は国のために働いています。そこで生まれたので、それ以外有り得ないからです。家に一人でいるのではなく、戦争が終わるまで精神を維持するために働いています。引退までまだ10年あるので、私は働かなければなりません。私がこれを行っているのは、まず第一に、これは非常に重要な問題であり、人間の命はかけがえのないものであるからです。そして第二に、私は装備、武器、弾薬など軍隊に関連するすべてのものの値段を知っています。

移動中の生活

ハンナはブコヴィナのプティラという町で生まれました。「ここは震源地です。ここはオリハ・コビリャンシカの場所であり、ユーリー・フェドコヴィッチの場所です。私はフツリ人です」と、自分のルーツを誇りに感じているハンナは述べています。しかし、運命のように、チェルニウツィー寄宿学校を卒業した後、まだ少女だった彼女はウクライナ東部の教育機関に入学しました。ハンナはこの時期を渋々思い返します。自身のウクライナ語と社会的立ち位置のために、絶えずいじめられていたと言います。髪にはチューインガムを乗っけられ、頭にはソースをかけられました。

これは、ハンナが必死の一歩を踏み出すきっかけとなりました。自分の意図を誰にも知らせずに、彼女は学校から逃げ出し、ウクライナの東から南へ、ヘルソンの郊外に行き、母親を探しに行きました。小包が年に一度母親から来ていたのです。そこで彼女は、トラクターのドライバーを専攻として農業学校を卒業しました。教師たちはハンナをメリトポリ国立教育大学へと送りました。それ以来、ハンナはメリトポリに定住しました。

— 2001年、夜間のドイツ語学校で働き始めました。でも、夜の学校で働きながら小さい子どもの面倒を見るのは大変でした。それから私は農業学校で働き始め、そこで20年間働いています。ドイツ語、生物学、生態学、芸術文化を教えました。また、ここ2年間は公民教育も担当しています。この教科は私自身の社会的立ち位置と関連しているからです。市民活動や啓発などは私次第です。幼い子供たちに自分たちの土地を愛するように教えることができます。昔々、星の王子さま(フランスの作家アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの作品の登場人物)は、世界を観察し、すべての生き物を観察するように言いました。

公民教育
2018年に高校生向けに導入された総合コース。そこでは、人権、法の支配、ソーシャル・インクルージョン、市民社会、民主主義などのトピックについて検討します。

ハンナの夫は、メリトポリのモロチュヤ川とハリャチュカ湖の両方をハンナに紹介しました。家族はこのような憩いの場所の近くに25年間住んでいました。

― 毎週日曜日、私たちは休むために川に行きました。そして教会の後、「アリュール」乗馬学校の馬に会いに行きました。彼らとのコミュニケーションです。これはベルベットのような馬たちの顔です。とても美しいのは彼らの目ですよ…

「誰がそのメリトポリを必要としているのか?」侵略の始まり

ハンナは、娘が避難用バッグを用意しなければならないとハンナに言ったとき笑ったことを想起しています。

― 「クリスティーナ、私たちがその邪魔なバッグを持っていたら軍の邪魔になるだろう。軍隊がここの近くにいるから。」と私は彼女に言いました。街が占領者たちの手に渡るとは思いもしませんでした。

夫の死後、ハンナは不眠症に苦しんでいます。朝早く目が覚めると、彼女は仕事を始めます。そして2月24日も同じだった、と彼女は想起しています。ハンナは仕事の準備を始めました。時計の針は7時半を指していました。途中、近所の人は「どこへ行くの?あそこの飛行場は燃えている。」と言いました。

― 私は、そのように隣人がよく分からないことを言っていると思いながら見ていました。そして仕事を続けました。職場について、ドイツ語のレッスンの前に黒板に「Vierundzwanzigsten Februar(2月24日)」と書きました。そして、騒がしくなりました。近くに寮があり、そこから「戦争だ!戦争!」と聞こえました。私が外に出ると、みんなバッグを持ってそこにいました。メリトポリで何が起こっているのかをすぐにグーグルで検索しました。どこでも「戦争」と書かれていました。誰にとってメリトポリが必要なのか、と思いました。

ロシア軍は2月24日に街に侵入しました。 25日、メリトポリの中心部ではすでに戦闘が行われていました。

― 娘はすぐに窓にテープを貼り始めました。それは私にはおかしかったのですが、彼女は私に対して怒鳴りました。「クリスティーナ、何の戦争?全世界が私たちとともにいるわ。私たちを攻撃することを恐れているのよ。」と私は言いました。私はどこにも行きませんでした。それはしばらくのことですぐに過ぎ去り、私は自分の学校に行くように思えました。しかし、ウクライナのテレビとラジオが消えたとき(そしてすべてがロシア語になったとき)、私はこれが問題であることを認識しました。

軍事兵器に対する祈りと行動

メリトポリでの抗議活動は2月28日に始まった。ある歴史学者の教授がハンナに電話し、シェフチェンコの記念碑の近くで行われる宗教間の祈りに彼女を招待しました。人々はそこに集まり、「メリトポリは私たちの家」というポスターを持って祈りました。活動の参加者は、勝利の時まで毎日12 時にこの広場に集まることに同意しました。

― そして毎日出かけました。私たちの仕事は、メリトポリを育てることでした。私たちは街のさまざまな場所に行き、「メリトポルはウクライナ」「すべてはウクライナのために」と叫び、ほぼすべてのブロックで立ち止まり、国歌を歌いました。ある家では、国歌が演奏される大きなスピーカーが持ち出されました。そして、それが本当にとても感動的だったので、人々は泣いていました。そして、ロシア人が私たちを追いかけていて、私たちは彼らに「占領者」と叫びました。誹謗中傷が多かったのは、そうしなければ対処できないからです。しかし、占領者たちの目には理解不能な様子があり、何が起こっているのか理解できていなかったようです。ロシア軍は私たちを「解放するためにやって来た」ので、ここで私たちは彼らに「占領者たちよ、家に帰れ」と言いました。彼らの混乱を見るのは信じられないほどでした。

ハンナの娘は、人々がメリトポリで何が起こっているかを知ることができるように、行動中に生放送をしようとしました。市長が誘拐されたとき(これは3月11日に起こりました)、メリトポリの人々はまだ活動を継続することを決定しました。

― 広場に行ったら、そこはすべて侵略者でいっぱいでした。人生でこれほど多くの兵士を見たのは初めてでした。そして今でも目を閉じると、対戦車砲や機関銃などの軍事装備が見えてきます。次回は別の場所で会うことになりました。中央広場ではなく、兄弟墓地の戦車の近くで会うことになりました。そして、その日も同じことが私たちを待っていました。占領者たちが私たちの計画を前もって知っていたという印象を私たちは抱きました。そして、彼らは私たちを解散させました。

その抗議活動中に、参加者の 1 人が護送車(容疑者と被告人を輸送するための車両)に放り込まれました。同時に、ハンナが娘を抱いているときに、ロシアの兵士が機関銃でハンナの手を殴りました。彼女の手はすぐに腫れました。そして、クリスティーナはロシア人の一人に踏まれ、その後パニック発作を起こしました。

― 占領者たちは常に武器、ドローン、装備を私たちに向けていました。 3月中旬に再び解散しました。私たちが到着すると、いつものように、広場にはが散らばっていました。そして、「家でおとなしくしていない」人のために用意された護送車がありました。そのような人たちは捕まり、それ以上の質問もなくすぐに車に投げ込まれました。彼らは女性を殴ったりはしませんでした。電話を窓から放り投げただけでした。男性は肋骨が折られ、歯が抜け落ちていました。つまり、ロシア人はテロリストなのです。そして、そのような活動を組織することはもはや不可能であると私たちは判断し、単に祈りに行くようになりました。

去ることに耐えられない

ハンナは、娘が彼女を説得したため、一時的に占領されていたメリトポリを離れることを決心しました。ある時点で占領を容認することは不可能になりました。

― 一生の思い出として、黄色い糸を1本取っておきました。いつもポケットに入れて持ち歩いています。私はスーパーマーケットに背を向けて立ち、ネット、バスケット、冷蔵庫の取っ手などに、可能な限り青と黄色のリボンを結びました。しかし、その後、黄色の糸だけが残り、青と黄色のものははもう何もありませんでした。

クリスティーナはボランティア団体に連絡を取り、青年たちは彼女とハンナをメリトポリから連れ出しました。彼らは30時間運転しました。

― 最も恐ろしいことは、それ(戦争)がまだ起こっているという認識でした。 […]そして私は、基本的に、プーチンが国としてのウクライナは存在しないと言ったときからロシア語を使用していません。私の携帯電話にもありませんし、ロシア語の音楽もありません。

ハンナは、占領者たちに連絡したり、彼らの話を聞いたりしないようにアドバイスしています。占領者たちは「私たちはとても良い人で、あなたたちを解放するために来た、私たちはここで幸せな未来を作るために来た」などとありもしないことを言っているのです。これを信じることなど不可能だ、と彼女は強調します。

― ウクライナの全体が望んでいるので、私たちが勝利することを私は分かっています。私たちはロシア人に300年から500年もの間苦しんでいるので、神はすでに私たちに注目しています。すべての協力者、分離主義者は、ソロヴェツキー諸島、シベリア、タイガ、彼らの出身の街で働かなければなりません。

ハンナは故郷を心から愛しています。彼女にとって、ウクライナは周りのすべての人々であり、信仰であり、ウクライナの歌なのです。

― 私がウクライナ人であるのに、どうしてウクライナを愛せずにいられるのでしょうか?この国を愛せない理由がわかりません。

コンテンツ作成スタッフ

プロジェクト企画:

ボフダン・ロフヴィネンコ

企画:

ヴラディスラヴァ・クリチカ

編集:

ナタリヤ・ポネディロク

インタビュアー:

フリスティナ・クラコウシカ

写真編集:

ユーリー・ステファニャク

グラフィックデザイナー:

アナスタシヤ・ハジノバ

トランスクライバー:

ヴィターリー・クラウチェンコ

トランスクライバー:

ナターリャ・ヤローヴァ

Ілона Миколаїшин

コンテンツマネージャー:

カテリーナ・ユゼフィク

翻訳:

藤田 勝利